スポンサーリンク

Product

【プロダクト】4年以上愛用中の大容量リュック『CHROME FORTNIGHT』をレビュー

こんにちは。
いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
Cul-into.com(@Culinto_blog)のMagiyamaです。

みなさんは、どのようなカバンをお使いでしょうか。
僕は機能的なカバンが好きで次から次に購入してしまいますので、部屋中がカバンだらけです。
時々は断捨離を行うのですが、その中でも現役で未だに4年以上使い続けている愛用リュックがあります。

スポンサーリンク

旅行に最適な4年以上愛用のリュック『CHROME FORTNIGHT』

こちらが僕が愛用しているバック『CHROME FORTNIGHT』です。
これを購入したきっかけは、大学生最後の年に自転車で遠くに行こうと思いついたときに、たくさん荷物が入って機能的なリュックを探していたのが始まりです。

Chrome(クローム)は創業20年以上で、自転者乗り御用達のバッグメーカーです。
www.chromeindustries.jp

別の商品ですが、 Chromeのリュックは昔から愛用していました↓(どうやらこちらの商品は販売終了のようです)
31lcPmbNCQL
シアトルに留学中に自転車ショップでこのバッグ見つけて気に入り、通学バッグとして使っていました。
このカバンは防水だったので、雨が多いシアトルでは大活躍しました。
そういった経緯があったので、次に大容量のリュックを買うときはChromeだと決めていました。

このFORTNIGHTはスケーターのジョン・カーディエルとのコラボ商品になります。
そのため、スケボーを背負うことができるフラップが付いていますので、スケーターにも便利にデザインされているのです。
ジョンが来日した際のお洒落な動画を載せます。

 実際の使用感

IMG_3926

実際に4年以上使用してみてどんな点がよかったかレビューをしたいと思います。

 なんといっても大容量

もともと旅行用カバンとして設計されているようで、大容量の40リットルです。
これだけの容量があれば、なんでも入ります。
小旅行はもちろん一週間の旅行だって、これだけ容量があれば行けてしまうのではないかと思います。
近年、LCCの普及で便利になりましたが、スーツケースがあると、別料金を取られる場合がありますが、
このリュックさえあれば、これひとつで国内はもちろん、海外旅行もいけちゃいます。

大容量カバンの欠点は入れたものを取り出しづらいことがあげられます。
しかし、このカバンはチャック部を大きく開くことができますので、奥に入ったものに簡単にアクセスできますし、整理整頓も容易です。
IMG_0853
さらにチャック部は防水チャックで、内部は水の侵入を防ぐ作りになっているので、雨の日でも気兼ねなく使用できます。

IMG_0858

使いやすいよう設計された機能性

IMG_0859
ポケットがたくさん付いています。
背面だったり
中にも3箇所収納スペースがあります。
フラップの裏にもポケットがあります。
このフラップをうまく活かすことでスケボーを装着出きるようです。
背中の接触箇所は負荷を軽減するためのクッションもついています。

Chrome Fortnightは同コラボシリーズの他製品とも相性が良いです。
僕が使っているのは、CHROME SHANKです。
IMG_0855
旅行に行く時はこれをセットで持ち歩いています。すぐに財布などの荷物にアクセスできるので便利です。

このカバンはちょうどCHROME FORTNIGHTの内部ポケットに入るように予め設計されています。
使わない時はこちらに収納できますのでかさばることもありません。

IMG_0857

シンプルでコンパクトなデザイン

IMG_3971

大容量でありながら、コンパクトに見えます。
たくさん物を詰め込んだとしてもスッキリ見えてスタイリッシュだと思います。
また、黒色なのでどんな服装にもマッチするところも機能性ん一部だと思います。

まとめ

IMG_0860
Chrome Fortnightは機能性の良いプロダクトはずっと使えるということを肌で感じるリュックです。
4年経った今も壊れていないので、まだまだこれからも旅行やデイリーユースでの大活躍を期待しています。
しばらくはこのリュックに代わる旅行用バッグはないと自分の中で思っています。
これからも良いものを長く使うということを大切にしていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。愛知県出身。会社員ブロガー。興味の幅を広げすぎてしまったことをきっかけに、多様なカルチャーやプロダクトを紹介するブログ『Culinto』を立ち上げる。

スポンサーリンク



-Product