スポンサーリンク

プロダクト

ボーナスで通勤カバンの買い換えを検討中です・・・候補4つのカバンを紹介!

こんにちは。
Cul-into.comのmagiyamaです。

もうすぐボーナスですね。
僕はボーナスをもらったら、まずしたいことがあります。

それは、「仕事用カバンの買い替え」です。
今まで通勤で使っているメインのカバンはJack Spadeの「waxwear」で、出張や荷物が多いときは大容量の3way「beruf transform pack」です。

【ファッション】Jack SpadeのWaxwearのカバンを手入れしてみました。
こんにちは。 magiyamaです。 以前『【ファッション】孫の代まで使えるかもしれないカバン| 『waxwearシリーズ』 JACK SPADE』という記事で取り上げたJack Spadeのかばんが購入してついに1年半が経ちました。 約1年を経た僕のWaxwear Davis Brief 365日毎日の仕事で使っていたので(しかも営業なので1日の半分以上はカバンと一緒)ところどころ経年変化が起きています。 ところどころシワが出てきたり、生地が柔らかくなってきたように思えます。 チョークラインも出ていますが、写真だと分かりづらいかもしれません。 持ち手の革は良い感じ馴染み、持っていて気持ちが良いです。 やはり毎日使用しているためか、ところどころ色あせて来たり、生地が破れてきてしまった箇所もあります。 店員さんはワックスを入れずに色抜けを楽しみながら使い続けることをオススメしていましたが、やはり僕はワックスでメンテナンスをすることを選びました。 理由は長く使い続けたいのと、色あせた感じは外回りしている身としては哀愁が溢れすぎていると気がしたからです。 細かい傷やチョークラインは、自分の歴史を残している感覚があり好きではありますが... そんなような経緯で、僕はカバンにワックスを塗り、手入れをすることにしました。 waxwearシリーズ専用ワックスを購入 早速、ワックスは渋谷の旗艦店で購入しました。 値段は16,00円くらいです。 ここでいきなりトラブルが発生しました。 いざ使おうとしても硬すぎて開かないのです。 おそらく中のワックスが一度溶けて固まってしまったのでしょう。 温めても一向に開かないので、 ドライバーの先を入れてこじ開けました。 そうしたら、結果的にちゃんとパカッと開きました。 不良品だと思い、返品しようという気分にまでなっていたので、 開いたときは変な達成感がありました。 メンテナンスの手順 1.ブラシを使って埃や汚れを取り除く まずは、カバンについた埃や汚れをブラシを使い取り除いておきます。 全体的にざっくりと綺麗にしていきます。 ちなみに僕が使った写真のブラシはこちらです↓ Collonil コロニル 馬毛ブラシ CN044042 (BlackF) posted with amazlet at 16.05.28
【プロダクト】3wayバッグ『beruf transform pack』を購入したのでレビューします
こんにちは。 cul-into.comのmagiyamaです。 先日、本ブログの記事で購入を検討中の3wayバッグを紹介しました。 http://cul-into.com/2016/09/20/3waybag-recommend/ その後、ついに紹介した3wayバッグの一つ、beruf baggageのバッグを購入しました! 実際に使用してみた感想をご紹介したいと思います。 購入したのは『beruf transform pack』 結局、この3wayバッグを購入しました。 beruf 日本の鞄職人が作る3WAYタイプのバックパック ビジネスシーンに 快適な自転車通勤に トランスフォームパック brf-BLK03 BLACK/BLACK (BLACK/BLACK) posted with カエレバ beruf Amazonで探す beruf transform packを選んだ理由について紹介します。 1.年に数回ある出張に備えて大容量バッグが必要 2.PC運ぶときはリュックの方が便利 3.雨の日には防水機能があるバッグを使いたい 今まで使っていたブリーフケースも沢山荷物が入るのですが、パンパンに膨れ上がってしまうので、もう少し余裕のある大きさのブリーフケースがほしいと考えていました。 http://cul-into.com/2016/05/21/【ファッション】jack-spadeのwaxwearのカバンを手入れしてみ/ また可能であれば、PCも持ち運びしたいため、それに適したバッグが必要でした。 それらの条件を満たすバッグが今回、『beruf transform pack』だったため、購入を決定しました。防水機能は条件としては絶対ではなかったのですが、外回りが多いため、あったら良いなとは考えてました。完全ではありませんが、transform packは防水機能があるようなので、そこも決め手のひとつとなりました。 しばらく使用してみた感想 やはりたくさん荷物が入るのは嬉しいですね。必要な物を入れても、まだまだゆとりがあります。 ポケットの数も多いので、持ち物を種類別に分けて収納することも可能です。 職人の手で作られただけあって、耐久性は満足できそうです。

