スポンサーリンク

プロダクト

名作椅子『ニーチェアX(NychairX)』を4ヶ月間使ってみた。Netflix鑑賞や読書が捗る。

2017/12/30

こんにちは。
Culintoのmagiyamaです。

皆さんは、部屋の中にふぅ〜っと一息つけるような場所はありますか?

僕はそんな癒しの場所を作りたく、名作椅子『ニーチェアX(NychairX)』を購入しました。

実は購入直後にすぐに紹介できなかったので4ヶ月経ってしまいました。せっかくなので、今回は4ヶ月使用した結果のレビューを紹介します。

スポンサーリンク

これがニーチェアX(NychairX)です

1970年、『ニーチェア』はデザイナーの新居猛(にい たけし)氏によって誕生しました。1986年にはグッドデザイン賞を受賞し、さらにMOMA(ニューヨーク近代美術館)に永久コレクションされていることでも有名です。

新居猛氏は北欧家具から影響を受けたといわれ、ニーチェアの余分な装飾を省いた機能美溢れるミニマムデザインはどんなインテリアにも溶け込みます。洗練されていて美しいですね。

ニーチェアの特徴はなんといっても折りたたみ可能なところ。使わない時は折りたたみできますし、引越しも楽々です。しかも、折りたたんだ状態で自立可能なところも凄い。折りたたみ方は、後ろの紐で固定するというシンプルな方法ですが、この紐が地味に役に立ちます。


生地は帆布が使用されています。

帆布は『一級帆布』と呼ばれる倉敷帆布が使用され、耐久性はバツグンです。試したことはありませんが、汚れたら取り外して洗濯もできるかと思います。最悪ボロボロになったり、色の好みが変わったりしたときには替えの帆布のみ購入できます。これは長く使いたい人にとって嬉しい点ですね!

座り心地は、あくまでも布なのでフカフカのソファのイメージを期待してはダメですが、包み込まれるような感覚で心地が良いです。さすが人間工学に基づいて設計されているということで、長く座っていても疲れにくいです。

別売りですが、オットマンと組み合わせれば、さらに快適になりそうです。オットマンにしては高いなと思い、僕はまだ購入していませんが、将来的に絶対ほしいなと思っています。

良い点、少し気になる点

やはり使い続けていると、良い点やこれは少し気になるなという点が見えてきます。完璧なものってそうそうないですからね。それでもニーチェアは良い点の方が優っていると思います。

移動や掃除が楽。引越しも簡単。

度々となりますが、やっぱりニーチェアの良いところは、移動のしやすさだったり、掃除も楽々にできるところですかね。ソファだと持ち上げると重たいですが、ニーチェアは簡単に移動可能です。効力を発揮するのは引越しですよね。極力最小限のモノを持ちたいミニマリストにも良いかもしませんね。

シートの交換が簡単

ボロボロになったり、ちょっと色に飽きてきたなと感じたら、帆布のシートを簡単に交換することができます。レビューを見ていると20年以上使っている方もいるので、シートを交換しながら使っていけば本当に一生使えるかもしれません。僕のニーチェアは黄色ですが、いつか白かキャメルに色を変えたいなと考えています。好きな色に交換できるのも嬉しいですね。

テレビ鑑賞が快適

43インチのテレビを購入したことをきっかけにソファが欲しいなと考えていました。しかし、6畳ほどのスペースにソファを置くのは厳しい。そこで折りたたみ可能なニーチェアが候補に上がり、結果的に購入に至りました。

今までベッドの上で映画やドラマを鑑賞していましたが、ニーチェアを導入することで快適になりました。サイドテーブルとしてスツールも購入し、そこに飲み物や読みかけの本を置いています。1日の終わりに一息つける空間が出来上がりました。

長時間の読書やPC作業をするときには工夫が必要

深く腰掛けると、身体は後ろに傾き、目線は斜め上を向きます。それに合わせてテレビも少し高めに配置しています。

しかし、読書やPC作業をする場合は工夫が必要です。短時間ならそのまま膝の上で作業しても問題ないのですが、視線を下に傾けないといけないので結構キツイです。必然的に背骨を曲げないといけないので、身体に負荷がかかります。僕はその状態が長時間続くと頭痛になりやすいので注意しています。

解決策としては、枕やクッションを膝の上に置いて、その上に本やPCを置くと丁度良い目線の高さになります。ニーチェアを買った方のブログを見ていると、無印良品の無垢テーブルの足をカットして使用している方もいました。

う~ん、気になる。( ̄Д ̄) ニーチェア

簡易テーブルなどを探すのも手ですね。今のところ僕はクッションで大丈夫かなと思います。

値段が高い

もともとのコンセプトが『安くて丈夫で座りやすく、どこにでも置けて折り畳める。食べ物でいうならライスカレーのような椅子を作りたかった』とのことですが、2013年に生産中止の影響もあり、現在では値上がりしているのが難点です。

2001年の雑誌でニーチェアを見つけましたが、この時点では約2万円です。

ちなみに現在、正規ライセンスで販売している藤栄のニーチェアだと約35000円です。これだとなかなか安いとは言えませんが、ライセンス料や物価の影響などもあるので仕方ないかもしれません。よく分からないメーカーのリプロダクトを買うくらいなら、交換シートも販売している藤栄製のニーチェアを選んだ方が安心だと思います。

ニーチェアエックス / NychairX 公式サイト
グッドデザイン賞を受賞した新居猛デザインのデザイナーズチェア「NychairX(ニーチェアエックス)」の公式サイトです。

購入前はどうしてもニーファニチャー製(ニーチェアの製造元)の本物がほしかったので、中古販売を探し、これは本物だという確信のもと購入しました。

ニーファニチャー製のニーチェアには色々と見分け方がありますが、結果的に藤栄製のニーチェアを買ってもよかったなと思っています。
現在出回っている交換シートは藤栄製ですし、そのシートに将来変える予定なので、そこまでして本物にこだわる必要はなかったかなと反省しています。違いはフレームぐらいですが、基本的に同じ構造なので座り心地に大きな違いはないです。

本物志向の方はヤフオクやメルカリなど探してみてください。特にこだわりがなければ、藤栄製でも良いと思います。

フローリングの傷対策は必要

パイプ部分がフローリングに直接触れていると、気づかないうちに傷がついていることがあります。賃貸で気になる方はカーペットの上に置くのが良いかもしれません。僕も極力カーペットの上に置いて座っています。

若干きしむ

僕のが中古だからかなと思いましたが、他の購入者のレビューを見ると、“きしむ音”が気になると書いている人もいました。一般のパイプ椅子がきしむように、折りたたみ式の椅子においてきしむ音が出るのは仕方ないことかもしれません。

きしむ音が大きくならないように丁寧に使っていこうと思います。

まとめ

熱が入りすぎて記事が長くなってしまいました・・・

僕は仕事から帰ってきたら、本を読んだり、Netflixを見たりして1日の疲れを癒しています。一人暮らしであれば、ニーチェアのように1人用の椅子があると何かと快適です。都内暮らしだと、狭くてなかなか置けないかもしれないしれませんが、レイアウトの工夫次第で意外と配置できます。是非お気に入りの椅子を見つけて、1人の時間を楽しめる空間にしてみてはどうでしょうか。

ニーチェアはロッキングタイプも人気です↓↓

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。愛知県出身。会社員ブロガー。興味の幅を広げすぎてしまったことをきっかけに、多様なカルチャーやプロダクトを紹介するブログ『Culinto』を立ち上げる。

スポンサーリンク



-プロダクト
-,