スポンサーリンク

Culture

「コヤブソニック2018」 1日目ライブレポート 前編

こんちには。
Culintoのぽてとです。

昨日、コヤブソニック2018を見に行ってきました。

目的はズバリ、話題沸騰中の高校生ミュージシャン「崎山蒼志」さん。コヤブソニックを見に行くのは初めてだったのですが、LIVEブロックのトップバッターである崎山さんを見るため、早朝から張り切って出かけました。

今回はコヤブソニック2018の一日目を2記事に分けてレポートしていきたいと思います。まずは前編として、ライブ会場入場から、崎山さんの出番終了まで。

ちなみに崎山さんの出番以降はこちらの記事で。。

「コヤブソニック2018」 1日目ライブレポート 感想 後編
こんにちは。 Culintoのぽてとです。 昨日、コヤブソニック2018を見に行ってきました。 前回の記事で入場~崎山蒼志さんのLIVE終了までをまとめています。 今回は、崎山蒼志さん以降についてレポートしていきます(都合で途中で帰りましたのでその時点までとなります)。 崎山蒼志さん以外は予習が不十分だったので、曲のタイトルなどが十分にわかりませんでした。そのためセトリに関してはしっかりとまとめることができませんでしたが、SNS等を参考して曲のタイトルを調べ、それぞれのアーティストについて感想を書いていきます。 「雨のパレード」登場 崎山さんの余韻さめやらぬ中、おしゃれな都会的雰囲気の4人組「雨のパレード」が登場しました。会場全体がが幻想的な雰囲気に包まれ、「雨のパレード」の世界観に浸ります。 印象に残った曲は、「Tokyo」。雨のパレードのライブ定番曲を検索し、予習済みということもあり、楽しみにしていた曲でした。 都会的なサウンドに酔いしれ、サビのメロディが胸に響きました。目を閉じて揺れながら聴いていると、このまま夜風にあたりながら散歩でもしてみようかという思いに駆られます。実際はこの時まだ午前中で、後にはお笑いライブも控えているという状況でしたが(笑) 他にもまだタイトルのついていない新曲なども披露され、大満足のステージでした。 演奏後は小藪さんとのトークの時間。トーク中に次の出演者へのセット替えや準備がおこなわれるので、見ている側としては手持無沙汰な時間が少なくありがたかったです。雨のパレードは2年連続の出演でしたが、そもそもオファーのきっかけとなったのは、小藪さんがドラムの練習をしている東京のスタジオで、雨のパレードの面々と出会ったことだそうです。 印象的だったVo.福永さんの好青年感。音楽スタイルの印象からすれば、余計なことは喋らないスタンスなのではないかと、小藪さんも「トークしても大丈夫ですか」といった入り方でしたが、「普通にしゃべりますよ」といった感じで温かいトークが進んでいきました。特に福永さんは、歌っているときはどちらかというとミステリアスなタイプなのかと想像していましたが、穏やかでさわやかなトークから好青年感がにじみ出ていてファンになりました。 ちなみに雨のパレードのウェブサイトのデザインはめちゃくちゃ格好いいです。 「きのこ帝国」登場

スポンサーリンク

コヤブソニックとは

吉本新喜劇座長である小籔千豊が企画・主催する野外音楽イベントである。音楽だけでなくお笑いにも重点を置き、音楽とお笑いを融合させている。同じく大阪・舞洲で開催される野外音楽イベント「SUMMER SONIC」を意識しており、自身がレイザーラモンと組んで活動するユニット「ビッグポルノ」がかつてサマソニに出られなかった過去の悔しさから、酒を飲みながら「コヤブソニックでも作ってサマソニ潰したる!」または「隣でコヤソニやって潰したろか!」とボケた所、その場でレイザーラモンRGが乗っかってきたことをきっかけに、スチャダラパーをはじめとした知り合いに声をかけてみたところ好評であり、イベントが発足したという。

出典:Wikipedia

小籔千豊さんがが企画・主催する音楽イベントで、特筆すべきは音楽とお笑いの両方が楽しめるという点です。上記の引用では野外音楽イベントとなっていますが、2013年以降は毎年インテックス大阪で開催されています。

