スポンサーリンク

Music Movie Culture

【音楽】気になる海外の反応・・・RADWIMPS『君の名は。』挿入歌の英語verの評価

2018/10/09

こんにちは。
cul-into.comのmagiyamaです。

『君の名は。』ブームはまだまだ収まりませんね。
先日、アメリカやカナダでも4月7日から公開予定というニュースもありました。
さらに本作の音楽を担当したRADWIMPSの挿入歌も英語verが既に公開されています。

たとえ英語VerでもRADWIMPSのボーカル野田さんなら自ら悠々に歌えてしまう、そんな才能が羨ましいですね。

僕も早速購入して聞いてみました。
若干、日本語歌詞に引きづられているなと感じる部分はありましたが、ほぼ同じクオリティを維持したまま英語版になっているところには驚かされました。

しかし、ここで気になるのは、海外の人たちの反応。
『実際のリスナーである海外の人達の反応はどうなのか?』という点です。

早速、海外の掲示板で評判を調査してみましたのでシェアしたいと思います。
以下、cul-into.comによる某掲示板風の翻訳です。

スポンサーリンク

【海外の評判 】「RADWIMPS『君の名は。』の英語版がリリースされたらしいよ」

翻訳ソース

1:名無しさん@カルチャー好き
実際、聴けば聴くほど良い感じ。
まあ、日本語には劣るけど、そんなに悪くはないんじゃない?
実際に英語版が挿入されたら良くマッチすると思うよ。

2:名無しさん@カルチャー好き
<1
同意。自分もだんだん良くなってきたわ。良い吹き替え版だけど、おれはやっぱり日本語の方が好きだな。

3.名無しさん@カルチャー好き
<1
みんな日本語版に慣れているから、英語版に違和感があるんじゃない。
思っていたより英語版も良かったと思うよ。

4:名無しさん@カルチャー好き
『なんでもないや』の英語版が一番良かったな。日本語版よりも好きかどうかはわからないけど、一番良かったと思う。

5:名無しさん@カルチャー好き
youtubeに一番最初に上がっていたやつを聞いたんだけど、『前前前世』にはもっと良いリミックスが必要やわ。日本語よりもビートが強すぎるし、歌詞があまり知的じゃないと思う。
日本語話せないけど。

6:名無しさん@カルチャー好き
<5
うーん。たぶんそれyoutubeだからだわ。それが30秒のクリップ動画じゃないんなら、その動画は削除されないように音質を下げているんだよ。

7:名無しさん@カルチャー好き
<5
レコチョクにサンプルがあるから聞いてみなよ。ボーカルの声がもっとクリアだよ。全然違うと思う。

8:名無しさん@カルチャー好き
正直、日本語の曲を英語にするなんて難しいと思う。
RADWIMPSは歌詞の意味を変えないようにしたのは凄いと思うけど、結果的に歌詞の統一感や美しさは失われてしまったな。
でも、良いところもあった。特に『なんでもないや』の歌詞。

Crying even when you're happy, smiling even when you're feeling lonely...
It's because a part of you has made it here before the rest has.
(君の一部が他の部分よりも先にここへ来たから)

それが最後の箇所で若干修正されている
Crying even when I'm happy, smiling even when I'm feeling lonely..
.It's because this heart of mine has made it here before my body.
(私の心が私の身体よりも先にここへ来たから)

この歌詞は、あるシーンを美しく描写している。↓ネタバレ注意 
それが三葉のシーン。この曲は三葉の視点で歌われていると思う。
三葉が突然理由もなく泣き始めるところがあるよね。
彼女は瀧の記憶を失い始める時、深い喪失感を抱く。
頭では分からなくても、三葉の心はあることを理解していたんだ。
それは三葉が瀧を好きだということに。

9:名無しさん@カルチャー好き
<8
なるほど、ただ美しいシーンだけじゃなくて、そういった歌詞によっても上手く表現されてるんやな。
夢灯篭や前前前世とかも聞いて探してみるわ。

10:名無しさん@カルチャー好き
そりゃ日本語版の方が良いのは否定できないけど、英語版も良いと思うよ。
正しく翻訳するためにどれだけ時間かけたんだろうね。

11:名無しさん@カルチャー好き
前前前世はなんか懐かしくなるわ。
2000年代初期や90年代後半のパンクロックバンドを思い出す。
『トニーホーク』でも使われそうな曲だな。

