スポンサーリンク

Fashion Product

さらに愛着が湧く!グレンロイヤルの長財布を「手入れ」する方法

2018/10/08

こんにちは。
cul-into.comのmagiyamaです。

グレンロイヤルの財布は以前紹介したことがあります。

グレンロイヤルの長財布「ROUND LONG PURSE」をレビュー!
こんにちは。 magiyamaです。 あなたは一生モノの財布を持っていますか?僕は先日、思い切って一生モノの財布をボーナスで買ってしまいした! それが本日レビューを紹介するのはグレンロイヤルの長財布『ROUND LONG PURSE』です。 グレンロイヤルとは? アイコンを自作しました笑 グレンロイヤルは1978年にスコットランド西部のエアシャー地方で設立された革ブランドです。 最上級のブライトルレザーを素材とした製品を卓越した技術を持った職人によってハンドメイドで作られています。 こちらご存知の方もいるかと思いますが、王室御用達の称号であるロイヤルワラントが与えられており、エッティンガー、ホワイトハウスコックスに並ぶ三大革財布の一つでもあります。 そもそもブライドルレザーとは ブライドルレザーはもともと英国貴族の馬具用に作られた耐久性のある皮革です。牛革に蜜蝋や牛脂などのワックスを染み込ませることによって繊維を引き締め、耐久性に優れた皮革にしたのが、このレザーの主な特徴です。使えば使うほどワックスが革に馴染み、綺麗な光沢のある革に変化してきます。 エッティンガーやホワイトハウスコックスに比べると知名度は少ないかもしれませんが、王道から少し外れたラインのプロダクトを魅力的に感じる方にとって(僕もですが)最高の財布だと思います。 他者と差別化を図ることができるので、みんなと同じ財布は嫌だけど品質の高い財布がほしいという人にオススメだと思います。 ブライドルレザー特有の白い粉? 購入してすぐは、写真のような白い粉がついているので、本当に品質が良いの?と思うかもしれません。 これはブルームといい、表面に浮き出てきたロウのことを指します。このブルームがブライトルレザーの一番の特徴と言ってもいいくらいです。 店舗によっては購入すると店員さんがサービスで行ってくれるところもありますが、磨くことによってピカピカに光った艶やかな革が姿を現します。もちろん、持ち歩くことによって自然に落ちていきますからそのままでも心配はありません。それどころか、撥水効果や汚れ防止のためになります。 長財布「ROUND LONG PURSE」をレビュー 手袋風の巾着が可愛い 僕が選んだのは長財布「ROUND LONG PURSE」です。


購入してから9ヶ月程経ちました。使えば使う程味が出るため、どんどん愛着が湧いてきます。

そんなグレンロイヤルの財布を今回メンテナンスしようと思いますので、その手順を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

メンテナンス前

現在使用しているグレンロイヤルの長財布こちらになります。

img_1312

ボタンで留めるタイプです。
約9ヶ月の使用で全体的に柔らかくなって気がします。

所々に傷ができてしまいましたが、ブライドルレザーは傷がつきやすいので、それも味の一つだと思ってます。img_1310

内側の小銭入れには、カード類の後やシワがついてしまいました。

これは恐らく、小銭が沢山入っているにも関わらず、スナップボタンをタイトに締めていたのが原因かもしれません。

今後の使用では緩めるなどして気をつけたいと思います。

メンテナンス手順

全体的にブラッシング

img_1309
まずは全体的にブラッシングを行い、ほこりなどの汚れを落として綺麗にします。
僕が使っているのはこちらです。

ワックスを塗る


次にワックスを塗ります。

僕が使用しているのは、GLENROYAL純正のブライドルレザー専用保革ワックスです。

img_1317
ワックスを薄く指先にとり、丹念に塗っていきます。
沢山つけすぎるとベタベタになります。少量塗って足りなかったら追加する方法が良いと思います。

img_1313

傷やシワの箇所には念入りに塗っておきます。

3時間ほど乾かして乾拭き

img_1320
公式サイトのメンテナンス手順に従って3時間ほど乾かします。
風通しの良い場所に置いておくのが良いでしょう。

img_1322
仕上げは、綺麗な布で乾拭きです。余分なワックスを取り除き、これで終了です。

まとめ

月に1〜2回はメンテナンスをした方が良いらしいですが、僕は気になったときにメンテナンスをしています。

メンテナンス後のピカピカの財布を見るとで気分が弾み、さらに財布に対する愛着が湧いてきます。

このように定期的にワックスを塗ることで保湿され、ついてしまった傷も段々と馴染んでいきます。どれくらい使い続けられるかわかりませんが、僕にとって少なくとも10年以上は使っていきたい財布です。

毎日お世話になっている財布ですので。定期的にメンテナンスを行って大切に長く使っていければと思っています。

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。愛知県出身。会社員ブロガー。興味の幅を広げすぎてしまったことをきっかけに、多様なカルチャーやプロダクトを紹介するブログ『Culinto』を立ち上げる。

スポンサーリンク



-Fashion, Product
-