スポンサーリンク

カルチャー

GIFアニメーションをを作ってみる

2017/09/02

こんにちは。
Cui-into.comのぽてとです。

超簡単なGIFアニメーションを作成してみました。

私は趣味で画像や動画を編集することは時々あるのですが、これまでGIFアニメーションは作ったことが無く、今回超簡単にではありますが、作成してみました。
それがこちらです。
Gifinto
私が今回行った作成方法についてまとめていきたいと思います。

そもそもGIFとは?

本題に入る前にそもそもGIFとは何なのかという話ですが、
Graphics Interchange Formatという画像ファイルのフォーマットの一つです。複数のフレームを順に表示することによりアニメーションを作成することが出来ます。多くのブラウザでサポートされているため、ネットで見かけることは多いです。

簡単な作成方法のまとめ

私の場合は、タイピングのGIFアニメーションを、動画をベースにして作るということを初めから決めていたので、それを達成すべく、必要なアプリのインストールと加工作業を進めていきました。

①タイピング動画を作成する

GIF作成のアプリを調べていて、画像からでも動画からでも作れるということがわかったのですが、今回は動画をベースにすると決めていたので、まずはその動画の作成から始めます。私はmac環境ですので、標準で内臓されているアプリQuickTimePlayerで画面の操作内容を録画することが出来ます。
下記の画像下のQの文字のアイコンがQuickTimePlayerです。「新規画面収録」で収録が開始されます。スクリーンショット 2017-06-19 20.57.37
実際のタイピングについては、当初、MACのメモを使用していたのですが、文字が小さく拡大した時にぼやけるという難点がありました。そこで文字のサイズを指定できる、フリーワープロソフトOpen Office Writerを利用することにしました。
こちらからダウンロードしました。これを使い適当な文字サイズの動画を作成しました。

②動画をGIFアニメーションにする

動画からGIFを作成するフリーソフトは多く出回っているのですが、今回はPicGIF Liteというソフトを使用しました。

PicGIF Lite を Mac App Store で
「PicGIF Lite」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。Mac OS X 10.7かまたはそれ以降対応の PicGIF Lite をダウンロードして Mac で利用。

PicGIF Liteを起動すると、ビデオの追加という選択肢が出てきます。ここで先ほど作成したタイピングの動画を追加するだけで、簡単にGIFアニメーションを作成することが出来ます。
スクリーンショット 2017-06-21 9.09.42
GIFの作成の専門的なことは私もわからないのですが、とりあえず動画を追加すれば、ソフトの操作方法自体は直感的にわかると思います。

まとめ

GIFアニメーションの作成はフリーソフトでとても簡単に出来ました。パソコンを多少使える人であれば、すぐ作れると思います。試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



-カルチャー