スポンサーリンク

DIY

【DIY】新居にハンガーラックが無いので、LABRICOを使って押入れの中に自作する

2018/10/14

こんにちは。
Culintoのぽてとです。

最近引越をしたのですが、新居に一つ不便な点があります。収納がクローゼットではなく、ハンガーラックのついていない押入れタイプであることです(僕の内覧時の確認漏れですが・・・)

そこで、押入れの中にハンガーラックを自作することにしました。やっぱりシャツやジャケットはハンガーに掛けたいですからね。

スポンサーリンク

ハンガーラックをここに取り付けます


僕がハンガーラックを取り付ける押入れはこのような感じです。三段に仕分けられたうちの中段で、高さは1m弱です。

準備物

木材はホームセンターで

まずは木材などをホームセンターで購入します。今回は支柱となる2×4材、ハンガーを掛ける部分の丸材、丸材を支える丸型ソケットを用意しました。あとは自宅にあった電動ドライバーを使用します。

LABRICO 2×4アジャスターを二つポチる

そして今回のメインのツール、LABRICO 2×4アジャスターをネットで2つ購入しました。

2×4材の両端にLABRICOのパーツを取り付け、アジャスターをくるくる回して調節することで、2×4材を突っ張り棒のようにして柱にすることができます。

LABRICOとは

今回のDIYの肝であるLABRICOとは、平安伸銅工業株式会社が提供するDIYパーツブランドです。

女性やファミリーでも安全で気軽に利用できるDIYパーツブランドがLABRICO(ラブリコ)です。市販の木材と組み合わせて簡単に収納や棚が作れて、賃貸のお部屋でも使えます。
LABRICO Renovation / ラブリコ公式ブランドサイト
平安伸銅工業が開発を手掛けるDIYパーツブランドLABRICO(ラブリコ)、WEEKEND WORKSHOP(ウィークエンドワークショップ)の公式ブランドサイトです。 簡単DIYパーツを使って、好みのサイズや素材で作るDIYを体験して、自分だけのお部屋作りをお楽しみください。 LABRICOとWEEKEND WORKSHOPがあなたの暮らしのリノベーションをお手伝いします。

賃貸物件でDIYを行う際に避けて通れないテーマが原状回復ですが、LABRICOを使用すれば壁や天井を全く傷つけることなく部屋の改造を実現することができます。僕は今回、DIYでよく用いられる2×4材と、それ用のLABRICOアジャスターを購入し、ハンガーラックを自作していきました。

製作開始

さて、ハンガーラックを自作と言っても、今回は大した作業はありません。材料をカットしてソケットを取り付け、LABRICOを付けて押入れにセットするだけです。


のこぎりでせっせと適当な長さにカットし、丸型ソケットを取り付けます。


ソケットの取り付けが完了し、LABRICOを木材に取り付けます。しっかり写真を見てもらうと、ソケットの左に穴が空いているのがわかるかもしれませんが、実は一度ソケットの取り付け場所をミスり、LABRICOがはまらなくなっていました。穴はその失敗の跡です(笑)。こんな初歩的な失敗を避けるためには、先にLABRICOを取り付けてからソケットを取り付けるのがベストだと思います。


このようにソケットに丸材を差し込み、引っ掛けるポール部分とします。LABRICOはしっかりと天井に突っ張って固定する形になるので、丸材はソケットに差し込むだけで特に固定はしなくても大丈夫そうです。

致命的なミスが発覚・・しかしなんとか取り付け完了

LABRICOを付けた2×4材を押入れにセットしてみたのですが、ここで致命的な問題が発覚しました。なんと、2×4材の長さが全く足りない(笑)。押入れの高さを測った際に、押入れの縁の部分の長さを測っていたことが失敗の原因でした。縁と押入れ内部の高さは全然違ったようです。

1cm程度の誤差であれば2×4アジャスターで調節できそうな感じでしたが、なにせ4cmほど足りていませんでした。絶望に苛まれそうになっていましたが、そこに一筋の光明が・・・2×4材の切れ端がある!

試しにハンガーラックの下にはめてみると、奇跡的にぴったりでした。

高さの測定ミスで焦りましたが、こうして見てみると、なんとかハンガーラックらしくなったと思います。ただ、つっぱり部分の面積の少なさや、下に木材を挟んで調節していることから、LABRICOの正しい使い方はできていないと思います。ハンガーラックとして何の問題もなく使用できる状態にはなりましたが、今後LABRICOを使われる方は説明書通りに使われることを推奨いたします。

まとめ


今回はLABRICOを使用して押入れ内にハンガーラックを自作してみました。製作前に行った押入れのサイズ測定のミスなど初歩的失敗があり、後々手間取ることになりました。結果として問題なく使用できるハンガーラックが完成しましたが、今後難しいDIYを行う際は初歩的ミスを行わないように注意したいと思います。

LABRICOによる支柱のの作成は驚くほど簡単でした。2×4材を買ってきてLABRICOアジャスターをはめるだけです。注意点は天井の高さを間違えないことのみ。デザインも可愛くておすすめのプロダクトです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク



-DIY