スポンサーリンク

Product

折り紙のように風情のある「所作」のカードケース。さりげなくセンスを感じさせるプロダクト。

今年は年号が新しくなりますよね。それに合わせてというわけでもないですが、個人的にはこまごまとした生活習慣を変化させ、新しくしていきたいと思っています。

その中でまず取り掛かるのが、財布の管理方法を変えることです。僕はこれまで財布には、お札、小銭、電子マネー、クレジットポイントカード類など、すべて収納していました。当然パンパンで、不格好でした。

そこで今年から、財布とカードケースに分けようと考えています。カードケースには電子マネーとポイントカード類、財布には現金とクレジットカードというスタイルです。

スポンサーリンク

「所作」のカードケースを購入

所作 ヌバック
僕が選んだブランドは、個性的なデザインが目を引く「所作」。とはいいつつも、外観ではシンプルなカードケースにしか見えません。


このブランドが面白いのはカバーを開いた時のデザイン。まるで折り紙のように何層にも重なった風情ある佇まいです。ご祝儀などを包む袱紗(ふくさ)がモチーフで、レジ前でさらりとこのカードケースを取り出すと、粋だなと思われること間違いなしです。

考え抜かれたデザイン


モチーフである袱紗のように、一枚の革を折って成型されている所作。縫製されている箇所は無く、ボルトとナットにて一か所が固定されているのみです。デザインは個性的ではあるものの、余計な装飾がないため、見た目と使用感ともに非常に洗練されています。

ブランドの特徴として特筆すべきなのは、“お金を包む”動作自体が所作としてデザインされていること。通常のカードケースであれば、パカっとひらくだけであり、リズムでいうと“1”です。いっぽう所作はパカりと開いた後にもう一回反転させて開く必要があり、リズムでいうと“1,2”となります。

この“1,2”の動作を凛とした立ち居振る舞いで行うことで、まさに美しい「所作」を体現できると思います。

ロゴは一点ずつ手作業でスタンプされているとのこと。カスレやにじみがあることもありますが、それが手仕事の良さであり、大事にしたい「侘び寂び」です。ちなみに僕のロゴに関してはかなりきれいにスタンプされていますね。

使い勝手は


メーカーとしては名刺入れとして作っているとのことですが、僕はポイントカードや電子マネーを入れるために使用しています。


ポケットは自分の名刺ともらった名刺を入れる用の2か所となっているため、ポイントカード類を入れると仕分けがしづらいのがネックです。ポイントカードで1ポケット、もう片方を電子マネーといった感じでざっくりと分けるしかないですね。

枚数的には、クレジットカード並みの厚さならポケット2つ合わせて6枚程度が限度かなと思います。それ以上入れると形が崩れてしまいますね。


いちばん外側の部分は形状を固定するために折ってあるだけですので、カードを入れることはできません。


隣のiPhone7比較すると少々小ぶり。サイズ的にはiPhone SEに近い感じがしますね。非常にハンドリングしやすいサイズで、交通系ICカードを入れて使うのもおすすめです。

レザーについて


所作のレザーは、堅牢な植物なめしのジャパン・レザー。注意点としては、ラッカー着色といった後加工がされていないことから、もともと小傷などがある場合があるということです。これは逆に言うと革本来の質感を楽しめるということなので、そういった部分への理解が必要です。

僕が購入したのはヌバックの所作なのですが、何よりも手触りが素晴らしい。薄く起毛しており、手に吸い付くような感触。爪などが当たると白く線が入ってしまいますが、メンテナンスすれば問題ありません。

動画でもレビュー

画像だけでは雰囲気がつかみにくい場合もありますので、今回は動画も作成してみました。

購入を検討している方の参考になれば幸いです!

長財布や二つ折り財布もおすすめです

所作はカードケースだけでなく、財布もおすすめ。特に長財布は袱紗っぽさ強く、より侘び寂びを感じる佇まいとなっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク



-Product