SUHRE_se215

スポンサーリンク

Gadget Product

【プロダクト】最近購入したイヤホン『SHURE-SE215』が快適すぎる

2017/09/02

こんにちは。

magiyamaです。
最近、イヤホンを買い替えました。
以前の記事でイヤホンチッブについてご紹介した際に使用していたイヤホンはmonsterのtourでした。→【プロダクト】高級イヤーピース『comply』が止められない。
しかし、最近ついに断線してしまい、聞こえなくなってしまいました。3年間お世話になったので少し寂しい気持ちになりますが、心機一転新しくイヤホンを購入しました。
今回購入したのは、『SHURE-SE215』。
青色のスペシャルエディションです。
発売日は、2012年と数年前の商品ですが、入念にネット上の口コミをチェックし評判も良かったので購入しました。
音響関連の理論に関しては専門家ではないので、体感でのレビューをしたいと思います。

デザイン

透明で綺麗な青色のデザインです。
写真 2015-08-02 12 08 18
プラスチック製で、当初は少し安っぽさを感じましたが、愛着が湧いてきたのでしょう、使えば使うほど最近はだんだんと宝石のように美しく感じてきました。special editonではない、通常のSE-250は白や黒などの色があるみたいです。違いは色だけでなく、コードの長さや音の違いもあるようです。今回購入したspecial editonの青色スケルトンのデザインは、別名『初音ミクカラー』とも呼ばれているとか。ほんとうに綺麗な色をしています。ケース付きというのも嬉しい。

装着性

これが本家『shure掛け』。
写真 2015-08-02 11 37 29
高校生のときにオーディオテクニカをshure掛けしていた頃が懐かしいですが、ついに本物のshure掛けを経験できました(笑)。羽生結弦選手もカスタムIEMですが、shure掛けしてますね。あれは20万円程するので、庶民の私には手が出せない代物ですが...
装着感は、最高です。
抜け落ちることはまずありません。
通常のイヤホンで気になってしまうタッチノイズもほとんど聞こえません。イヤホンチッブも耳にしっかりフィットします。今までcomply派でしたが、純正のイヤホンチッブで問題ありません。というより、complyより耐久性等含めて優れているかもしれません。
長時間耳に着けていても痛くならないのは重要なポイントだと思います。しかも、着用しているのを忘れてしまうかのような軽さも魅力的です。

音質

全ての音域がクリアに聞こえます。音源に対して変な加工を入れるわけでなく、そのままの音を伝えている感覚があります。あくまでも感覚ですが。
以前使っていたtourは低音が強く押し出されていたイヤホンでしたので、最初は物足りなさを感じていたのですが、それにも慣れて音が気持ちよく聞こえるようになってきました。
遮音性も優秀なので、周りの雑音を気にすることなく音楽に没頭できます。

最後に

基本的に、イヤホンよりヘッドホン派の私ですが、最近はイヤホンも悪くないかなと思い始めています。メリットはやはり軽くてかさばらないので持ち運びしやすいこと。あとは、髪型が崩れる心配がないということ。普段のビジネスライフだとイヤホンの方がやはり使いやすいです。ヘッドホンみたいにイヤホンは何種類も集めるつもりはないので、しばらくこれ一本で何年かはお世話になりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.

スポンサーリンク



-Gadget, Product