Jack Spadeのwaxwearは10年くらい使えるかなと思ったのですが、経年変化が早くてそれは難しそうです。営業用のカバンでもありますので、酷使しすぎて段々と味かボロボロなのか分からなくなってしまいました。営業職は第一印象印象が大事なので、仕事で使うのは控え、普段使いにシフトさせようと思います。

味かもしれないけど、ビジネスでは厳しい

そこでカバンの買い替えを検討しています。まだ決定していませんが、現在の候補を紹介します。同じようにカバンを探している方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

仕事用カバンの候補を紹介

①万双『双鞣和地 天ファスナー』

©mansaw.net

©mansaw.net

万双 | 最高品質の革鞄 ダレスバッグ等の販売
常に「世界最高峰の品質」でありながら「常識的な価格」で革製品をご提供すること。私たちは、日本のモノ作りの精神と技術の上澄みを結晶化した、独創的でありながら普遍的な

コスパ最強の革カバン。ブランドよりも品質を前面に押し出したカバンです。国内に実店舗が上野と神戸しかありません。あとはオンラインショップだけですが、現在売り切れのようです。購入するとなると、実店舗に直接行った方が良さそうですね。

丈夫で職人によって丁寧に作られているらしく、評判は良いです。本革なので仕方ありませんが、個人的なネックは重さです。1.5kgあるので、長時間持っていると重たく感じてしまうと思います。僕の場合、PCも持ち歩きたいと考えていますので…

経年変化を楽しみながら長年使え、デザインも渋くてカッコいいので、購入検討したいカバンのひとつです。

②Glenroyal 『ライトウェイトブリーフ』

©british-made.jp

©british-made.jp

Glenroyalはスコットランドの老舗革メーカー。ブライドルレザーが有名で、僕もGlenroyalの財布を持っています。

【プロダクト】一生モノのブライドルレザー!グレンロイヤルの長財布『ROUND LONG PURSE』をレビュー
こんにちは。 magiyamaです。 最近更新がストップしてしまい、僕にとっては今年最初の記事になってしまいました。 頑張って少しずつ定期的に更新できるようにしていきたいと思います。 さっそくですが、 本日紹介するプロダクトは『GLENROYAL(グレンロイヤル)』の長財布です。 グレンロイヤルは1978年にスコットランド西部のエアシャー地方で設立された革ブランドです。最上級のブライトルレザーを素材とした製品を卓越した技術を持った職人によってハンドメイドで作られています。こちらご存知の方もいるかと思いますが、王室御用達の称号であるロイヤルワラントが与えられており、エッティンガー、ホワイトハウスコックスに並ぶ三大革財布の一つでもあります。 そもそもブライトルレザーとは・・・ブライドルレザーはもともと英国貴族の馬具用に作られた耐久性のある皮革です。牛革に蜜蝋や牛脂などのワックスを染み込ませることによって繊維を引き締め、耐久性に優れた皮革にしたのが、このレザーの主な特徴です。使えば使うほどワックスが革に馴染み、綺麗な光沢のある革に変化してきます。 エッティンガーやホワイトハウスコックスに比べると知名度は少ないかもしれませんが、王道から少し外れたラインのプロダクトを魅力的に感じる方にとって(僕もですが)最高の財布だと思います。 他者と差別化を図ることができるので、みんなと同じ財布は嫌だけど品質の高い財布がほしいという人にオススメだと思います。 購入してすぐは、写真のような白い粉がついているので、本当に品質が良いの?と思うかもしれません。 これはブルームといい、表面に浮き出てきたロウのことを指します。 このブルームがブライトルレザーの一番の特徴と言ってもいいくらいです。 店舗によっては購入すると店員さんがサービスで行ってくれるところもありますが、磨くことによってピカピカに光った艶やかな革が姿を現します。もちろん、持ち歩くことによって自然に落ちていきますからそのままでも心配はありません。それどころか、撥水効果や汚れ防止のためになります。 僕が選んだのは、こちらの製品です。ROUND LONG PURSEと呼ばれています。 色は黒色にしました。黒に金という色の組み合わせが上品で高級感があり、 長く飽きずに使っていくにはぴったりの色だと思い、購入にいたりました。

