スポンサーリンク

Music Movie Book Culture

カルチャー日記11月号!海外ドラマ、アニメ、漫画、洋楽ライブなど充実!

こんにちは。
Culintoのmagiyamaです。

本日の記事は毎月更新中のカルチャー日記11月分です!

この1ヶ月は結構な量のカルチャーを摂取しました。その関係でインプットが多くて、逆にアウトプットが少なめになってしまったので少し反省です。何事もバランスが大事ですね!

それでは約1ヶ月間で摂取したカルチャーを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

①海外ドラマ『スタートアップ』

Aamazonプライムで何気なく見始めた海外ドラマ『STARTUP(スタートアップ)』。

タイトルの通り、スタートアップ企業にスポットライトを当てた作品。主要人物の1人が画期的な仮想通貨システムの開発するのですが、資金調達に苦戦していました。そこで出資者が現れて資金を受け取ったのですが、それは犯罪臭がプンプンするお金。マイアミ州を舞台にハイチ系ギャングやFBIから目をつけられ、どんどんと事件に巻き込まれていきます。

今トレンドの仮想通貨を題材にした作品だったので興味が出て、1話だけ見てみたところ、思いの外ハマってしまいました。特にFBI役のマーティン・フリーマンは『シャーロック・ホームズ』でワトソン役の方ですが、今回の役は恐すぎてビビります。容疑者に対して変な間を与えて気まずくさせたり、さっきまで笑っていたのに一瞬で真顔になったり、下手したら犯罪者より恐ろしいFBIです。

まだまだ見始めたばかりですが、時間があるときに一気見して楽しんでいます。

②映画『Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower』

今まで耳にするだけで全く見たことなかったのですが、友達に誘われてアニメを見ることに。『Fate/zero』『Fate/stay night』を一気に見終えて、最近公開の映画を一緒に見てきました。

次が早く知りたくなるようなストーリー展開と美しい映像表現に圧巻です。登場するサーヴァントというキャラクターは歴史上の偉人(アーサー王やギルガメッシュなど)をモチーフになってるので、それぞれの伝記も勉強したくなりました。歴史や伝記を勉強しておけば、旅行で所縁の場所に行った時により楽しめそうですね。

③Beck 来日公演


Beckのライブレポートの詳細ついては、先日の記事をどうぞ。

Beckの8年ぶり単独ライブに参加した感想。懐かしさと多幸感が溢れる・・・
こんにちは。 Culintoのmagiyamaです。 今週の月曜日はBeckの単独ライブのため、日本武道館に行ってきました。 彼の来日公演は1ヶ月前あたりに急遽決まりました。チケット代がやはり大物海外アーティストだけあって、12,000円と高めです。正直、そこがネックで行くのを悩んでいました。 しかし、今回は8年ぶりの単独公演です。 これを逃したら次はいつ観れるか分からないと思い、購入を決意しました。実はコーネリアスがゲストで公演すると発表されたのも決め手のひとつでもあります。いつか観たいなと思っていたので。 こんな感じで購入までに時間がかかりましたが、実際に生演奏を観るとやはりお金を惜しまなくて良かったなと思いました。『次の機会』なんて来るか分からないですしね。行きたいと思ったときに行っておかないと。 それでは簡単ではありますが、今回のライブレポートを紹介します。 開演前、日本武道館到着 17時20分に開場しました。開場時間が早いのか開場直後はスカスカの状態でした。Beck好きな年代って学生よりも社会人が多いと思うので、仕事終わりにこの時間開始はちょっと厳しいかもしれませんね。 目の前には横断幕があり、プロジェクターで映像を映しています。線状になった粒子が円を形作ってウネウネしています。この時点ではさっぱり何か分かりません。 開演前時間が近づいてくるとアリーナは観客でいっぱいになってきました。周りを見渡すと、コーネリアスのTシャツを着たファンもちらほらいるようです。 18時20分ぴったりに演奏が始まりました。横断幕の映像が動き出し、バンドメンバーのシルエットが浮かび上がります。 最新アルバムの曲から何曲か演奏してました。一瞬彼らが今日の主役なんじゃないかと錯覚するくらい、映像とストロボを組み合わせた演奏は素晴らしかったです。18時20分に始まり、19時きっかりに終わるところも凄い。 http://cul-into.com/2017/08/16/post-3787/ Beck、演奏開始!! そして19時30分頃にBeckの公演がついに始まりました。開場から2時間近く経った、待ちに待ったライブです。 ちなみに今回のセットリストはこんな感じでした。余談ですが、spotifyのプレイリスト便利ですね。 https://open.spotify

