スポンサーリンク

プロダクト

【プロダクト】冬の相棒!ヘビーアウターを検討する

2017/09/02

こんにちは。いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
Cul-into.comのぽてとです。

私はこの数ヶ月、ヘビーアウターの購入を検討してきました。

アウターといっても様々なジャンルがあり、また値が張るものも
多いので、しっかり納得してから買いたいということで、
下記のポイントを踏まえながら購入検討しました。

購入にあたって、私が重視したポイント

①防寒性の高さ(重ね着が少なくてすむ)
②野暮ったくないデザイン
③色は無難に黒系
④長年使える事

特に今回は、今後しばらくアウターの購入を考えなくても良いよう、
④の長年使える事をベースに考えました。アウターのジャンルには強い
こだわりは無かったのですが、なんとなくダウン系が気になってはいました。
検討の結果、以下候補にたどり着きましたので
個人的に思ったメリット/デメリットについて、書いていこうと思います。

①カナダグース "ジャスパー" (CANADA GOOSE ”JASPER”)

91p5eoymafl-_ul1500_              ©Amazon
近年、高い品質で爆発的な人気を誇るカナダグースはやはり注目せずにはいられませんでした。
□メリット・・・シルエットがベーシックで使いやすそう。防寒性がとても高い。
■デメリット・・値段が高い。個人的には左肩のロゴがもっと小さいか、無くてもいい

 

②ウールリッチ "アークティックパーカー" (WOOLRICH "ARCTIC PARKA")

61sowioo5ml-_ul1500_      ©Amazon
アメリカの超老舗アウトドアブランド、ウールリッチ。カナダグースとよく比較されており
こちらも気になっていました。
□メリット・・・高い防寒性。カナダグースより少し上品な印象を持った。
■デメリット・・値段が高い。

③アメリカンラグシー モッズコート

51ihaekfdvl-_ul1500_    ©Amazon

私は背が高いので、ダウン以外ではモッズコートもいいかなと思っていたため、
こちらも候補として考えました。
□メリット・・・洗練されたデザイン。ライナーを外し、真冬以外も使える。値段が少し安い。
■デメリット・・上2つと比べると防寒性が弱いか。

④ナノ・ユニバース(nano・universe) 西川ダウンG2ウールJKT

61tn3faqs8l-_ul1500_   ©Amazon
□メリット・・・ウール地で落ち着いたデザイン。リーズナブル。
■デメリット・・やはりウールリッチやカナダグースと比べると質は劣るか。

まとめ

上でピックアップした4つのアウターの中から、最も自分の条件に合うものを考えますと、
①防寒性の高さ
→すべて十分な暖かさだと思いますが、やはりカナダグースと
ウールリッチが気になりますね。
②野暮ったくないデザイン
→すべてクリアしていると思います。タウンユース用として
十分洗練されています。
③色は無難に黒系
→当たり前ですが、どのアウターも黒系が中心です。
④長年使える事
→これはカナダグースとウールリッチでしょうね。質が高く、
長く使えるというのはもちろんのこと、長く使いたいと思えるような背景や歴史があります。

今回は、長く使えるということを重視したこともあり、カナダグースかウールリッチのどちらかで
迷いました。最終的に選んだのは・・・・・・

ウールリッチ "アークティックパーカー" (WOOLRICH "ARCTIC PARKA")

1830年創業というブランドの歴史があり、アークティックパーカー自体も1972年に生まれた
という歴史の深さから来る安心感と、上品なデザインが購入の決め手です。

次回はこのアークティックパーカのレビューを行いたいと思います。

スポンサーリンク



-プロダクト
-, ,