このブリーフケースもブライドルレザーで作られています。革製品ですが、なんといってもその魅力は軽いことです。たったの700gらしいです。なかなか革カバンでこの軽さは珍しいです。

革を薄くすることで、軽量化を行なっているようですので、気になるのは耐久性ですね。荷物を詰め込みすぎてしまうと、型くずれの原因になりそうです。雨用のカバーも販売されている点は嬉しいですね。

ただ、ブライドルレザーは傷がつきやすく、雨に濡れてはダメなので注意が必要です。営業用にガンガン使う用途ではすぐ駄目になってしまう可能性も考えられます。

③バーニーズニューヨーク『ブリーフケース』

©onlinestore.barneys.co.jp

©onlinestore.barneys.co.jp

アメリカの高級百貨店によるブリーフケース。
丸っこいデザインで、エレガントです。

バーニーズニューヨーク公式 HP

カバンは合皮のようですが、その分耐久性があり、傷がつきにくい素材が使用されているようです。雨で濡れたとしても、ちゃんと拭く手間を惜しまなければ劣化もそんなにしないと店員さんも言っていました。丈夫であることは、営業カバンとしても大切なので、自分の中ではこのカバンは上位候補です。経年変化は楽しめませんが、本当にほしい革カバンが見つかるまではこのカバンでも良いかなとも思います。

似たデザインに『ガレリアント』というブランドのカバンがあります。

多少高くなりますが、機能的で評判も良くこちらもいいなと思っていました。しかし、ネックは肩掛けストラップがないことです。営業活動中、立ち話の間にパンフレットを渡す時などカバンを床に置くようなことはしません。また、トイレに行く時も不便に感じてしまいます。仕事用カバンとして検討するなら、やはり肩掛けストラップは僕にとってはマストな条件です。このデザインで肩掛けできたら、おそらく買っていました。

④PELLE MORBIDA(ペッレモルビダ)

「優雅な船旅に持っていきたくなる上品で良質なバッグ」をコンセプトに作られた日本ブランド。

重さは920gで軽く、傷がつきにくい素材のカバンです。牛革とナイロンを組み合わせた素材のようです。カバンの内側にはクッション付き収納があり、PCも入れられるので営業用のカバンとしては申し分ありません。デザイン面は少し派手な感じがしますが、高級感があってお洒落です。カバンの底には金具がありますので、床に置いた際のダメージは軽減されます。

少し値段が張りますが、耐久性を考えると候補に入れても良さそうなカバンです。

まとめ

梅雨の季節なので、今の時期にカバンを買い換えるべきかという問題もありますが、やはり毎日使うものなので早く購入したい気持ちがあります。日々の仕事用に耐えられる耐久性を重視すべきか、多少高くても長年の経年変化を楽しめる本革をせっかくなら購入するのか、悩みどころではあります。もう少し、手にとって比較検討したいと思います。長く使えてモチベーションが上がるカバンを手に入れたいと思います。

購入の結果はまた報告します。ボーナスが待ち遠しい!

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。愛知県出身。会社員ブロガー。興味の幅を広げすぎてしまったことをきっかけに、多様なカルチャーやプロダクトを紹介するブログ『Culinto』を立ち上げる。

スポンサーリンク







-プロダクト
-,