スポンサーリンク

プロダクト

ヌテラのある生活。毎日、朝トーストに塗っています。

こんにちは。
Culintoのmagiyamaです。

最近、毎日の朝食でハマっているモノがあります。

それは、『ヌテラ(nutella)』です。

ヌテラはイタリアのフェレロ社が販売するチョコレート風味のスプレッドです。欧米の家庭ではほぼ1瓶常備されているほど、世界中で人気なので知っている人もいるかもしれません。

先日KALDIで購入して、小さめのヌテラを塗って食べていたんですが、あっという間に使い切ってしまったんですね。そこでネットでさらに大きめのボトルを注文することにしました。

それをきっかけにハマり、毎朝のトーストにヌテラを塗ることが今では毎日の習慣となりつつあります。

そんなお気に入りのヌテラを、本日は紹介します。

スポンサーリンク

そもそもヌテラとは?

チョコレート風味のスプレッド(塗り物)ですが、もう少し詳細を調べてみました。

Wikipediaによると・・・
ヌテラ(伊: Nutella)は、ヘーゼルナッツペーストをベースに砂糖、ココア、脱脂粉乳、香料、乳化剤などの材料を混ぜ合わせた、チョコレート風味の甘いスプレッド。

見るからに欧米人が好きそうな成分が入ってますね。甘い糖分ばかりで、毎日食べると太るんじゃないかと心配になるかもしれません。

僕も心配になって色々と調べてみました。

公式ホームページによると、原材料は下記の通り。

砂糖,
植物油脂、
ヘーゼルナッツ(13%)
脱脂粉乳(8,7%),
ココアパウダー(ココアバター10~12%)(7.4%),
乳化剤 (大豆由来),
香料

1食(15g)あたり82Kcalです。

決して低カロリーというわけではありませんが、少量で満足感を得られて腹持ちも良いので、逆に間食を防げてダイエットになるのかもしれません。

ヌテラ750gを注文

せっかくならと特大の750gを購入しました。

これでしばらくは買出し不要ですね!アマゾンだと1kgも販売していましたが、750gあたりが量的にも金額的にもバランスが良かったのでこちらを購入。

大きさについて気になったので調べて見たんですが、なんと5kgのジャイアントサイズもあるようです!

これはデカすぎやろ...

あんまり国内で出回っていませんが、見つけたらヌテラ好きは歓喜ですね。

いろんな角度からヌテラを撮ってみました。ザ・欧米的なデザインなので、食卓の上に並んでいると海外で暮らしているみたいでオシャレです。

後ろ

テーブルに並べるとしたら、この750gが丁度良いかもしれませんね。たぶんこれ以上大きくなると、テーブルが狭くなりそうです。それでは、早速塗ってみたいと思います。

はい、綺麗に塗れました〜。これだけ容量が大きいと、贅沢に塗りたくなりますね。

味や食感的にピーナッツバターのチョコレート味って感じです。僕はピーナッツバターが苦手なんですが、ヌテラは全然問題ありませんでした。むしろ、毎日食べたくなる味です。早朝だと、さっぱりしたものよりこれくらいの甘い味でガツンと刺激を与えた方が目が覚めて良いと思います。

完全にハマってしまい、現在ヌテラ2ヶ月目です。欧米人がハマる理由がわかる気がします、美味しすぎです。トースト以外にもパンケーキなんかに塗ったりするのも美味しいかもしれません。今後いろいろ挑戦したいなと思っています。

まとめ

1家に1つ用意すると、朝食の時間が少しだけハッピーになれます(笑)。味が濃いので、さすがに毎日食べているといつか飽きてしまうかもしれませんが、しばらくはハマれそうです。たとえ飽きてジャムやバターに乗り換えたとしても、また食べたくなる味ですね。

あんまり「トーストといえば、これ!」という塗り物がなかったのですが、ようやく見つかった気がします。

僕は名古屋出身なので、どんなトーストも『小倉トースト』にはかなわないと思っていますが、小倉の常備は面倒です。気軽に食べれるトーストとして、ヌテラは現在1番目好きな塗り物になりました!

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。愛知県出身。会社員ブロガー。興味の幅を広げすぎてしまったことをきっかけに、多様なカルチャーやプロダクトを紹介するブログ『Culinto』を立ち上げる。

スポンサーリンク



-プロダクト
-