スポンサーリンク

音楽

【プロ野球】選手登場曲がセンスあふれるチームを独断と偏見でランキングしてみた~パリーグ編~

2019/07/18

2019年もプロ野球ペナントレースが盛り上がっていますね。僕は阪神ファンなのですが、今シーズンはなかなか調子が良くて、楽しくテレビ観戦しています。

さて、球場での音楽といえば、各選手の応援歌やチャンステーマなどが印象深いと思いますが、僕が注目しているのは、選手の個性が出ていて面白い「選手登場曲」です。

選手登場曲とは、選手がバッターボックスあるいはマウンドに登場する際に流れる個人個人のテーマ曲のことで、基本的に選手が好みの曲を選択していることが多いです。やはり球場で流れるということで、誰もが知っている曲や盛り上がる曲、元気の出る歌詞の曲をチョイスしている選手が多いのですが、そんな中、Culintoの琴線に触れるようなマニアックな曲選択をしている選手もいます。

そこで今回は、各球団の選手がそれぞれ設定している登場曲を球団単位で見比べ、どのチームがセンスを感じる登場曲をチョイスしているのか、独断と偏見でランキングしていこうと思います。

尚、全選手を対象とすると非常に数が多くなるため、2019年の開幕スタメンオーダーの登場曲を比較対象とします。

スポンサーリンク

第1位 千葉ロッテマリーンズ

打順(守備) 選手 登場曲
1(中) 藤原 Symphony(feat.Zara Larsson) - Clean Bandit
2(右) 加藤 笑顔のループ - AAA(1、3打席目以降)、夢のチカラ - 上戸彩(2打席目のみ)
3(二) 中村奨 Wasted Nights - ONE OK ROCK、Nothing Helps - ONE OK ROCK
4(一) 井上 うたエール - ゆず
5(左) 角中 君のうた - 嵐(1打席目)、オリジナル曲 KK SPARK - TSUKASA feat.JUN(2打席目)、もぐらの唄 - EXPRESS(3,4打席目)、君のうた(後半の相葉ソロから) - 嵐(5打席目以降)
6(三) レアード Suavemente - Elvis Crespo(1打席目)、Money Tree(feat.Jay Rock) - Keudrick Lamar(2打席目)、Stony Haze - Still Kickin' ※以降は1~3をリピート
7(指) バルガス Preciosa - Marc Anthony(1、3打席目)、Caro - Bad Bunny(2打席目)、Jefe - Daddy Yankee(4打席目)※以降はリピート
8(捕) 田村 One More Time(Otra Vez)feat.R - Super Junior(奇数打席)、Holiday - SEVENTEEN(偶数打席)
9(遊) 藤岡 Follow Me (featuring Jason Derulo) - Hardwell
先発 石川 Love Never Felt So Good - Michael Jackson,Justin Timberlake

参考:千葉ロッテマリーンズHP:選手登場曲(2019/5/28時点)

僕が独断と偏見で決める、パリーグで、開幕スタメンの選手登場曲のセンスがNo.1のチームは、千葉ロッテマリーンズです。

外国人選手が2人開幕スタメンであるとはいえ、マリーンズの登場曲は洋楽が多めの印象。

ロック、HIPHOP、そしてJPOPとセンスのバランスがいいのですが、中でも僕がNo.1に選んだ理由として最も大きいのは、石川投手の選曲「Love Never Felt So Good」です。1983年にマイケル・ジャクソンとポール・アンカによって製作されたものの、スリラーの大ヒットで多忙になったことによりレコーディングが中止され、一旦ジョニー・マティスへ提供されました。それを2014年ににマイケル・ジャクソンの楽曲としてリリースしたという背景がある楽曲です。

石川選手が使用しているのは同時に発売された、ジャスティン・ティンバーレイクとのデュエットバージョン。楽曲はもちろんMVも最高で、マイケルへのリスペクトにあふれた素晴らしい作品です。この作品を選んだ石川選手、さすがです。

そのほかにも藤原選手のClean Banditのチョイスや、バルガス選手の好みも面白く、僕の中では文句なく1位でした。

 

第2位 北海道日本ハムファイターズ

打順(守備) 選手 登場曲
1(三) 淺間 風に吹かれても - 欅坂46、期待していない自分 - けやき坂46
2(中) 西川 Uproar (featuring Swizz Beatz) - リル・ウェイン
3(指) 近藤 Boys Meet U - SHINee
4(一) 中田 MY BROTHER - ビーグルクルー、PERFECT HUMAN - RADIO FISH
5(左) FLY OUT ‐ 兄弟本色 G.U.T.S
6(右) 太田 You Give Love a Bad Name - BONJOVI、It's My Life - BONJOVI
7(二) 石井 Kiss You - One Direction
8(捕) 鶴岡 Gone, Gone, Gone - Phillip Phillips
9(遊) 中島卓也 RUN - 佐藤広大
先発 上沢 High Hopes - Panic! At The Disco

