スポンサーリンク

プロダクト

2018年はHightideの手帳『レプレ』を選びました

2018/01/22

こんにちは。
Culintoのmagiyamaです。

僕は仕事で手帳を使ってスケジュール管理をしています。毎年新しい手帳を買い替えているのですが、2018年の手帳を買うタイミングが遅くなってしまいました。

というのも、これまで使用してきたのは高橋手帳で、毎年これを買うことにしていたので特に考えることなく即決でした。しかし、今回はこだわって選んでみようと思い、色々検討しているうちに決まらなくなってしまいました。

そしてやっと購入したのが今回紹介するHightideの『レプレ』という手帳です。

スポンサーリンク

『レプレ』はこんな手帳

僕が購入したのはA6サイズのネイビー。大きすぎ、小さすぎずコンパクトでちょうど良いサイズです。

僕が購入のきっかけになったのは雑誌『MONOQLO 11月号(2017)』の手帳特集です。

ほぼ日手帳』が推されていましたが、それよりも僕が気になったのが、このHIGHTIDEの手帳『レプレ』。HIGHTIDEは以前この記事でも取り上げたことあるお洒落文具ブランドなのですが、手帳もあったなんて驚きでした。

HIGHTIDE/ハイタイドのデスクトレイがお洒落。鍵や時計の定位置に!
こんにちは。 Cul-into.comのmagiyamaです。 お洒落で便利なプロダクトを見つけました。意外と便利です。 本日紹介するプロダクトは、『デスクトレイ(HIGHTIDE/ハイタイド)』です。鍵や時計など、外出の際に必要なモノや小物の置き場として最適です。 HIGHTIDEのデスクトレイS 僕が購入したのはこちらのプロダクトです。 【HIGHTIDE/ハイタイド】デスクトレイS posted with カエレバ 楽天市場 Amazon 家に鍵置きが無くてずっと困っていて、どこかにお洒落なトレイがないかずっと探していたんですよね。ある日、名古屋の文房具屋で偶然このプロダクトを発見。すぐにこれだ!と思い、購入に至りました。 ブランドについては初めて知りましたので少し紹介します。 HIGHTIDEは、福岡県で1994年創業の文房具メーカーです。公式サイトを確認すると、ブランドのコンセプトが記載されていました。 HIGHTIDE公式サイト HIGHTIDEという意味は『満ち潮』という意味です。ブランド名であり、社名であるこの名前はいつも精神的に満たされていたいという気持ちから名付けられそうです。プロダクトを通して全ての方に満たされた気持ちになってほしいという理念。こだわりを持ってモノづくりに取り組む姿勢が素敵です。 最近セレクトショップでも取り扱いを見たことがありますので、徐々に販路が拡大している印象です。そんな勢いあるブランドですが、今回僕が購入したデスクトレイはこちらです。サイズはSサイズです。 色はマスタードです。他のカラーは、「グレー」「ネイビー」「ダークグリーン」があります。 冒頭にも述べましたが、僕は鍵や時計、定期券など置くためのスペースとして使用しています。サイズはSサイズを選びましたが、場所をとらず、コンパクトで丁度良いサイズです。 鍵だけ 鍵と時計 丈夫な素材が使われているようで、少し落としだけでは割れたりはしないと思います。たくさんモノを置くようであれば、もう一回り大きいMサイズが良いかもしれません。 裏面

HIGHTIDE製品は気に入ってるので、手帳もお洒落で使いやすいんだろうなと思い、購入してみることにしました。

『レプレ』のここが良い!

ロゴの刻印がおしゃれ

まず気に入ってるのは、やっぱりこのサイズ感ですね。

軽量でカバンに入れてもかさばりにくいところが良いです。ゴムバンドが付いている点もポイントですね。このおかげで間に何か挟んだり、ペンを一緒に持ち運んだりしても落ちづらくなります。

ゴムバンド

ペンを差し込める

手帳内に含まれるのは、「月間スケジュール」「週間スケジュール」「ノート」です。あとは、別紙で主要都市の地下鉄路線図が付属します。

月間スケジュール

週間スケジュール

個人的な用途としてはビジネス上のスケジュール管理です。

「月間スケジュール」で月間のおおまかな予定を管理して、「週間スケジュール」でその日の詳細な予定やTODOを記載しています。僕の場合、最低限この二つがあれば特に仕事上困りません。

しおり付き

実際に使ってみて

ただ実際使ってみると、少し小さいかなという印象です。

特に月間スケジュールは、予定が少しでも多くなると書き込めなくなりそうです。その分小さく文字を書けば良いんですけどね。前回使ってたのが一回り大きかったので、余計に小さく感じるんだと思います。

今年1年使ってみて小さいようなら一回り大きいB6サイズを試したいと思います。

あとネックと言えば、10月始まりなところぐらいです。まあ、これは今年から10月に合わせて買い替えば良いでしょう。逆に10月始まりが関係しているのか、定価より安く買えました。

買ってよかったなと思うところ


それでも買ってよかったなと思うところは持った時のワクワク感です。

やっぱりデザインが良いものは持っていて気持ちが良く、ポジティブな気持ちにさせてくれます。手帳に書き込む度に「この手帳いいなぁ」と感じ、触るためだけに意味もないことまで書き込みたくなります。

そのワクワク感こそが良いデザインに出会えた証拠なんだと思います。

2000円未満で購入できる手帳なのでコスパがよいので気になった方は是非どうぞ。

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。愛知県出身。会社員ブロガー。興味の幅を広げすぎてしまったことをきっかけに、多様なカルチャーやプロダクトを紹介するブログ『Culinto』を立ち上げる。

スポンサーリンク



-プロダクト
-