スポンサーリンク

カルチャー

【映画】『ドクターストレンジ』を見てきました。IMAX3Dが絶対にオススメの理由。

こんにちは。 cul-into.comのmagiyamaです。

つい先日公開されたばかりのMARVELの新作映画『ドクターストレンジ』を早速観てきました!


MARVELやDCコミックスの映画は今までずっと見続けてきたので、ドクターストレンジの公開もずっと楽しみにしていました。

実はチケットを購入時に悩んでしまったことがあります。
それは映画の鑑賞方法にIMAX 3Dと通常版の2種類があり、どちらにしようか迷ってしまったのです。

せっかくならと今回はIMAX 3Dを選択したのですが、結果的に最高すぎて、逆に通常版にしなくてよかったと思いました。

その理由を参考までにここで紹介したいと思います。

スポンサーリンク

3D映画に対する心配

maxresdefault-2
IMAXで見たことある映画は『シン・ゴジラ』のみです。しかし、そのときは3Dではなく2Dでした。
初めてのIMAXだったのですが、綺麗な大画面と大迫力の音響で大変感動したのを覚えています。

だけど、今回は3Dということで、3D特有の見辛さで物語に集中できなかったらどうしようと心配していました。
3D映画は何度か観たことがありますが、うまく焦点が合わなかったり、3Dが気になって物語に没頭できなかったり、あまり良いイメージがありません。

しかし、そんな心配が馬鹿らしくなるほどIMAX3Dは素晴らしかったです!

確かに頭を傾けたらピントが合わなくなりますが、姿勢を真っ直ぐにしてさえいれば、3D映像のまま最後まで楽しめます。元々の映像が高画質ということもあり、映像が綺麗に浮かび上がります。

3Dを見たのは何年も前でしたが、今の3Dはここまで進化したんだと技術の進歩に驚かされました。
ドクターストレンジの場合は、3Dで観て初めて100%楽しめる作品なのではないかと思います。

CGの魔法が壮大すぎる

ドクターストレンジのバトルシーンでは、まるで映画『インセプション』のように世界が反転したり、時空が歪んだり、魔術の力によってあり得ないことが次々に起こります

 

©Disney/Marvel

©Disney/Marvel

ネタバレになってしまうので全ては紹介できませんが、特にニューヨークが地面に吸い込まれるシーンは圧巻でした

Disney/Marvel

©Disney/Marvel

他にも3Dじゃないと迫力が半減してしまうなと感じるシーンがいくつもありました。3Dによってスクリーンの境界線がなくなり、奥行きを感じることができます。物語への没入感が深まること間違いなしです。

昔、映画『SAW』を3Dで見て後悔したことがありますが、こういったCGによる壮大なシーンがあるSF映画であれば3Dは効果的だなと実感しました。

あともう1点3D映画に関して感じたことですが、もっと映像を楽しもうと思ったら字幕を見ない方が良いと思います。
3D作品はどうしても字幕が最前に浮かび上がってくるので、焦点を合わせるのが結構大変だったりします。しかし、字幕を見ないで英語を理解するのは大変難しいので、英語が少しできる人は字幕を極力みないようにするか、一層の事、吹き替えを鑑賞するのも一つの楽しみ方かもしれません。

詳しくIMAXについて調べて見た

IMAXについて気になったので、ドクターストレンジとIMAXの関係をもう少し詳しく調べてみました。

まず、こちらの映像をご覧ください。主演であるベネディクトカンバーバッチ自身も『ドクターストレンジを見るなら絶対にIMAX 3Dだ』と言っています。

さらに調べてみると、なんと今作の約1時間以上はIMAX用に特別フォーマットされたシーンで構成されているようです
普通の映像とIMAXの映像の違いは以下の画像の通りです。

IMAX公式

IMAX公式

IMAXの方が26パーセント程広く、逆に普通の映像だと26パーセント狭くなってしまうようです

やはりトータルで見ても、IMAXで観ないと損しているような気がします

せっかくの貴重な映画体験ですのでIMAX 3Dで見てみてはどうでしょうか!?

MARVELと言えば、今年はX-menシリーズであるウルヴァリンの新作『ローガン』が公開される予定なので楽しみです。
もしこちらもIMAXで鑑賞できるのであれば、ウルヴァリンでは恐らく接近戦によるアクションシーンが多くなる気がするので、3Dでなく2DのIMAXで観てみたいです。

アメコミ映画は観れば観るほど次の作品が気になってしまいますね。

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。愛知県出身。会社員ブロガー。興味の幅を広げすぎてしまったことをきっかけに、多様なカルチャーやプロダクトを紹介するブログ『Culinto』を立ち上げる。

スポンサーリンク



-カルチャー
-