スポンサーリンク

App Product

【アプリ】意外と便利!Amazon商品の価格推移を追うことができる便利アプリ『AmaAlert(旧:Price Alert)』

2018/10/09

こんにちは。
Cul-into.comのmagiyamaです。

本日は、Amazon愛用者に便利なアプリ『AmaAlert旧:Price Alert)』を紹介します。

Amazonの商品の価格って日々変動しているのはお気づきでしょうか?

2013年、米国Amazon社は1日平均250万回以上も商品の価格を変更していることを明らかにしています。


ベストな価格で購入できれば良いのですが、なかなかその推移は調べられません。今回紹介するアプリは、なんとその価格推移を追うことができるアプリです!

スポンサーリンク

AmaAlert旧:Price Alert)の基本的な使い方


Amazonの価格の推移を簡単に追えないかなと思い、アプリを探したところ見つけたのがこの「AmaAlert」です。

他のアプリも試したのですが、AmaAlertが一番シンプルで使いやすかったです。
しかも、基本無料なのでしばらく使い続けています。

このアプリで「できること」

それでは、AmaAlertの使い方を紹介したいと思います。
まずは、このアプリを使ってできることをまとめてみました。

【できること】
・商品を登録した時点から価格推移をトラッキングできる
・設定した価格以下になったときに通知されるよう設定できる
・価格が下がった瞬間に通知も可能
・非課金の場合、商品の登録数に制限あり

過去の推移は確認することはできません。ユーザーが登録した時点からの推移となりますのでご注意を。通知設定を上記のように細かく設定できる点はかなり便利です。

それでは早速、登録手順を説明します。

商品ページのURLをコピペするだけ

このまま商品検索はできないので、amazon商品ページのURLをコピペで貼り付けてください。

商品が出てきます。

登録すれば、価格の推移をトラッキングできます。

1ヶ月から1年の価格推移をグラフで視覚的に見られます。

基本はこれだけです。あとは価格を追って自分のベストなタイミングで購入するだけです。これ以外のもPrice Alertには便利な通知設定がありますので、ご紹介します。

アラート(通知)の設定を行う

毎日アプリを開いて価格を追うのは正直しんどくないですか?

そんなときはアラート(通知)さえ設定しておけば、ベストな値下がりのタイミングで購入できます。アラートの設定はいくつかありますので紹介します。

①「設定金額」以下になったときに通知する場合

使い方は簡単です。
「金額」を入れてアラートのボタンを「緑」にして終わりです。下記画像参照↓

②「値下がった瞬間」に通知

こちらは価格が下落した瞬間にすぐ通知してくれます。

これもアラームボタンをオンにして待つだけ。僕はこの機能をメインに使ってます。

注意)アラートの登録は3〜6個まで&増やす方法

無料で使用する場合は登録数が3〜6個までと上限があります。
なぜ、3〜6個までと幅があるかと言うと、ある条件を満たすと最大6個まで増えるからです。

無料で増やす方法として、僕が知る限りだと「レビューを書く」「アプリを紹介する」くらいです。

あとは課金で上限を増やすこともできます。いくつかプランがあるようです。

ちなみに僕の場合、そこまでたくさんの商品をトラッキングする必要はないので課金はしていません。無料で使いたい人は「レビューを書く」「アプリを紹介する」で増やすしかありません。

