スポンサーリンク

Culture ガジェット

【ガジェット】SIMフリー版iPhone SEを購入しました!アップルストアで『下取り+分割払い』購入がベスト!

こんにちは。
cul-into.comのmagiyamaです。

先日検討していたSIMフリー版iPhone SEですが、ついに購入しましたのでレビューを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

iPhone SEのレビュー

操作感レビュー

iPhone7とiPhone SEを比較検討して、ついにiPhone SEを購入しました。
dsc_0526 dsc_0527

結論から言うと、大満足です。

電池の持ちは良いし、コンパクトで片手で操作できるところがgood、さらにサクサク動いて申し分ありません。

ただ前回iPhone6を使用していたこともあって、最初は文字が小さいなと感じたのは否めません。でも、そこは段々と慣れていきました。電源ボタンが上についていても、それも慣れました。慣れてくると不満に思うことはほとんどありません。
dsc_0522dsc_0523

また購入する前に、amazonで液晶フィルムとケースを注文していました。
僕は安定のアンカーと評判の良いエアージャケットを購入しました。

iPhone本来の美しさを前面に出したいときにはオススメです。
dsc_0525僕はiPhone5を使ったことなかったので、逆に新鮮な気持ちで実機に触れることができました。

『下取り+分割払い』の購入がオススメ!

一番お得で損をしない方法で購入したい気持ちは皆さん同じだと思います。

僕が考えていたのは、『所持していたiPhone 6下取りに出して、差額分を分割払いする』ということでした。

この方法を調べてみたところ、どうやらアメリカでそういったキャンペーンを実施していました↓↓
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-26-0-46-03

しかし、日本では同じようなキャンペーンが見つからなかったのです。

なのでアップルストアで事前に調査しました。
すると、店員さん曰く、なんと『下取り+分割払い(アップルローン)』は対応可能ということでした。

一括で購入できる人にはあまり関係ないかもしれませんが、多くの方と同じで携帯端末費用は今まで分割払いだったので、今回も分割払いで購入したいと思っていました。下取り後の値段が適用されるのであれば、月々の金額がかなり抑えられます。

そのような経緯で僕はアップルストアで購入しました。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-26-0-47-40

僕は土曜日の午前に行ったのですが、ローンの申し込みは混雑していて、午後の受付予約となりました。ローンの場合は余裕を持って行った方が良いでしょう。

iPhone6を下取りに出すと、上限額19,000円になりました。側面に傷があったのですが、致命的な破損以外は上限額になるようです。しかも、箱や付属品は必要なく端末だけ渡せば問題ありませんので、場合によっては中古買取よりもお得になるときもあります。見積もってはいないので分かりませんが、僕も傷があったので、恐らくこの上限額よりも下回っていたかと思います。

結果、以下の金額になりました。

本体価格:
53,784円(税別)ー19,000円=3,4784円

下取り後は支払い回数の設定に移るのですが、ここで今まで知らなかった事実が判明しました。

月々の支払いを3000円以上になるように回数を設定しなければならないそうです。

現在アップルでは24回払いで金利0%キャンペーンだったので、24回を検討していたのでこれは想定外でした。

なぜ3000円以上になるように設定しないといけないかは詳しく聞かなかったので不明です。
結局、10回払いに設定したので、月々の支払いは3500円ほどになりました。

格安SIMの金額と合わせると月々約6200円で、11ヶ月目からは通信費のみの支払いなので、大手キャリアで購入契約して基本使用料8000円前後支払うより出費が抑えられるのかなと思います。

以上、iPhone SEのレビューと購入レポートになります。
次回は格安SIMについてレビューしたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。名古屋・京都・東京を転々とし、現在はイギリスに拠点を移しブロガー兼フリーランス翻訳者として試行錯誤する毎日を送っている。ロンドンから生の音楽シーンやカルチャーを届ける他、一生モノのプロダクトを紹介。趣味はマジックとけん玉。

スポンサーリンク



-Culture, ガジェット