12:名無しさん@カルチャー好き
英語版『夢灯篭』ええな。
原曲のフローを完全に保ったまま、めちゃ上手に翻訳してる。

13:名無しさん@カルチャー好き
俺的には『スパークル』やな。
12月のLA公演でもう観たんやけど、この曲のためなら吹き替え版も観たいわ。

14:名無しさん@カルチャー好き
たぶんRADWIMPSは渡辺レベッカのことを信頼してそう。『夢灯篭』の大部分と『なんでもないや』の所々が、彼女のカバーとほぼ同じやし。

『夢灯篭』

『なんでもないや』

15:名無しさん@カルチャー好き
<14
おれも1ヶ月前に『なんでもないや』を翻訳しながら演奏してみたんだけど、結局やめたわ。
なぜかというと、原曲の意味に近づけるほど渡辺レベッカの歌詞のようになってしまうから。
他の曲は分からないけど、この曲はある程度決まった歌詞になりやすいんだと思う。

16:名無しさん@カルチャー好き
<14
んー翻訳元が同じだから一緒になるのかな

17:名無しさん@カルチャー好き
<14
正しい翻訳をすると、必然とそうなるんやない?

18:名無しさん@カルチャー好き
おお!思ったよりええやん!
まあ、慣れるまで違和感とかあるかもしれないけど、それは日本語版を何十回も聞いたせいやわ。
今までに日本語の歌詞を英語にしたドラマや映画ってあったけ?

19:名無しさん@カルチャー好き
英語吹き替え版はよ!

まとめ: 日本人と外国人の『評価の違い』

海外の人たちの評判を見て、逆に日本人の評価が気になりました。
そこでiTunesで公開されている日本人のレビューも見て比較してみました。

その結果、分かったことがあります。
それは日本人のレビューには『発音に関するコメント』が多いということ。

「さすが帰国子女!英語の発音うまい」という高評価もあれば、「何言ってるか分からない。英語の発音下手くそ」等の批判もあります。
評価の良し悪し関わらず、基本的に発音に関するレビューばかりです。

一方は、上記のように外国の評価を見てみると発音に関するレビューはあまり見当たりません
海外の人たちはどちらかというと『歌詞に関するコメント』が多いような気がします。
恐らく、これは彼らが英語を母国語としない外国人に対してそこまで流暢な発音を求めていないからだと思います。
どちらかというと、彼らの関心はやっぱり音楽そのものなんだと思います。

今回の英語版挿入歌に関して全体的にマイナスのコメントよりも、高評価なコメントの方が多い印象でした。
切り口が何にせよ、RADWIMPSが世界中で活躍できるロックバンドになってほしいです。

p.s.渡辺レベッカさんについて初めて知りました。いやー歌上手すぎてびっくりました。自分でも野田さんの英語詞と見比べてみましたが、確かに同じ箇所が多いので影響を与えているのかもしれません。

こんな記事もどうですか?

