スポンサーリンク

Culture

【音楽】ドイツの音楽プロデューサー『Roosevelt』の楽曲がおしゃれで病み付きになる!

2017/09/02

こんにちは。
Cul-into.comのぽてとです。

私はディスコソングのような踊れる音楽を好んで聞くのですが、
聞いていると自然に体が動く、おすすめのミュージシャンがいます。

その名は、『Roosevelt』

Rooseveltとは

ドイツ、ケルンの Marius Lauber (マリウス・ラウバー) という
音楽プロデューサーによるプロジェクトだそうです。

エレクトロポップ、シンセポップと言われるようなジャンルだと
思いますが、ポップな中にもどこか懐かしさを感じられるような
ダンスミュージックを作るミュージシャンです。

8月に発売した1stフルアルバム『Roosevelt』は、Amazonで
レビュー数は少ないものの、高評価を得ています。

アルバム収録曲を紹介

それでは、『Roosevelt』の収録曲の中で、YoutubeでMVが公開されて
いるものをどうぞ。
Colours / Moving On

Night Moves


この曲は、個人的にかなり好きです。とくに2:50からのサウンドは
気が付いたら体が動いてしまっているほどツボにはまっています。

Hold On

まとめ

『Roosevelt』は音楽もさることながらMVも秀逸で、音楽、MVともに
懐かしさがありながらも、シティ感というか、現代のおしゃれなイメージ
を兼ね備えているところが素晴らしいなと思います。
今後来日する機会があれば、ぜひ見に行ってみたいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク



-Culture