参考:北海道日本ハムファイターズHP:選手登場曲(2019/5/28時点)

ファイターズの登場曲は、ワールドワイドな印象。坂道シリーズで日本のトレンド感もありつつ、BONJOVI、 One Direction等、洋楽の定番も押さえてあります。SHINee、兄弟本色 G.U.T.Sでアジアの音楽にも触れることができるという、充実具合です。

気になったのは王選手の登場曲「FLY OUT」。台湾の5人組ヒップホップユニット 兄弟本色 G.U.T.Sの楽曲です。YoutubeではMVが7000万回以上再生されている人気曲で、普段なかなか聞けない台湾HIPHOPを知れたのはポイントが高いです。

選手の好みがなかなか反映されつつも、中田選手のようにファンが楽しめる選曲もあり、バランスの良さ感じたので2位としました。個人的にパンチのある楽曲が無かったのが一位との差というところでしょうか。

 

第3位 埼玉西武ライオンズ

打順(守備) 選手 登場曲
1(左) 金子侑 (奇数打席):Footprint - Ms.OOJA、(偶数打席):My way My life - 安田レイ
2(遊) 源田 もっと遠くへ - レミオロメン
3(中) 秋山 人にやさしく - THE BLUE HEARTS
4(一) 山川 オジー自慢のオリオンビール(エイサーバージョン) ‐ BEGIN
5(捕)  (奇数打席):The Real Slim Shady - Eminem 、(偶数打席):Pure Water - Mustard, Migos
6(二) 外崎 Miracle Game ‐ TUBE
7(指) 栗山
8(三) 中村 ムカイカゼ - HOME MADE 家族
9(右) 木村 (奇数打席):ひまわり - TUBE、(偶数打席):夏を抱きしめて - TUBE
先発 多和田  ‐ スピッツ

参考:埼玉西武ライオンズHP:選手登場曲(2019/5/28時点)

ライオンズの登場曲は、一言でいうと「ものすごくイメージ通り」です。森選手のHIPHOPや、山川選手の沖縄推し、秋山選手の人にやさしくなど、ライオンズファンではない僕が見ても、その選手のイメージにぴったりとあてはまる曲が多いですね。

TUBEの曲を使用している選手が2名いるというのは意外でしたが、強打の西武打線ですから、夏×TUBE×打線爆発で球場が盛り上がることは間違いなしです。

変に格好つけることなく自分のイメージにぴったりな曲を選んでいること、それがチームカラーとも合っていることが、こなれた感じがして3位としました。

 

以降は順位横並び。紹介のみしたいと思います。

4位以降は3球団横並びです。今回上位にはしませんでしたが、どの球団もカラーが出ていて面白い。紹介のみさせていただきます。

福岡ソフトバンクホークス

打順(守備) 選手 登場曲
1(二) 牧原 drama - AAA、グロリア - EXILE TAKAHIRO、ワンダフルデイズ - ONE DRAFT、Love you only - TOKIO、さよならの前に - AAA、Grip! - Every Little Thing、My Place - ビーグルクルー、甲賀忍法帖 - 陰陽座、イチバンボシ - Alice、風のららら - 倉木麻衣
2(遊) 今宮 777~We can sing a song - AAA、北風と太陽 - E-girls、だから、ひとりじゃない - Little Glee Monster、ヒマワリ - E-girls
3(中) 柳田 シグナル - WANIMA、ともに - WANIMA、ララバイ - WANIMA、行くぜ怪盗少女 - ももいろクローバーZ、アゲイン - WANIMA
4(指) デスパイネ Dura - Daddy Yankee、METELE CON TO - デスパイネオリジナル曲、Hula Hoop - Daddy Yankee
5(左) グラシアル Scooby Doo Pa Pa - Dj Kass
6(一) 内川聖一 ひまわり - 遊助、Fight Song - レイチェル・プラッテン、いま太陽に向かって咲く花 - NOBU、AHHHHHH! - 久保田利伸、AGAIN - DREAMS COME TRUE
7(三) 松田宣 ギンギラギンにさりげなく - 近藤真彦、Ultra Soul - B'z、男の勲章 - 嶋大輔、Beautiful Now - Zedd、GUTS! - 嵐、三十路少年 - 関ジャニ、U.S.A - DA PUMP、マリーゴールド - あいみょん、パプリカ - Foorin
8(右) 上林 Number51 - Natural Radio Station、HERO - イーシス
9(捕) 甲斐 あなたに贈る歌 - ぱんちゆたか、ありがとうの輪 - 絢香、常超 - 山猿
先発 千賀 DEJAVU - AAA、ココロのちず - BOYSTYLE、ありがとう - FLOW

