スポンサーリンク

プロダクト

珪藻土のコースターを購入したのでレビュー!これは地味に役立つ!

こんにちは。
Cul-into.comのmagiyamaです。

最近、珪藻土のバスマットがかなり普及してきましたね。僕も愛用していますが、ホームセンターやニトリなどでも見かけるようになりました。普通の布より、吸水性が良く、メンテナンス要らずなので使いやすんですよね。僕は食器の水切りにも応用しています。

【プロダクト】珪藻土のバスマットを食器の水切りとして利用!結構良さげです。
こんにちは。 Cul-into.comのmagiyamaです。 皆さん、珪藻土のバスマットって知ってますか? テレビやブログで紹介されているのを見て知っている人もいるかもしれません。 僕も数ヶ月前に珪藻土のバスマットを購入して使用していますが、思った以上に便利で役立っています。 お風呂上がりでビショビショの足の裏をを一瞬で吸い取ってカラカラにします。 しかも、ほぼメンテナンス無しで半永久的に使えるところが面倒臭がりの僕にとっては魅力的でした。 そこで閃いたのが、『この珪藻土の性質を食器の水切りに使えないか』ということ。 珪藻土のバスマットを食器の水切りに応用する 食器の水切り用トレイって掃除しないと水アカか発生したり、濡れままだとカビなどの菌が発生して衛生面で心配になることがあります。 そこで勝手に水を吸収して半永久的に使える珪藻土の性質を利用できないかと考えました。 まず、水切り用の珪藻土がないかネットで検索しました。 ・・・しかし、見つかりません。 仕方ないので、バスマットで応用することにしました。 サイズは事前に測り、僕の場合、40×30を満たす条件で探しました。 そこで見つけたのが以下のプロダクト。 トレードワン 珪藻土バスマット Mサイズ ホワイト 70093 posted with カエレバ トレードワン(Trade One) ちょうど良いサイズなので一人暮らしの狭いキッチンにも置けます。 もともと使用していた水切りはトレイを捨て、ラック部分はそのまま利用するこにしました(なんとなく直接バスマットの上に食器置くのが嫌だったため)。 ぴったり良い感じです。 見た目もスマートで清潔感があります。 食器についた水分は珪藻土に染み込んでいき、時間が経つとさらりと乾燥した状態になっています。 問題点 完璧かと思ったのですが、良いことばかりではありませんでした。いつの間にか水以外の液体が染み込み、シミになっていました。 珪藻土はシミができた場合、簡単には水洗いで取れないので一手間必要です。 私はキッチンハイターを使いました。 シミに吹きかけて・・・ しばらく放置して、その後洗い流す。 綺麗になりました! まとめ 汚れた場合だけ、その都度上記のような対処が必要ですが、それ以外はおおむね満足しています。

そんな珪藻土ですが、実はコースターも存在するようです。Amazomで見つけ、気になったので購入してみました。

そこで、今回は『珪藻土のコースター』を紹介します。

スポンサーリンク

珪藻土のコースターを購入

早速、ポチりました。

一般的なコースターと同じサイズ感です。


コースターは4色含まれていました。個人的な好みは、グレーとベージュ(?)で、ブルーとレッドは正直必要ないかなと思います。綺麗な色ではないので...グレーとベージュはヘビロケしていきますが、もし来客があれば便利だと思うのでブルーとレッドは保管しておきます。

4色の珪藻土コースター

最近、無印のパイン材デスクを購入したので、なるべく液体に触れさせたくありません。布のコースターだと、下まで染み込むことがあるので注意が必要です。しかし、この珪藻土は下まで染み込まないので気に入ってます。

雑誌を読みながら

水滴をたくさん吸い込んでくれる

コンビニで買ったコーヒーはすぐ水滴でビショビショになってしまうので、珪藻土コースターは便利です。机に直接置きたくないなーというときに役立ちます。布だとどうしてもカビなどが気になりますが、珪藻土は基本的にメンテナンスは必要ないので衛生的です。定期的に洗ったりするのはめんどくさいですからね。劣化もあまりないと思うのでこの先長く使えそうです。

まとめ

カラーバリエーションはそこまで必要ありませんが、プロダクト自体シンプルで便利です。珪藻土製品の特徴としてメンテナンスが要らないところもグッドなポイントです。作業机を汚したくないので、これから重宝しそうです。珪藻土は便利な素材ので、まだ使ったことがない人はぜひお試しを!吸水力がなくなれば、表面をサンドペーパーなど磨くことで復活させることもでき末長く使用できます。

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。愛知県出身。会社員ブロガー。興味の幅を広げすぎてしまったことをきっかけに、多様なカルチャーやプロダクトを紹介するブログ『Culinto』を立ち上げる。

スポンサーリンク



-プロダクト
-,