スポンサーリンク

Dance

Red Bull BC One 2018 World Final 日本人出場者の結果と個人的に熱いと思ったバトルをまとめてみた

2018/10/14

2018年9月29日(土)、スイスはチューリッヒで、ブレイクダンスの世界最高峰の大会、「Red Bull BC One 2018 World Final」が開催されました。

当ブログでも「Red Bull BC One」については何度かまとめさせて貰っています。

【ダンス】Red Bull BC One 2016で日本人初優勝を勝ち取ったBboy Isseiの全バトルまとめ。
こんにちは。 いつも記事をお読みいただきありがとうございます。 Cul-into.comのぽてとです。 12月3日に名古屋で開催されたブレイクダンスの世界大会 『Red Bull BC One World Final 2016』にて日本人初優勝の 快挙を成し遂げた「Bbiy Issei」の全バトルをまとめました。 一回戦 Soso VS Issei 高いスキルを誇るSosoに対し、磐石のムーブで5-0の完勝です。 二回戦 Issei VS Sunni 両者隙の無いムーブで接戦となりましたが3-2でIsseiの勝利。 Sunniはナイスガイですね。 Semifinal Issei VS Victor おそらく一番の山場だと予想した人も多いであろうこの一戦。 Isseiは過去2度出場したBC OneでいずれもこのVictorに敗北しています。 3度目の正直となる今回は、3ムーブ目に執念の一転倒立フリーズを見せ 5-0で完勝となりました。 Final Issei VS Hong 10 結晶の相手は過去2度BC Oneで王者となったレジェンド、Hong 10 ベテランではありますが、驚異的なスタミナでここまで勝ち上がってきました。 劣勢かとも思いましたが、ラストにシグネチャームーブを持ってくると いう戦法で見事優勝を勝ち取りました。 まとめ 今年目覚ましい活躍を見せたBboy Isseiですが さまざまな世界大会で圧倒的な存在感を見せながらも、後一歩のところで 優勝を逃していました。しかしながら、日本開催のこの大舞台で、 日本人初の快挙。本当に感動しました。
Red Bull BC One 2017 日本人出場者のバトルをまとめました。王者Issei惜敗。そして進撃のShigekix
こんにちは。 Culintoのぽてとです。 世界最高峰のブレイクダンスのソロバトルイベントRed Bull BC One。今年のWorld Finalがオランダはアムステルダムで開催されました。 今年は世界各国から選りすぐりの招待選手15名と1名のオープン枠の計16人で激闘が繰り広げられました。 近年躍進を続ける日本のブレイクダンスシーンにあって、今年は3名のダンサーがWorld Finalに招待選手として出場しました。今回はその日本が誇るべき3名のバトルをまとめました。 前回王者 Issei 二回戦で惜敗 昨年、名古屋で開催されたRed Bull BC One 2016で見事日本人初優勝を果たした、ディフェンディングチャンピオンのBboy Isseiさん。昨年の活躍も当ブログでまとめさせていただいています。 初戦の相手はキレのあるパワームーブとアクロバットを得意とするフランスのBboy Willyでした。浮遊感のあるアクロバットやパワームーブを繰り出し会場を沸かせるWillyに対し、Isseiさんは2ムーブ目のフリーズを決め切れなかったりと若干調子が悪そうでした。 それでも5−0で勝ち切るところは、やはり前回王者としての地力がありますね。それとWillyの方は、1ムーブ目と2ムーブ目のフリーズが被っているというのもマイナスポイントになっていそうです。 2回戦の相手はRed Bull BC One 2008の覇者、韓国のBboy Wingでした。前回の優勝から10年の時を経ても、全く衰えを感じさせないWingのムーブは、長身から放たれる必殺技のオンパレードでした。Isseiさんも得意のパワームーブコンボで応戦しますが、どこかいつもより勢いが感じられず4-1でここで敗退となりました。Red Bull BC Oneでの連覇というのは、さすがのIsseiさんでも難しかったようです。 史上初の女性出場者 Bgirl Ayumi 健闘するも1回戦敗退 Red Bull BC One開始以来14年目にして、World Final初の女性出場者となったBgirl Ayumiさん。初戦の相手は韓国の天才パワームーバーである、Bboy

