スポンサーリンク

Dance Culture

今年は名古屋で開催!!世界最大のBboyソロバトル 「Red Bull BC One」

2016/11/02

こんにちは。
いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
Cul-into.com(@Culinto_blog)のぽてとです。

年に一度行われる世界最大のブレイクダンスのソロバトルイベント
「Red Bull BC One」が今年は名古屋で開催されます。

Red Bullといえばストリートカルチャーやエクストリームスポーツの
スポンサーとしてこれらのシーンに多大な貢献をしており、
この「Red Bull BC One」も2004年に始まり、今年で13回目を迎える
歴史あるイベントとなります。

歴代の開催地は以下のようになっています。

2004 ビール(スイス)
2005 ベルリン(ドイツ)
2006 サンパウロ(ブラジル)
2007 ヨハネスブルク(南アフリカ共和国)
2008 パリ(フランス)
2009 ニューヨーク(アメリカ)
2010 東京(日本)
2011 モスクワ(ロシア)
2012 リオデジャネイロ(ブラジル)
2013 ソウル(韓国)
2014 パリ(フランス)
2015 ローマ(イタリア)

日本では2010年以来、2度目の開催となります。

この「Red Bull BC One」ですが、未だ日本人の優勝はありません。
bboy taisuke が2008、2014で達成した準優勝が日本人の最高成績となります。
今年はtaisuke,issei の日本の2トップbboyが出場しますので優勝に期待したいです。

さて12月3日の開催に先立ち、出場者のLineUPがyoutubeで公開されていました。


出場者に簡単なコメントをつけてみました。

B-Boy Victor(USA)…昨年度、このBCOneを含め世界の主要ソロバトルを総なめにした安定感抜群のbboy。今年も優勝候補筆頭か。
動画は今年の世界大会IBEでの活躍をチョイス

B-Boy Taisuke(JPN)…10年近くにわたり日本のトップに君臨するオールラウンドbboy。実力実績ともに申し分なし。ホームで優勝なるか。
動画は直近の2on2バトルのもの。Hong10とのコンビで出場しています。

B-Boy Issei(JPN)…ここ数年、世界で旋風を巻き起こしている若手bboy。強烈なパワーと音ハメが武器。同じくホームで優勝なるか。
動画は直近のJudgeMobeをチョイス。

B-Boy Kleju(POL)…ダンススタイル、ルックスともに超ファンキーな実力派bboy。ノれる音が来れば上位進出も期待できる。
セットをまとめた動画があったのでどうぞ。

B-Boy Kid Colombia(NLD)…ダイナミックなパワームーブが武器の若手bboy。ムーブ数の多いBCOneでパワー主体での優勝は厳しいか。
動画は最近のバトルです。

B-Boy Cheerito(RUS)…軟体技中心のオリジナリティあるムーブが武器。笑顔が印象的。実力者だが、どんな成績を残すか読めない。
こちらもセットをまとめた動画をどうぞ。

B-Boy Sunni(GBR)…キレのあるパワーを武器とするオールラウンダー。バリエーションが少ない気もするが、勢いがあり優勝もありえる。
UK Bboy Championship 2016での活躍をまとめた動画です。

B-Boy Hong 10(KOR)…過去2度の優勝を誇るレジェンド。ベテランだが、未だにエグいムーブを連発できる力があり、上位進出の期待。
こちらはWorld Bboy Classic 2016の動画をチョイス。

B-Boy Soso(FRA)…高い身体能力による高難度トリックを得意とするbboy。個人的に未知数だが、旋風を起こしそうな気がしないでもない。
trailerがありましたのでどうぞ。

B-Boy Lil Zoo(MAR)…エアチェアベースのトリック、アクロバット、高いミュージカリティを誇るbboy。調子がよければ優勝も見えてくる。
同じくtrailerをどうぞ。

B-Boy Focus(FIN)…巧みなフットワークのベテランbboy。派手なスキルがあるわけではないが、磨きぬかれた足技でどこまで躍進できるか。
高画質のJudgeMoveをチョイス。

B-Boy Bruce(PRT)…昨年度準優勝者。小柄な体を活かしたストロングムーブとコミカルな雰囲気を併せ持つ。昨年の快進撃をもう一度。
昨年度のBCOneでの活躍をまとめた動画をどうぞ。

B-Boy Benstacks(USA)…飛びぬけたものは無いが、総合力の高いアメリカのベテランbboy。初のBCOneでどんな活躍をするか期待。
こちらもtrailerをどうぞ。

B-Boy Neguin(BRA)…超人的身体能力とカリスマ性を持つ2010の覇者。最近バトルにあまり出ていないのが気になるが、実力は申し分なし。
Hong10と同じくWorld Bboy Classic 2016のまとめをチョイス。

B-Boy Kuzya(UKR)…今年主要世界大会で優勝2つ準優勝1つという、ノリにノっているbboy。fleshな技で魅せる。上位進出ありそう。
UNBREAKABLE 2016での活躍をまとめた動画をどうぞ。

以上、15名の招待ダンサーに加え、Last Chance Cypherで
勝ち上がった一人を加え、16名で頂点を争います。

日本人2人はどちらも優勝の可能性があると思います。
ホーム開催となる今年、ぜひとも栄光をつかんで欲しいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。名古屋・京都・東京を転々とし、現在はイギリスに拠点を移しブロガー兼フリーランス翻訳者として試行錯誤する毎日を送っている。ロンドンから生の音楽シーンやカルチャーを届ける他、一生モノのプロダクトを紹介。趣味はマジックとけん玉。

スポンサーリンク



-Dance, Culture