スポンサーリンク

ファッション

ラベンハムのキルティングジャケット「デンハム」は営業マンの味方

2018/11/16

肌寒くなってきました・・・

11〜12月はどんなアウターを着たら良いか迷いますよね。

僕は営業職なので、外回りが多くこの時期は服装に迷ってしまいます・・・本格的には寒いという訳ではないので、分厚いコートを着たら負けた気がします。

昨年はマッキントッシュのウール製danoonで乗り越えました。しかし、その1着しかないので、外回りでダメにしてしまうのはもったいないなと。

今年はもっとカジュアルに使えて、寒さもある程度防げる上着を探しました。

そこで選んだのが「ラベンハム」のキルティングジャケットです!

スポンサーリンク

ラベンハムのキルティングジャケット「デンハム」をGET

ラベンハムのデンハム
ラベンハムは、キルティングジャケットの元祖ブランドです。

僕が購入したものを紹介する前に、ラベンハムについてちょっと学びましょう。

ラベンハムとは?

©︎LAVENHAM

LAVENHAMとはイギリスのアウターウェアブランド。1969年、エリザベス女王の女官だったMrs.Elliotによってロンドン北東部の小さな村「ラベンハム」で創立された。もともとは馬具用品ブランドとしてスタートし、1972年に乗馬用のキルティングジャケットを発売。1982年からは本格的にメンズとレディスウェアに力を入れはじめる。なお、馬具用品「ホースブランケット(馬用の毛布)」は現在、英国王室とベルギー王室御用達である。(引用:http://apparelfashionwiki.com/)

マッキントッシュと同じく、ラベンハムも英国を代表する歴史のあるブランド。

ラベンハムというブランド名は、ロンドン北東部の村の名前がそのまま使われているんですね!

アウターだけでなくホースブランケットまで作っていて、なんとそれが王室御用達(ロイヤルワラント)とのこと。

©︎ lavenham.jp

ラベンハムの種類

ラベンハムのキルティングジャケットの種類はいくつかあります。

代表的なものだと・・・

CRYDON フード一体型 短めの着丈
2015AWモデル LAVENHAM クレイドン レディース キルティングジャケット ラヴェンハム(ラベンハム) CRAYDON LADIES [正規代理店商品] 36 0042 SUFFOLK NAVY

LEXHAM ボタン型 細身のシルエット

(ラベンハム)LAVENHAM LEXHAM LEXHAM_2014 LAMP BLACK 34 ダウンジャケット

DENSTON ゆったりとしたサイズ感

(ラベンハム)LAVENHAM キルティングフードジャケット DENSTON-PLY-M NVY-NVY 40

DENHAM 取り外し可能なフード付き 着丈長め

(ラベンハム)AZABU THE CUSTOM STORE(アザブ ザ カスタム ストア) キルティングジャケットDENHAM 202148 127 ネイビー 38

その中でも、僕は比較的スタンダードなDENHAMを購入しました。

DENHAM(デンハム)のサイズ感は?

DSC_0004

ゆったりめに作られているため、ちょうど良いサイズを着ても程よく余裕があります。

平日はスーツの上に羽織り、週末は中にセーターなど着込んでカジュアルに着こなすこともできます。

僕の場合、身長168〜170cmですが、Sサイズ(UK表記36)で問題なく着られました。それでも少し大きいくらいです。XSサイズになるとスーツの上からは、着れなくはないですが、少し窮屈そうです。

ラベンハムの素材はポリエステル

DSC_0005

デザインは申し分ありません。格好良いです。DENHAMの生地はポリエステルです。

最初はウール生地と迷いました。

しかし、今回は「低コスト」「保温性」「カジュアルに使える」が決め手となり、ポリエステル製の DENHAMを購入することにしました。

DSC_0010

馬がかわいい!

購入後に着用してみると、ポリエスチル製でもかっこいいですね!ウール製に負けていません。

若干ダウンのような安っぽいテカリを気にしていたのですが、上品なポリエスチルといった感じ。ビジネスマンが愛用する理由がわかります。

タグを見ると・・

DSC_0015

ひとつ一つ、手作業で検品が行われていることがわかるシールです。
これは Caroleさんが検品したようです。このような所からも品質維持の努力が垣間見えます。

他の人と被る問題

ラベンハムのデンハム

あえて欠点を言うと、スタンダードなモデルなので被る可能性があります。

街中でも意識してみていると、違うモデルまたは色違いを着用しているビジネスマンはたくさんいますね。

しかし、デザイン自体スタンダードなので、被るのは仕方ないと思います。おしゃれに着こなせるかは、その人自身です。スーツやネクタイの色などうまく合わせて他人と差をつけましょう!

職場で目の前の先輩と色違いで被ってしまったのですが、ラベンハムの良さを語り合うきっかけになり、逆に仲良くなりました(笑)。その人のこだわりを聞いてみるのも会話のきっかけになりますね!

最後に

一番の強みは、軽くてカジュアルに着られること。

僕は営業マンですが、この「軽さ」が本当に気に入っています。耐久性もあって、シワも気にする必要もありません。

コートに比べると生地が薄いので、キルティングジャケットは真冬になると正直寒いです。ですが、秋や春など肌寒い日に大活躍間違いなしのアウターです!

クローゼットに1着あれば、重宝すること間違いなし。

※2018年12月2日までアマゾンで15%引きセールが開催されています!

次はこんな記事も

ブリーフィングのカバンは営業マンの行動力をさらにUPさせます。

ビジネスに最適!ブリーフィング「NEO MISSION LINER」で行動力を上げよう

2018年の記事でも取り上げています。

僕が愛用している「英国ブランド」のアウター4選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。名古屋・京都・東京を転々とし、現在はイギリスに拠点を移しブロガー兼フリーランス翻訳者として試行錯誤する毎日を送っている。ロンドンから生の音楽シーンやカルチャーを届ける他、一生モノのプロダクトを紹介。趣味はマジックとけん玉。

スポンサーリンク



-ファッション
-, ,