今大会もYoutubeのフルストリーム動画で観戦しましたので、日本人ダンサーのバトルと、個人的に熱いと思ったバトルについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

Red Bull BC One 2018 World Final 日本人ダンサーの活躍

Issei (JP) vs. Luka (BRA)


ブラジルのb-boyらしく、バネのあるアクロバットを繰り出したLukaに対して、アクロバットのキャンセル技を連発して見事に返したIssei。途中b-boy Lukaの靴が脱げるというハプニングもあり、結果は5-0でb-boy Isseiの完勝となりました。

Issei (JP) vs. Dr.Hill (CH)


両者ハイレベルなパワームーブを繰り出すb-boyで、個人的にもジャッジの難しいバトルだと感じました。結果は3‐2でDr.Hillの勝利。Isseiさんは惜しくもベスト8で敗退でした。

The Wolfer (AUT) vs. Nori (JP)


日本屈指の実力者、b-boy Noriの初戦の相手は、2日前に開催されたRed Bull BC One Last Chance Cypherにて優勝し、16人のWorld Final出場者の最後のひと枠を獲得したオーストリアのThe Wolfer。お互いに持ち味を発揮した僅差のバトルでしたが、結果はLast Chance Cypherの勢いのままThe Wolferの勝利でした。

個人的に熱いと思ったバトル

Lil Kev (FRA) vs. Kid Colombia (NLD)


フランスのLil Kev vs オランダのKid Colombia。両者ともに強烈なパワームーブを得意とするb-boyで、さらに血の気も多め。新旧のパワフルb-boy対決です。このバトルの見どころは、何といってもバトル前のにらみ合いからの激アツの1ムーブ目でしょう。特にKid Colombiaの得意技であるダブルエリオの完成度と、Lil Kevのエルボースピンからあり得ない体勢でのフリーズには痺れました。DJの選曲もナイスです。

Chey (ES) vs. Uzee Rock (UKR)


スペインのb-boy Cheyに対するは、ムーブが長すぎることでも有名なUzee Rock。今回もロングムーブを3本、観客にもアピールしながら笑顔で魅せてくれました。一方のb-boy Cheyも終始笑顔で、まさに技巧派といえるようなフレッシュなムーブを繰り出し好勝負に。結果は5-0でUzee Rockとなりましたが、お互いへのリスペクトが感じられる、個人的には今大会No.1のナイスバトルだと思いました。

優勝はb-boy Lil Zoo


Red Bull BC One 2018 World Finalの栄えある優勝者は、抜群のキレと優れたミュージカリティを持つb-boy Lil Zooでした。さすがに決勝ともなれば、相手のLuigiも含め疲れは見えましたが、死力を尽くしてのムーブの応酬、見ごたえがありました。

Red Bull BC One B-Girl World Final 2018の結果は

今大会は、15年にわたるBC Oneの歴史上はじめて、女性ブレイクダンサーのNo.1を決めるB-Girl World Final が開催されました。

ベスト4のうち3名が日本人という素晴らしい結果で、改めて日本のb-girlのレベルの高さを感じます。

激戦を制し見事初代チャンピオンに輝いたのは、日本の屈指の実力者、b-girl Ami。決勝の相手ははフランスのb-girl San Andrea

San Andrea (FR) vs. Ami (JP)


決勝の名にふさわしい素晴らしいバトルです。

まとめ

Red Bull BC One 2018 World Final、日本人b-boyの優勝とはなりませんでしたが、例年に負けず劣らずの素晴らしいバトルの数々でした。
また、B-Girl World Final 2018では日本人b-girlであるAmiさんが初代チャンピオンに輝くという快挙を成し遂げました。

近年益々注目されているブレイクダンスですが、こういった話題が続いていけば、近い将来Red Bull BC Oneが地上波放送されるような日も来るかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.

スポンサーリンク



-Dance