スポンサーリンク

Product

【プロダクト】トラベラーズノートを使い始めました。自分専用にカスタマイズできて愛着が湧く。

こんにちは。
Cul-into.comのmagiyamaです。

今回紹介するプロダクトは『トラベラーズノート』。

2年前から色んなブログで取り上げられたり、本屋やLoftなどで見かけるようになりましたが、僕もついに購入してしまいました。

スポンサーリンク

トラベラーズノートを購入

パスポートサイズの黒色に決定

僕が購入したのは黒レザーのパスポートサイズです。

最近、黒レザーにハマっています。
黒色だと色の変化はありませんが、使用に伴い綺麗なツヤが出てきます。

左:グレンロイヤル 中央:トラベラーズノート 右:Hender Schemer

サイズはパスポートサイズです。

通常サイズと迷いましたが、より少ない荷物にしたいのと、持ち運びを考えると、小さいサイズの方が丁度良いかなと思いパスポートサイズにしました。ポケットやカバンにポイっと入れて気軽に使いたいですね。

もともとのコンセプトであるトラベル(旅行)に忠実に従うとしたら、通常サイズが良いかもしれませんね。旅行で使いたい人は、通常サイズの方が沢山書き込めて良いかも。

自分好みにカスタマイズができる

このトラベラーズノートの魅力は自分好みにカスタマイズできるところです。
そのためのリフィルや専用アクセサリが充実しています。

僕は追加で「方眼ノート」「クリアポケット」「連結ゴム」「ペンホルダー」を購入しました。

ノートは300円と安いです。
全部書き込んでしまったら気軽に次のノートを購入して差し込めます。

2冊目に方眼ノートを選んだのはブログや創作活動のアイデアを書き込んだりしたかったからです。方眼だと文字や絵、図の大きさを意識して書き込むときに便利。

追加ノートは専用の連結ゴムを使います。

こんな感じ。

クリアポケットはチケットの半券や後で整理したいものを入れるために追加しました。


クリアポケットは他のノートの下に滑り込ませるだけ。


ペンホルダーは800円程でちょっと高いなという印象。

これがあればペンを差し込みながら持ち運びが可能になります。「ペンを忘れてしまった!」ということを防ぐことを想定。

しかし、正直なところ、ペンホルダーはいらないかもしれません。ペンのズレによる引っ掻き傷などを変に意識してしまって「気軽に使用したい」という目的から外れてしまっては本末転倒なので、しばらく使用して邪魔になるようだったら取り外してしまおうかと考えています。

ちなみに全て揃えるとこんな感じ。

それっぽくなります。

用途は?

僕の用途を紹介します。
1冊目の用途は芸術鑑賞ノートにしようと思っています。

1年に結構な頻度でライブや舞台、映画など鑑賞しますので、ただ行くだけじゃなくて簡単でもちゃんと記録していきたいなと思ったのがきっかけです。

チケットの半券を貼っていけたらと考えています。

こんな感じで。

あと鑑賞ではないですが、読書の記録用としてもまとめて使おうかなと思っています。

億劫にならないように簡単な一言感想を心がけて...
1冊使ったら次のノート、というようにどんどんためていけたら良いですね。

二つ目の方眼ノートは先ほど紹介した通りです。
日々のアイデアを書き込んだり、基本的にメモ帳として特に縛りを与えずに自由に使っていきたいと考えています。

トラベラーズノートはまだ購入したばかりですが、沢山使って馴染ませ、自分だけのトラベラーズノートにしていきたいです。
『トラベラーズ』という名前の通り、いつかは旅行の記録用としてもノートを追加して使いたいですね。

想像しただけでもワクワクします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。名古屋・京都・東京を転々とし、現在はイギリスに拠点を移しブロガー兼フリーランス翻訳者として試行錯誤する毎日を送っている。ロンドンから生の音楽シーンやカルチャーを届ける他、一生モノのプロダクトを紹介。趣味はマジックとけん玉。

スポンサーリンク



-Product
-