スポンサーリンク

ファッション

さらに愛着が湧く!グレンロイヤルの長財布を「手入れ」する方法

2018/11/09

こんにちは。
Culintoのmagiyamaです。

グレンロイヤルの財布は以前紹介したことがあります。

グレンロイヤルの長財布「ROUND LONG PURSE」をレビュー!

購入してから9ヶ月程経ちました。使えば使う程味が出るため、どんどん愛着が湧いてきますね〜。

そんなグレンロイヤルの財布を手入れしてみたいと思います。本日はその手順を紹介します。

スポンサーリンク

手入れ前

img_1312

現在使用しているグレンロイヤルの長財布こちらになります。

ボタンで留めるタイプです。
約9ヶ月の使用で全体的に柔らかくなって気がします。

所々に傷ができてしまいましたが、ブライドルレザーは傷がつきやすいので、それも味の一つだと思ってます。img_1310

内側の小銭入れには、カード類の後やシワがついてしまいました。

これは恐らく、小銭が沢山入っているにも関わらず、スナップボタンをタイトに締めていたのが原因かもしれません。

今後の使用では緩めるなどして気をつけたいと思います。

手入れの手順

ブラッシングする

img_1309
まずは全体的にブラッシングを行い、ほこりなどの汚れを落として綺麗にします。

僕が使っているのはこちらです。

ワックスを塗る


次にワックスを塗ります。

僕が使用しているのは、GLENROYAL純正のブライドルレザー専用保革ワックスです。

img_1317
ワックスを薄く指先にとり、丹念に塗っていきます。
沢山つけすぎるとベタベタになります。少量塗って足りなかったら追加する方法が良いと思います。

img_1313

傷やシワの箇所には念入りに塗っておきます。

3時間ほど乾かして乾拭き

img_1320
公式サイトのメンテナンス手順に従って3時間ほど乾かします。
風通しの良い場所に置いておくのが良いでしょう。

img_1322
仕上げは、綺麗な布で乾拭きです。余分なワックスを取り除き、これで終了です。

まとめ

月に1〜2回はメンテナンスをした方が良いらしいですが、僕は気になったときにメンテナンスをしています。

手入れ後のピカピカの財布を見るとで気分が弾み、さらに財布に対する愛着が湧いてきます。

このように定期的にワックスを塗ることで保湿され、ついてしまった傷も段々と馴染んでいきます。どれくらい使い続けられるかわかりませんが、僕にとって少なくとも10年以上は使っていきたい財布です。

毎日お世話になっている財布ですので。定期的にメンテナンスを行って大切に長く使っていければと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。名古屋・京都・東京を転々とし、現在はイギリスに拠点を移しブロガー兼フリーランス翻訳者として試行錯誤する毎日を送っている。ロンドンから生の音楽シーンやカルチャーを届ける他、一生モノのプロダクトを紹介。趣味はマジックとけん玉。

スポンサーリンク



-ファッション
-