ライブが終わった後もセットリストをプレイリストで聴きまくっています。それほど思い出深いライブになりました。40代前半になってもあんなにステージ上で輝けるなんて純粋に尊敬です。先週の金曜日にはバズリズムにも出演していて地上波で『Up all night』を披露していました。

④Neon trees 来日公演

米国ユタ州のポップロックバンド『Neon trees』の来日公演に参加しきました。

彼らの曲はあまり詳しく知らなかったのですが、生演奏を聴いて何曲か好きな曲ができました。

めちゃめちゃポップでポジティブになれる曲ばかりで、憂鬱な月曜日でしたが元気を貰えました。ボーカルのタイラーの絶妙なダンスや感動的なMC、突然猫耳をつけるなどライブパフォーマンスも楽しく、オーディエンスも盛り上っていました。

個人的にポップすぎるバンドは少し敬遠していたところもありましたが、少しハマりそうな予感。朝に聞くと清々しくて気持ちがいいですね。

⑤『SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術』

最近、睡眠不足なのか日中眠気に襲われてつらい日がしばしばあります。睡眠不足なら早く寝てて睡眠時間を確保すれば良い話ですが、せっかくなのでもっと睡眠について勉強しようかなと考えました。

今回読んだ本は『SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術』です。

正直この手の本は巷に溢れすぎてて似たようなことばかり書いてあるので、どの本を読もうか迷いました。参考までにUSのAamazomのレビューを見てみると、この本(原題『Sleep Smarter』)は突出して良い評価でした。

この本の凄いところは、睡眠に結びつく知識やハウツーが「これでもか!」と網羅されている点です。これだけ多くの内容が含まれていれば、確かに既に知っている知識もありますが、初めて知ることも多かったです。

ただハウツーを紹介しているだけでなく、科学的根拠や数字を示しているところも良いところです。中には「本当に効果あるの?」と半信半疑に思うものもありますが。

百聞は一見にしかずなので、最近色々と試し中です。早速取り入れたのは、浴槽にエプソムソルト(マグネシウム)を入れて入浴することです。

この入浴方法によって皮膚からマグネシウムを吸収できるそうです。マグネシウムは抗ストレス作用があり、血流と血圧を最適な状態に保ち、筋肉の緊張をほぐし、神経の高ぶりを鎮めてくれるそうです。現代社会では必要なミネラルですが、その分不足しがちとのこと。皮膚からマグネシウムを吸収できるなんて初耳ですが、確かに身体が芯まで温まり気持ちが良いので使用を続けています。

余談ですが、筆者が映画好きなのか、映画に絡めた比喩が地味に面白くてクスッと笑えます。

⑥おやすみプンプン読波

この浅尾いにおさんの動画を見ていたら、無性に『おやすみプンプン』を読みたくなりました。

https://youtu.be/RVtMfqwxPhQ

浅尾さんの作品は『ソラニン』しか読んだことはありません。おやすみプンプンもいつか読みたいなと思っていたので、いまさらながら一気読みすることにしました。

読んだ感想ですが、なかなか言葉に表すのが難しい文学的な作品ですね。しかし、読んだ後の衝撃は凄まじく今でも一部のシーンが脳裏に焼き付いてます。それぐらい過激で、苦しく切なく、読んだ後も悶々と考えてしまう作品です。タイトルや可愛らしいキャラクターを見ると現実離れした印象を受けてしまうのですが、そういった真逆の要素によってリアリティを強化がされている点は凄いところです。僕は作品に触れてあんまり泣いたりはしないんのですが、最後のシーンでは思わず泣いてしまいました。

まとめ

今月も沢山カルチャーを摂取して刺激を受けました!今月は『おやすみプンプン』を読みましたが、最近は特に漫画にハマり中です。

僕は特に理由がなければ本や漫画はKindle voyageで読んでいます。常に読むことができるので便利な反面、つい読みすぎてしまいますね。Kindle voyageの使用頻度が高くなるのは嬉しいことですが。眠らせておいたら勿体無いですからね。

今も実はハマっていて読んでいる漫画があるのですが、それは次月に書こうと思います。

カルチャーの摂取量に負けないくらい記事の更新も頑張りたいです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。名古屋・京都・東京を転々とし、現在はイギリスに拠点を移しブロガー兼フリーランス翻訳者として試行錯誤する毎日を送っている。ロンドンから生の音楽シーンやカルチャーを届ける他、一生モノのプロダクトを紹介。趣味はマジックとけん玉。

スポンサーリンク



-Music, Movie, Book, Culture
-