【音楽】(個人的に)[Alexandros]が影響を受けていると思うアーティストを探してみた
こんにちは。 いつも記事をお読みいただきありがとうございます。 Cul-into.comのMagiyama(@Culinto_blog)です。 今週、[Alexandros](通称:ドロス)の最新アルバム『EXIST!』が発売されました。朝のニュース番組ZIP!でもしばしば取り上げられることもあり、知名度も高くなってきましたね。 僕は時代からのファンなので、有名になってきて嬉しい一方、どんどん遠くに行ってしまうかのような少し寂しい気持ちもあったりします。 EXIST!(初回限定盤A)(DVD付) posted with カエレバ ユニバーサル ミュージック 2016-11-09 Amazonで探す 楽天市場で探す 僕は邦楽だけでなく、洋楽も同じくらいかそれ以上聞くので、ときどき海外バンドを聞いていると、これ[Alexandros]に影響与えたんじゃないかと思うアーティストが出てきます。 そんな個人的に聞いて影響を与えていそうなバンドをまとめてみることにしました。 影響を与えていそうなアーティスト The Smashing Pumpkins - Today https://www.youtube.com/watch?v=xmUZ6nCFNoU Siamese Dream posted with カエレバ Smashing Pumpkins Virgin Records Us 2011-11-29 Amazonで探す 楽天市場で探す スマパンはたまに聴くのですが、この曲を聴くとなんか[Alexandros]ぽさがあるんですよね。もちろん似た曲があれば、時系列的にドロスが影響受けたということになるんですが。そこで気になってネットで検索すると、僕と同じくそう思っている人がチラホラいました。そこに似ている曲が書いてあって確かに!と思いました。それがこちらです↓↓ [Alexandros]-涙がこぼれそう https://www.youtube.com/watch?v=-JE55OiCe3Y starrrrrrr/涙がこぼれそう posted with カエレバ 【Champagne】 RX-RECORDS/UK.PROJECT 2013-01-23 SpyでもForever
【音楽】サカナクションMV『多分、風。』に出演している女の子は誰?
こんにちは。 いつも記事をお読みいただきありがとうございます。 Cul-into.com(@Culinto_blog)のMagiyamaです。 昨日の夜にサカナクションの新曲MV『多分、風。』がYoutubeに公開されました。 MVの監督は、映像クリエイター田中裕介氏が務めています。 監督は今までに『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』『さよならエモーション』『夜の踊り子』『新宝島』を手がけていました。 https://www.youtube.com/watch?v=8lx0vLTH_yg MVに出演している謎めいた女の子は誰なのか MVに出演している赤い服を着た女の子は、中国出身のファッションモデルのる鹿(るか)さんです。 Ruka Xing る鹿さん(@luluxinggg)が投稿した写真 - 2016 10月 28 10:12午前 PDT る鹿さんは、女性ファッション誌『NYLON』や『SEDA』などで専属モデルと活躍しています。 男性誌にも時々登場し、男性ファッション誌『POPEYE』でも見かけたことがあります。 1992年生まれで現在、24歳。中国四川省出身。モデルのきっかけは、友人によってSNSに投稿された写真を事務所が見つけてスカウトされたことだそうです。 得意なことは英語のようで、おそらく日本語よりも英語の方が得意だと思われます。instagramでは英語で投稿しているのをよく見ます。 余談ですが、る鹿さんの身長は170cmなので、サカナクションの山口一郎さんよりも背が高いです。 まだ日本でデビューしたばかりでメディアの露出は少ないので、今回のMV出演をきっかけに多方面での活躍が期待されます! 【早期購入特典あり】多分、風。(完全生産限定盤)(井上嗣也氏オリジナルB2ポスター付き) posted with カエレバ サカナクション ビクターエンタテインメント 2016-10-19 Amazonで探す 楽天市場で探す
音楽に酔うとはこういうこと。「The fin.」「DYGL」「DATS」の共演ライブに参加@恵比寿LIQUIDROOM
こんにちは。 Cul-into.comのmagiyamaです。 今回、僕が参加したのは3つのバンド(The fin./DYGL/DATS)が共演したライブ。本ライブは恵比寿LIQUID ROOMの13周年を記念して開催されました。19時過ぎに開演し、DATS、DYGL、The fin.という順番でライブが進行しました。一つのバンドあたり大体1時間、計3時間とどっぷり音楽に浸れて大変満足でした。 DATS DATSについて今回のライブをきっかけに初めて知りました。Spotifyに何曲かあったので簡単に予習していたのですが、生演奏を聞いて完全にノックアウト。かっこよすぎです。キャッチーな曲が多く、耳に残ります。特に『mobile』って曲がカッコいいです。全体的にダンサンブルな曲が多く、高速ラップがあったりと、曲の幅が広い。 https://youtu.be/TXx07iG5W4E DYGL DYGLは当ブログでも取り上げたことがあるバンドです。昨年解散したykiki beatのメンバーが所属しています。日本人離れした渋いロックを奏でます。 https://youtu.be/F_7z9JMvi4Y http://cul-into.com/2017/06/15/post-3458/ そして、今回のライブのトリがThe fin.でした。シンセポップでキャッチーな楽曲からシューゲイザーサウンドまで幅広い要素を含んだ音楽を奏でます。 The fin. 彼らは兵庫県出身のバンドですが、現在イギリスに住んでいるとのことです。そのため、現在は一時帰国している状態。近日中にフジロックや韓国公演を控え、その後は全国ツアーがはじまります。しばらくは日本に滞在するのかもしれませんが、恐らくまたイギリスに戻るんだと思います。 日本や海外を飛び回るジェットセッター的な生き方に少し憧れてしまいます。個人的にイギリス在住で現地のカルチャーを浴びながら仕事ができるのがメチャメチャ羨ましいです。 現地UKインディシーンの直接影響を受けているのか、他の邦楽バンドにはない実験的なサウンドを堪能できました。前半に新曲『afterglow』を演奏していました。轟音の中にエフェクトがかかった声が反響し、身体がふわふわと浮いてしまうような感覚に包まれました。 https://youtu.be/XYQF7exHy

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。名古屋・京都・東京を転々とし、現在はイギリスに拠点を移しブロガー兼フリーランス翻訳者として試行錯誤する毎日を送っている。ロンドンから生の音楽シーンやカルチャーを届ける他、一生モノのプロダクトを紹介。趣味はマジックとけん玉。

スポンサーリンク



-Music, Movie, Culture
-