スポンサーリンク

生活日用品

「LIQUIPROOF」で雨もへっちゃら。スウェード靴に最適な撥水スプレー

UKアマゾンで良さげな撥水スプレーを発見しました!

それが今回紹介する英国発の撥水スプレー「LIQUIPROOF」です。

布生地であれば、最強の撥水加工を施すことができます。特にスウェード生地の革靴におすすめ。

スポンサーリンク

LIQUIPROOFは英国発の撥水スプレー

LIQUIPROOFは、2011年にイギリスで販売開始されたナノテクノロジー撥水スプレー。

スウェード生地をはじめ、あらゆるファブリック素材に効果があります。

例えば、キャンバス生地のスニーカー、コットン素材のトートバッグ、ツイードのジャケット、スウェードやヌバックレザーの革靴などに有効です。※オイルが染み込んだ生地は対応していません。

雨の多い「イギリス」発ということで、これは期待できそうな予感。

UKアマゾンで評価は高めです。

日本であまり知っている人は少ないかもしれませんが、英国製品のセレクトショップ「BRITISH MADE」さんにも取り扱いがあります。

「水」をベースとしたスプレー

LIQUIPROOFは水をベースとした成分の撥水スプレー。使い方はちょっと変わっています。

LIQUIPROOFは散布した後、ブラシを使って液体を染み込ませて表面をコーティングします。

成分は水ベースなので生地に優しく、撥水効果は長時間続くとのこと。

無臭で不燃、そしてエコフレンドリー。大切なスウェード靴におすすめです。

LIQUIPROOFの使い方

では、実際に使ってみて気になる効果を確認します。

僕の愛用しているニューバランス(スウェード生地)に撥水加工を施します。撥水スプレーを探していたのは、実はこれが目的。大事なニューバランスを長く使うためです。

ニューバランス「770」を購入。イギリス製の珍しいモデル

①ブラシで埃を取り除く

ブラシを使って、表面の細かいゴミや汚れを取り除きます。

より効果を上げるために大切な作業です。

②スプレーを吹きかける

ここでLIQUIPROOFの登場。

10~15cmほど離して、全体的にスプレーを吹きかけます。素材が湿るまでしっかりと。

③ブラシで液体を染み込ませる

ここでブラシを使って、表面に付いた液体を生地にしっかりと染み込ませます。

④2〜3を繰り返す

10分ほど間隔をあけ、②〜③の手順を繰り返します。

3回ほど繰り返すの効果的だそうです。

⑤風通しの良い場所で24時間放置

風通しの良い場所に24時間置いて、自然乾燥させます。この手順でコーティングが生地に定着します。

しっかり乾燥させたら終了です!

気になる撥水効果をテスト

見た目に特に変化はありません。撥水加工されているとは思えないほど自然な状態。

気になるのはその「撥水効果」です。では、この靴に水をかけてみたいと思います!

水をかける!!!

おそるおそるスニーカーに水をドバッと。手が震えます。

・・・びっくり。

水が表面を綺麗に流れ落ちていきました。なんだこの無敵のバリアは。

余談ですが、この靴はメッシュだということを忘れていました。当たり前ですが、メッシュの部分は普通に冷たいです(笑)。

もう少しドバドバかけた様子は、こちらの動画で。おもしろいくらいに水をはじきます。

まとめ

LIQUIPROOF、その撥水効果に驚きました。

せっかくのスウェードスニーカーが雨で汚くなってしまうのは嫌だなと思ってましが、これで安心して外を歩けます。

もちろん靴だけでなく、布地の帽子やカバンなどにも使えます。

だいたい「1本でスニーカー2足分」使えるみたいです。まだ少し余っているので、カバンにも塗布しようかなと考えています。

ロンドンで人の靴を観察するのですが、けっこう汚め。みんな、これを使えば良いのに。

他にもスムーズレザーの革靴に特化した撥水スプレーがあります。マーチンを撥水にしたい場合は、こちらを選びましょう。僕もマーチンに使おうかな・・・

こっちは今回使った通常のファブリック生地向けのLIQUIPROOFです▽▽

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。名古屋・京都・東京を転々とし、現在はイギリスに拠点を移しブロガー兼フリーランス翻訳者として試行錯誤する毎日を送っている。ロンドンから生の音楽シーンやカルチャーを届ける他、一生モノのプロダクトを紹介。趣味はマジックとけん玉。

スポンサーリンク



-生活日用品
-,