スポンサーリンク

Culture

【音楽】ダイハツ Thor(トール)のCM曲「きらきら武士」を歌っている「レキシ」とは何者!?

2017/09/02

こんにちは。ぽてとです。

最近また気になるCMが始まりました。それは・・・

TVCM トール 「成長記念日 納車」篇(15秒)

https://www.youtube.com/watch?v=y0Lxl2U2Yo0
TVCM トール 「成長記念日 駐車」篇(15秒)

https://www.youtube.com/watch?v=tLQgMLfYOv0
この2本です。

何が印象に残るかといいますと、やはりポップでキャッチーなCM曲ですよね。
これを歌っているのは・・・

「レキシ」

というアーティストです。
実は1つ目のCMの0:05くらいに出演しています(アフロの人)

さて今回はこのレキシがどのようなアーティストなのかということを見て
いきたいと思います。

①概要

「レキシ」は日本のミュージシャン、池田貴史の
ソロユニットかつ、ユニット内における池田自身の名称。
その名の通り日本の歴史を主題とした楽曲を扱う
「歴史縛りファンクネスバンド」(Wikipediaより引用)

②池田貴史氏のプロフィール

池田 貴史(TAKAFUMI IKEDA)福井県出身。
1997年SUPER BUTTER DOGのキーボーディストとしてメジャーデビュー。
デビュー当時からアフロヘアがトレードマークで、プレイヤーとしては
もちろん、ライブにおけるファンキーなエンターテナーぶりと喋りの
センスも評価が高く、TVではイケチャンとしても活躍中。
2004年より中村一義らと共にバンド100sのキーボーディストとして活動。
日本の歴史に造詣が深く、ソロ・プロジェクト、レキシとして2007年
アルバム『レキシ』でソロデビュー。ファンキーなサウンドに乗せて歌う
日本史の歌詞と、ユーモア溢れるステージングで話題を呼ぶ。現在までに、
『レキシ』『レキツ』『レキミ』『レシキ』と4枚のアルバムをリリース。
アルバムにはいとうせいこう、椎名林檎、斉藤和義、
持田香織(Every Little Thing)、秦 基博、山口隆(サンボマスター)、
Bose、ANI(スチャダラパー)、安藤裕子、Mummy-D(Rhymester)
といった豪華ゲストが参加している。(レキシオフィシャルHPより引用)

③レキシの素晴らしいところ

私はけっこう昔からレキシを聴いているのですが、これまで聴いてきた印象を一言で言うと
「実力が凄い」です。
曲はファンキーなダンスミュージックからお洒落なポップスまで幅広く、歌詞がすべて
日本の歴史をテーマにしているという異色のアーティストです。
特筆すべき点は歌詞センスの高さだと思います。
特にアルバム「レキツ」に収録されている代表曲のひとつ「狩から稲作へ」は抜群に好きですね。
また、遊び心満載なところも大きな魅力です。アルバムには多くの有名ミュージシャンが
参加していますが、その際に用いる「レキシネーム」という別名が面白いです。
たとえば(秦基博→旗本ひろし)など。

 

④好きな曲

レキシは名曲ぞろいなのですが、私が特に好きな曲は

「きらきら武士」 feat. Deyonna(椎名林檎)


やはりレキシを語る上でこの曲は外せません。今回のCMで起用されている曲です。
キャッチーで耳に残る曲です。この曲からレキシの世界に入った人は多いと思います。
 

「狩から稲作へ」feat.足軽先生・東インド貿易会社マン(いとうせいこう・グローバー一義)


上でも挙げた曲です。歌詞センスが凄い。
この動画はライブなので一人での歌唱となっています。

これらの曲はアルバム「レキツ」に収録されています。

 

年貢 for you feat. 旗本ひろし、足軽先生(秦基博、いとうせいこう)


めちゃくちゃさわやかな曲です。MVもそうですが、ドライブで聴くと最高です。

憲法セブンティーン feat.シャカッチ(ハナレグミ)

その名のとおり、聖徳太子がテーマの曲です。動画はないのですが、
コミカルでいい曲です。

Takeda' feat.ニセレキシ(u-zhaan)

インドの民族楽器タブラの奏者u-zhaanとノリでコラボしている曲です笑
この動画の1:50くらいからを見ていただければ雰囲気はわかります笑
(ちなみにこの動画の曲はTakeda'の別テイクのTakeda' 2です。)


 
これらの曲はアルバム「レシキ」に収録されています。
(Takeda' 2はシングル「SHIKIBU」に収録されています)

⑤最後に

今の日本の音楽界でレキシのような独特の路線を進んでいるミュージシャンは
とても貴重だと思います。音楽の実力はさることながらルックスや喋りにも
スター性が感じられる素晴らしいアーティストだなと感じます。
これからも応援していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク



-Culture