ライブレポート

入場


10時前に受付に向かいました。並んでいる方は十数人で、待ち時間という待ち時間もなくすんなり入場できました。

受付でチケットと引き換えるのは、こちらのリストバンド。これを装着していることでライブ会場やフードスペースへ入場することができます。リストバンドの再発行は不可能となっているため、なくさないように注意しましょう(しっかりと固定されるので外れることはまずないと思いますが)


受付完了後、まず通されるのがこちらのフード&グッズスペース。広い会場内に様々なお店が出店しています。この時10時前でしたのでまだまだ人はまばら。


グッズ売り場も混雑することなく非常に快適でした。

ライブ開演

ライブ会場内は撮影禁止でしたので写真等はありませんが、僕なりの感想をまとめていきたいと思います。

前説後、女性芸人「ゆーびーむ」さんのハイテンションネタで会場が良い空気に包まれた後、早速この日のお目当てのアーティストが登場。

「崎山蒼志」登場

おなじみの白シャツ、黒パンツの高校生スタイルで登場。素朴な見た目の方ですが、大きなステージにギター片手に登場する姿にオーラを感じます。

一曲目は僕が聞きたかった曲の一つである「夏至」。

音が鳴り始めた瞬間、会場が崎山さんの世界観に包まれ、みんなが聞き入っていました。ギターのテクニック、特徴的な歌声、会場にいたすべての人が“生「崎山蒼志」”に衝撃を受けていたのではないでしょうか。

続いて「ソフト」「神経」「塔と海」「形のない乗り物で」と続きます。特に「塔と海」のサビのフレーズでは涙腺が崩壊しました。

そして最後は「五月雨」。

崎山さんが有名になるきっかけとなった曲です。イントロが鳴り始めた瞬間、鳥肌が立ち熱い感情がこみ上げてきました。サビに向かうにつれ圧倒され、さらにギターの迫力に絶句しました。

この後様々なバンドの曲も聞いたわけですが、最終的に感じたのは、たった一人でステージに立つ崎山さんが、他の出演者と比べても全く劣らないステージを見せてくれたということです。本当に素晴らしかったです。

演奏が終わりMCの小藪さん登場。崎山さんは退場かと思いきや、ステージに残され、小藪さんとのトークが始まります。こういうスタイルでイベントが展開していくとは想像していなかったので驚きました。

小藪さんは、素朴な感じの高校生である崎山さんを、親戚のおじさんののような温かい目線で見ているということを崎山さんに伝え、崎山さんは少し恥ずかしがりながらもしきりに感謝している様子でした。余談ですが、演奏中、崎山さんのギターストラップに「HARD・OFF」という文字が書いてあるのが気になっていたのですが、このトークで趣味を聞かれた崎山さんが「ハードオフに行くこと」と答えていて納得しましたね(笑)

コヤブソニックの面白いところ

特に良かったのは、小藪さん自身が大好きなメンバーを集めたフェスであるため、出演者に対する小藪さんの思い入れが感じられるところでした。特にライブを行った各バンドに対しては、演奏終了後ステージで軽いインタビューのような感じでトークが進められます。これがとても面白い。ミュージシャンのMCではなかなか面白くならないようなトークでも、小藪さんが仕切ることで会場が温かい笑いに包まれていました。

コヤソニに出演オファーをした背景や、ドラムのマニアックな話など普通のフェスでは聞くことのないようなトークも繰り広げられ、とても貴重な時間だったと思います。

まとめ

コヤブソニック2018一日目、開場からお目当ての崎山さんのLIVEまでをまとめてみました。

コヤブソニックは客層も幅広く、子連れの方が結構多い印象で、年配の方もちらほら見かけました。小藪さんと出演者のトークなど、ステージの雰囲気がとてもよく、お客さんも温かい様子でした。

次回は後編としてこの続きをまとめたいと思います(ただ、個人的な都合で途中で帰りましたので、その時点までとなります)

スポンサーリンク



-Culture
-