スポンサーリンク

カルチャー

【ダンス】何か始めるのに「遅すぎる」という事はない!B-boy AMANO

2017/09/02

こんにちは。
cul-into.comのぽてとです。

突然ですが、皆さんは何かに「挑戦」していますでしょうか?
年齢を重ねるとともに、新しいことにトライするのは難しくなってくると思います。

私自身も、まだ若者と言える年齢ですが、すでに学生時代と比べると挑戦する意欲が少なくなっていると感じます。

何かに挑戦するということは、人間が成長するために必要なことであり、
また楽しみを生み出すことでもあり、生きがいにもなると思います。

黒柳徹子さんの挑戦に関するとても深い言葉を、あるブロガーの方がイラストでまとめた記事を発見しました。
これがとても心に残りましたのでシェアいたします。

このイラストを見て、”なぜ挑戦をするのか”ということを一言でいうならば、

後悔しないため

という表現がふさわしいと感じました。

人生は一度きりだからこそ、やりたいと思ったことがあれば、迷わず挑戦する。
その結果、失敗したり、自分には合わないことだったとしても諦めがつきます。

とはいえ、そうわかっていても、いざ挑戦するとなると、なかなか勇気が出ないのが実情です。

というわけで、今回は私の想像を超えた挑戦をしている方のショートドキュメンタリー動画を見つけたのでシェアさせていただきたいと思います。

B-boy AMANO 67歳のブレイクダンサーです。

 
ブレイクダンスという、ダンスの中でもトップクラスに体力が必要とされるジャンルに、60歳から挑戦する勇気が素晴らしいです。
しかも体力的な面だけでなく、ブレイクダンサーといえば大半が10代20代であり、そういった若者のコミュニティに積極的に入っていく姿はとても尊敬します。そして、ダンスを見てもらいたい、新しい技を習得したいという向上心を持ち続ける事、見習わなければなりません。

 
何か始めるのに「遅すぎる」という事はない。後悔しないために何事にもどんどんトライしていこうと思います。

 

スポンサーリンク







-カルチャー
-