僕は目的の商品を購入したらそのアラートを消して、また新しく商品の登録をして...という感じで繰り返しています。

まとめ

Amazonのヘビーユーザーにとってはオススメのアプリです。
余分な機能がなく、アラートに機能を絞っているところがシンプルで使いやすいです。

すぐには買う必要はないけど、値下がりしたときに買いたいなと思っているときに便利ですので是非使ってみてください。

amazon関連はこちら

これで決まり...iPadのケースは「Aamazonベーシックのタブレットスリーブバッグ」で十分
こんにちは。 Culintoのmagiyamaです。 先日はiPadを購入してレビューをしました。毎日、Netflixや読書、ネットサーフィンを楽しんでいます。 僕は先日の記事のとおり、本体にはケースを付けずに裸のまま、「スマートカバー」だけ装着しています。ミニマムでiPadの軽さを生かし、本来のデザインを崩さないので気に入ってます。 しかし、裸のままだと傷がつかないか心配になるのも事実。家の中だけならまだしも、外に持ち運ぶとなるとなおさらです。 そこで今回僕は「Amazonベーシックのタブレットスリーブバッグ」を購入しました。格安だけど、クオリティが高いなと感じたので紹介します。 Amazonベーシックの購入経緯 Amazonでケースを探していると、上位の方にこのケースが出てくることが多いのですが、「どうせ、安いだけで品質は微妙なんでしょ」と思っていました。なにせ、値段は約650円なので。 しばらくの間、なかなか良いケースとも出会えずケースなしの生活が続いていました。 しかし、ふと雑誌「POPEYE」を読んでいたらMacBook AirをAmazon Basicsのケースで持ち運ぶ人を発見。好評そうだったので試しに僕も購入することにしました。 POPEYE(ポパイ) 2018年 7月号 posted with カエレバ マガジンハウス 2018-06-09 Amazon 楽天市場 おなじみの段ボールと同じデザインの箱 様々なサイズが取り揃えられていますが、僕が購入したサイズは10インチのタブレットケースです。僕のiPadは2018年発売の9.7インチなので、この大きさを選びました。 いつも届くAmazonのロゴ入り段ボールのパッケージに入れられています。この薄ら笑いのロゴがあると地味に安心感があります。 隙間なく、しっかりと梱包されています。余分なものはなく、タブレットケースと乾燥剤のみ含まれています。 まるでAmazonのノベルティグッズみたい こちらがAmazonベーシックのケースです。真っ黒でシンプルなデザインです。デザイン的には人によっては没個性と感じるかもしれませんが、余分な装飾がないのでどんなシーンでも使いやすいと思います。 控えめロゴがアクセント
Kindle歴7年の僕が感じた7つのメリット
こんにちは。 Culintoのmagiyamaです。 引越しのタイミングになってしみじみ実感するのがKindleを買ってよかったということです。 1年前に天井までびっしり本が詰まった本棚を断捨離しました。本はもう一度読む可能性のあるものだけを残し、あとは電子書籍で運用することにしました。 今回引越しすることになり、最小限の本だけを梱包するだけなので非常に楽でした。 結局、引越しのタイミングでどうせ本を捨てるなら初めから「持たない手段」を考えた方が得策です。 ちょうどkindleで読み始めて約5年が経ちました。kindleで読めば読むほど、その便利さが身に染みて実感できます。今回は、kindle歴5年の僕が実感したkindleの5つのメリットを紹介します。 1.本を持たなくていい やっぱりこれがkindleで一番のメリットだと思います。読みたい本があるときはAmazonでkindle版を優先的に購入します。もしなければ、仕方ないので紙の書籍を購入します。 本って1冊だけだと小さく感じますが、本はダンボールにたくさん詰め込むと見た目以上に重たいです。書店員を経験したことがありますが、あれは過酷な肉体労働でした。 先日の引っ越しに伴い、お気に入りの本だけ残してあとは処分しました。kindleであれば、保管場所や処分を気にせず本を買うことができ、どこでも読みたい本が読めます。紙の本は誰かに貸したいときや本当に手元に残しておきたいときだけ買います。 2.レイアウトの標準化ができる kindleで繰り返し読んでいて気付いたメリット。活字メインの本であれば、文字の大きさを均一にでき、同じレイアウト(フォント、大きさなど)で読むことができます。 これがどうして良いかと言うと、本が変わってもレイアウトが同じであれば、同じ目の動きで読めるからです。 もし本によってフォントや大きさが違うと目が慣れるまで時間がかかってしまいます。kindleなら同じ条件で他の本にシームレスに移ることができます。 ただ、文庫本の縦書きであれば、上記の通り読みやすいのですが、実用書などは横書きだったり、1ページまるまる画像データの場合もあったり、そういったものは細かなフォント設定がでないようです。 3.隙間時間に読める
【iOS】耳で楽しむ読書。kindle本などを読み上げてもらえる機能が便利。
こんにちは。 Culintoのmagiyamaです。 僕はkindle voyageで読書することが多いのですが、最近はiPhoneの『読み上げ機能』+『kindleアプリ』で読むことが多いです。読むっていうよりは聞くですね。料理などで手が離せない時や目が疲れてしまったときでも、iPhoneが代わりに読み上げてくれるので助かっています。 今までこの“読み上げ機能”という存在を知らなかったのですが、この本を読んで初めて知りました。 《新版2017》本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう! posted with カエレバ 和田 稔 金風舎 2017-05-31 実際に使ってみるとなかなか便利で、しかもkindleの読み上げだけでなく、色々と応用が利く面白い機能です。今回は、iPhoneの『読み上げ機能』の使い方と活用方法を紹介したいと思います。 kindle本の読み上げ まずは王道的なkindle本の読み上げから紹介します。 はじめに『読み上げ機能』をあらかじめ有効化しておく必要があります。 『一般』→『アクセシビリティ』→『スピーチ』→『画面の読み上げ』をオン 右)好きな声を選択できます 上記設定を行えばあとは、読み上げてほしいテキストの画面を開き、二本指を画面の上から下にスワイプさせるだけです。 これで好きな時に読み上げ機能を起動させることができる状態になりました。 この機能を早速、Kindleアプリで使いたいと思います。まずは、Kindleアプリを開き、好きな書籍を選びましょう。   本を開いたら先ほどと同じように画面の上から下に向かってスワイプします。 すると、画面上に操作パネルが立ち上がり、画面の冒頭から自動的に読み上げてくれます。 『亀』『うさぎ』のマークはスピード調整の機能です。亀を押せば読み上げスピードは『遅く』なり、うさぎを押せば『早く』なります。 iPhoneに本をページをまたいで読み進めてもらいたいときは、画面を消したり、ホームボタンを押さないでください。そのままの状態にしておかないと、そのページを最後まで読み終えた後に音声は止まってしまいます。そのままにしておけば、自動で読み進めてくれます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。名古屋・京都・東京を転々とし、現在はイギリスに拠点を移しブロガー兼フリーランス翻訳者として試行錯誤する毎日を送っている。ロンドンから生の音楽シーンやカルチャーを届ける他、一生モノのプロダクトを紹介。趣味はマジックとけん玉。

スポンサーリンク



-App, Product