スポンサーリンク

Culture ガジェット

Domkeの万能カメラケース「プロテクティブラップ」

前回の記事で Konica C35 というフィルムカメラを紹介しました。

中古で購入したのですが、付属の純正ケースがボロボロだったため新しいケースを探していました

いくつかケースを購入して試したのですが、レンズ部分のせいでどれも入らないんですよね。

Konica C35 はコンパクトなカメラなのでケースもなるべくジャストサイズにしたいところなのですが、なかなかぴったりのケースが見つかりませんでした。

そして、やっと「これで良いかな」というケースを見つけました。

それが Domke(ドンケ)という老舗カメラバッグメーカーの「プロテクティブラップ」です。

スポンサーリンク

まさに「風呂敷」

僕が購入したのは、プロテクティブラップの中でも一番小さい S サイズ(11 インチ)です。

ぱっと見はただの布ですが、あなどるなかれ。

この布の四隅にマジックテープがついていて、まるで風呂敷のようにカメラを包むことができます。

これならどんな形のモノも包んで保護できます。

普通のケースにはない斬新なアイデアですね。アマゾンで見つけたときは「おお!」となりました。

日本人としては風呂敷という日本古来の伝統があるので、どちらかといえば親近感が湧きますね。

実際に包んでみた

さっそく、僕の Konica C35 を包んでみることにしました。

まずは中央に置いて・・・

両サイドの角を折ります。

たるまないように布を引っ張りながらマジックテープで固定します。

あとは残りの角を折り曲げるだけ。

はい、完成です。

なんかオニギリみたいにコロンとした見た目になりました。布自体も分厚過ぎず、そこそこのクッション性があるのでカバンの中にポイっと入れていても安心です。

ただ純正ケースに比べると厚みがあるので、一回りくらい大きくなってしまうのはネックですね。

僕が普段使っている小さめのウェストバッグにも入らなくなりました。まあウェストバッグだけで散歩するときは基本的に他の荷物も少ないですし、裸で利用すれば良いのかなと思います。

旅行や遠出などで大きめのバッグに入れるときに、このプロテクティブラップを使う予定です。

マンフロットのケースはフィルム用に

これなら、Konica C35 も入るかなと購入したマンフロットの「ナノ・カメラポーチ 3 型」。

結局レンズ部分のせいで微妙に入らず失敗してしまいましたが、ケース自体はけっこう気に入っていてフィルム用に使っています。

上の写真のようにフィルムがちょうど二個入ります。

僕は結局 Domke のプロテクティブラップを購入してしまいましたが、「6 型」という少し大きめのサイズなら入ったのかもしれません。試していないのでわかりませんが・・・

とりあえずは Domke で満足しているのでこのまま使っていきます。

 

 

ちょうど良いケースがないときに

Domke のプロテクティブラップはカメラに限らず、ノートパソコンのケースなどさまざまな用途で使えます。

モノの形を選ばないのが良いですね。

ちょうど良いケースが見つからないときにどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。名古屋・京都・東京を転々とし、現在はイギリスに拠点を移しブロガー兼フリーランス翻訳者として試行錯誤する毎日を送っている。ロンドンから生の音楽シーンやカルチャーを届ける他、一生モノのプロダクトを紹介。趣味はマジックとけん玉。

スポンサーリンク



-Culture, ガジェット
-