スポンサーリンク

ガジェット

Galaxy Buds Live はカナル型が苦手な人におすすめな豆

2020/10/15

数か月前の記事でインナーイヤー型の完全ワイヤレスが欲しいと書いたのですが...

インナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンが欲しい

いろいろ悩んだ結果、5~6 か月待って Galaxy Buds live を買うことにしました。

購入してから 1 か月近く使用しましたのでレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

見た目は完全に豆!

ケースをパカっと縦に開けるとキラキラとした豆が 2 つ収められています。

ケースはまるで宝石箱。

見た目は完全に豆ですね。海外でもよく Beans と呼ばれています。

これは「ミスティック ブラック」という黒っぽい色ですが、「ミスティック ブロンズ」はまさに小豆。

良いところ

  • 縄跳びしても落ちない
  • 装着していることを忘れるほどのフィット感
  • バッテリーの持ちが良い(イヤホン単体で6時間、ケース併用で21時間使用)
  • 音質はそこそこ
  • 自分の声や咀嚼音が響かない(カナル型だと気になる点)
  • USB-C で充電できる

今回は AirPods からの買い替えとなります。

AirPods と比較して良かったのは特に「フィット感」「バッテリーの持ち」「USB-C」ですね。

フィット感

AirPods は耳にひょいと載せる感覚ですが、Galaxy Buds Live は耳に埋め込むような感覚に近いです。

装着するのに少しコツが必要で、位置をうまく微調整するとクリアに聞こえる場所があります。最初それに気が付かず「音質悪っ!」と思っていました。

AirPods と比べると少し圧迫感がありますが、うまくフィットすると耳と一体化します。映画館で途中まで気づかず映画を観ていたこともあります・・・

長時間装着していると少し耳が痛くなりました。耳の穴が小さい方には少し不向きかもしれません。

しっかりフィットすると縄跳びしてもバーピーしても落ちないので、ワークアウトにも最適です。

こちらの方も動画で激しい運動を行なっていますが、全く落ちません↓

ただし、防水は IPX2 なのであまり期待できません。雨や大量の汗は避けた方が良いかもしれません。

音質はそこそこ

音質は良くも悪くもない感じ。アプリで調整できますが、低音が結構強めです。

どちらかと言うと機能性重視で、良い音を楽しむというよりは散歩やワークアウト中に BGM 感覚で音楽やポッドキャストを楽しむといった使い方になるかと思います。

AirPods よりもしっかり耳が密閉されているためか、電車など騒音がある場所でも聞こえやすい気がします。

微妙なところ

  • ノイズキャンセリングは効いてるか分からないレベル
  • 指紋が付きやすい
  • タッチ感度が良すぎる
  • 少し蒸れる

ノイキャンはいまいち効いているのかわからないレベルなので期待しない方が良いです。

本体をタッチして操作できるのですが、感度が良すぎてちょっと触れただけでも反応してしまいます。思い切ってタッチ機能を無効にしたら快適になりました。おすすめです。

あとメタリック素材なので指紋が気になるのと AirPods に比べると少し蒸れるので、こまめに除菌シートで拭くようにしています。

まとめ

個人的には気に入っていますが、やはり AirPods に比べると密閉感があるので好みは分かれそうです。うまくフィットする方には、ベストなオープンイヤー型イヤホンです。

カナル型が苦手で AirPods に飽きてきた方は、選択肢の一つにどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。名古屋・京都・東京を転々とし、現在はイギリスに拠点を移しブロガー兼フリーランス翻訳者として試行錯誤する毎日を送っている。ロンドンから生の音楽シーンやカルチャーを届ける他、一生モノのプロダクトを紹介。趣味はマジックとけん玉。

スポンサーリンク



-ガジェット