参考:福岡ソフトバンクホークスHP:球場使用曲一覧(2019/5/28時点)

ホークスの登場曲はJPOPが中心です。懐メロからアニメソングまで幅広いですが、かぶっているアーティストも多く、どこか統一感はあるように感じます。また、とにかく使用曲が多いのが特徴ですね。ここまで増やすと何が何だか(笑)

印象に残ったのは、柳田選手のWANIMA好きと、ONEPIECEや銀魂のアニメOPが登場していて世代を感じる点です。また、牧原選手、デスパイネ選手、上林選手はオリジナルの楽曲を使用しているというのも良いですよね。ファンにとっては印象に残ります。

 

オリックス・バファローズ

打順(守備) 選手 登場曲
1(二) 福田 バリバリ最強No.1 - Feel So Bad
2(中) 西浦 START IT AGAIN - AK-69(奇数打席)、Na,Na,Na,Na - NG Head(偶数打席)
3(指) メネセス La Chona - ロス・トゥカネス・デ・ティファナ
4(左) 吉田 何かひとつ ( Producer's Acoustic Version)-  若旦那(奇数打席)、Alive - シーア(偶数打席)、Macho Man(チャンス時) - The Village People
5(三) 頓宮 - 侍
6(右) 小田 CHARM - WANIMA
7(一) T-岡田 ライトスタンド - ベリーグッドマン 、カーニバル(チャンス時) - ケツメイシ
8(捕) 若月 シェリー(奇数打席)- 尾崎豊、パラダイス銀河(チャンス)- 光GENJI、DAN DAN 心魅かれてく(偶数打席) - The FIELD OF VIEW
9(遊) 安達 うれしい!たのしい!大好き! - DREAMS COME TRUE、CLAP ADACHI!!(チャンス時) - オリジナル
先発 山岡 虹- AAA

参考:オリックス・バファローズHP:選手登場曲(2019/5/28時点)

バファローズの登場曲は、JPOPが中心といった感じですね。安達選手はチャンス時のオリジナル登場曲を持っています。

気になったのは、メネセス選手の登場曲「La Chona 」。故郷であるメキシコ色があふていれる、ピースフルな楽曲です。歌詞の意味は全く分かっていないのですが(笑)また、吉田選手のMacho Man、最高です。

東北楽天ゴールデンイーグルス

打順(守備) 選手 登場曲
1(中) 田中 キレイな唄 - 阿部真央、這い上がれMY WAY - 阿部真央(第3打席)
2(遊) 茂木 輝く月のように - Superfly
3(二) 浅村 交差点 (feat. Express) - Banty Foot(奇数打席)、Gashina - SUNMI(偶数打席)
4(左) 島内 僕らのために… - ケツメイシ
5(三) ウィーラー 24k Magic - Bruno Mars、Everythang - Young Jeezy、Big Poppa - The Notorious B.I.G.、Cold ft. Future - Maroon 5
6(一) 銀次 蘇生 - Mr.Children、傷だらけのヒーロー - TUBE(第3打席)
7(指) ブラッシュ Better - Khalid
8(捕) 熱くなれ - 大黒摩季
9(右) オコエ Purple Lamborghini - Skrillex & Rick Ross(得点圏)、Sunflower - Post Malone, Swae Lee(得点圏以外)
先発 not all about the money - LA LA LAND feat. Timbaland

参考:東北楽天ゴールデンイーグルスHP:選手登場曲(2019/5/28時点)

イーグルスはHIPHOPが中心。オコエ選手の選曲は特にイメージ通りでした。

また、ウィーラー選手の登場曲「24k Magic」はノリノリになれる良いチョイスですよね。あとは嶋選手の「熱くなれ」。洋楽に挟まれつついい味を出しています。

 

 

セリーグ編はこちら。

【プロ野球】選手登場曲がセンスあふれるチームを独断と偏見でランキングしてみた~セリーグ編~2019

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
ぽてと
1990年生まれ。兵庫県在住の会社員。無理しない範囲で、質の高いプロダクトを収集している。趣味はジャグリングとストリートダンス動画鑑賞。

スポンサーリンク



-音楽