スポンサーリンク

Product

クローゼットのハンガーを「MAWA」シルエットに置き換え。驚くほどスタイリッシュに。

こんにちは。
Culintoのぽてとです。

以前紹介した「MAWA」ハンガーのスタンダードタイプである、‘シルエット’。

コスパ抜群のシンプルハンガー「MAWA」の"シルエット"を購入。別シリーズも揃えたくなってきます。

今回新たに10本追加購入して、クローゼットの一面を全て「MAWA」で統一してみましたので、その変貌ぶりを紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

改めて「MAWA」シルエットを紹介

ドイツの有名ハンガーメーカーである「MAWA」。シンプルで洗練されたデザインと高い機能性が両立しています。

ドイツ製マワハンガー マワハンガーの特徴 - MAWA Shop Japan

用途に応じた様々な種類が展開されています。

僕が使用しているシルエット45は、メンズサイズのシャツやジャケットを掛けるのにぴったりなスタンダードな形です。カラーはブラックやシルバーもあるのですが、スタイリッシュな中にかわいさもあるホワイトを僕は選んでいます。

特筆すべきは表面の特殊コーティングです。ビニール系の少し粘着質の素材であるため掛けた洋服が全く滑りません。首元などが伸びやすい素材の洋服を掛けても型崩れすることはないでしょう。シャツやジャケットを掛けるのにぴったりと言いましたが、そういう意味ではTシャツを掛けるべきハンガーかもしれません。

クローゼットを整理

整理前の状態

整理前のクローゼットの状態はこのような感じです。以前購入したシルエット45と100ショップやクリーニング店のハンガーが混在しており、見るに耐えない汚さです(笑)

「MAWA」に置き換えて整理する

今回新たに10本購入しましたので、僕が持っている「MAWA」シルエット45は20本になりました。そこで、一面に掛かっているハンガーを全て「MAWA」に統一し、余計なハンガーを取り外してみました。その結果がこのような感じです。

びっくりするほどスタイリッシュになりました。ハンガーのカラーと素材、サイズ感を統一することで、ここまで整頓された印象にすることができます。クローゼットには様々な色や形の服が収納されるので、ハンガーのカラーと形状を揃えておくことで、より服を際立たせてディスプレイすることが可能となります。

また「MAWA」で統一することで、省スペース効果もあります。体感で3分の2くらいの幅になったと思います。


「MAWA」の洗練されたデザインは、ハンガー単体としての美しさも群を抜いています。チープさは全くなく、こうして均等に並べると、思わずうっとりとするような美しいクローゼット空間をを作り上げることができます。

 

まとめ

今回、以前から検討していたクローゼットのハンガー整理をやっと実施できました。「MAWA」シルエット45で統一することで、見違えるほどスタイリッシュになり、また省スペースであるため、シャツであれば10着近く掛けられるほどの余裕を生み出すことができました。

実はまだビジネスシャツ等を掛けている区画のハンガーは刷新できていないので、さらに「MAWA」シルエット45を買い足し、全てを統一したいと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク



-Product