スポンサーリンク

音楽

【プロ野球】選手登場曲の選曲センスを独断と偏見でランキングしてみた2020~パリーグ編~

待ちに待った2020年のプロ野球ペナントレース、やっと開幕しましたね。

今年は無観客試合での開幕ということで、スタンドでの観戦はしばらく難しいかもしれませんが、冷房の効いた自宅で、お酒片手にTV観戦というのも至高の時間であることに変わりはありません。

さて、ここからが本題なのですが、現地はもちろん、テレビ観戦していても、球場で流れる音楽というのは気になりますよね。中でも僕が注目しているのは、選手の個性が出ていて面白い「選手登場曲」です。

選手登場曲とは、選手がバッターボックスやマウンドに登場する際に流れるテーマ曲のことで、基本的には選手自身が好みの曲を選択していることが多いです。やはり気持ちが上がるような選曲が多いのですが、時々趣味を全開にしている選手もいて、詳しく見ていくととても興味深いです。

そこで今回は、各球団の選手の登場曲を球団単位で見比べ、どのチームがCulintoの好みに合うのか、独断と偏見でランキングしていこうと思います。

尚、全選手を対象とすると非常に数が多くなるため、2020年の開幕スタメンオーダーの登場曲を比較対象とします。

スポンサーリンク

第1位 埼玉西武ライオンズ

打順(守備) 選手 登場曲
1(左) スパンジェンバーグ THE OUTSIDERS - Eric Church
2(遊) 源田 もっと遠くへ - レミオロメン
3(捕) The KING - ANARCHY、Dear Family - Red Eye
4(一) 山川 オジー自慢のオリオンビール(エイサーバージョン) ‐ BEGIN
5(捕) 外崎 Miracle Game ‐ TUBE、Chandelier - Sia
6(三) 中村 ムカイカゼ - HOME MADE 家族
7(指) 栗山 あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ - クレイジーケンバンド
8(右) 木村 (奇数打席):ひまわり - TUBE、(偶数打席):Share Happiness - BREATHE
9(中) 金子侑 HEROES - Ms.OOJA、Footprint - Ms.OOJA
先発 ニール Light It Up (feat. Nyla & Fuse ODG) [Remix] - Major Lazer

参考:埼玉西武ライオンズHP:選手登場曲(2020/6/19時点)

ライオンズの登場曲は、昨年同様、選手のイメージに合った選曲です。森選手の洋楽ラップから日本語ラップへ変更や、秋山選手の人にやさしくが聴けなくなったのは、個人的には少しマイナスポイントですが、山川選手や中村選手の選曲にはこだわりを感じますし、外崎選手の選曲は非常に興味深いです。

また、栗山選手の登場曲「あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ」は、球界で酸いも甘いも知るベテランらしい選曲で、非常にセンスを感じました。

球場で聴いて違和感がありそうな曲は無く、ひとりひとりの選曲数も少ない点が、思いの詰まった1曲であることを想像させ、好印象です。

 

第2位 千葉ロッテマリーンズ

打順(守備) 選手 登場曲
1(中) 福田秀 歌にするから - wacci
2(指) 角中 君のうた - 嵐(1打席目)、KK Fire - TSUKASA feat.JUN(2打席目)、もぐらの唄 - EXPRESS(3打席目)、君のうた(後半の相葉ソロから) - 嵐(4打席目以降)
3(左) 荻野 Clock Strikes - ONE OK ROCK
4(三) レアード ROCKSTAR(feat.Robby Rich) - Dababy (1打席目)、The Box - Roddy Ricch (2打席目)、WHATS POPPIN - Jack Harlow (3打席目)※4打席目以降は1~3をリピート
5(右) マーティン Loco Contigo - DJ Snake
6(二) 中村奨 Eye of the Storm - ONE OK ROCK (1、2打席目)、Nothing Helps - ONE OK ROCK (3打席目以降)
7(一) 井上 うたエール - ゆず
8(捕) 田村 P.A.R.T.Y〜ユニバースフェスティバル - DA PUMP
9(遊) 藤岡 Follow Me (featuring Jason Derulo) - Hardwell
先発 石川 Love Never Felt So Good - Michael Jackson,Justin Timberlake

参考:千葉ロッテマリーンズHP:選手登場曲(2020/3/12時点)

昨年僕が1位に選んだ千葉ロッテマリーンズ。昨年同様、マリーンズの登場曲は洋楽が多めの印象。昨年の開幕スタメンに名を連ねた藤原選手の不在や、バルガス選手の退団で、好みの楽曲は少なくなったのですが、石川選手の選曲が非常に気に入っているためこの順位にしました。

石川投手の登場曲「Love Never Felt So Good」は、1983年にマイケル・ジャクソンとポール・アンカによって製作されたものの、スリラーの大ヒットで多忙になったことによりレコーディングが中止され、一旦ジョニー・マティスへ提供された後、それを2014年ににマイケル・ジャクソンの楽曲としてリリースしたという背景がある楽曲です。石川選手が使用しているのは同時に発売された、ジャスティン・ティンバーレイクとのデュエットバージョンです。

また、田村選手はDA PUMPのアゲアゲな一曲を選んでいて、マリーンズの開幕バッテリーは面白いチョイスですよね。

 

第3位 福岡ソフトバンクホークス

打順(守備) 選手 登場曲
1(右) 上林 GOLDEN NUMBER 51 - Natural Radio Station、HERO - イーシス
2(一) 栗原 Circle of Life - Nants' Ingonyama、ライトスタンド - ベリーグッドマン
3(中) 柳田 ともに - WANIMA、STAYIN ALIVE - JUJU
4(指) バレンティン la maxima - rochy rd × El Mayor Clasico、No Tengo Para - rochy rd × El Mayor Clasico、Mera Woo - El Alfa、Coronao Now - El Alfa
5(左) 長谷川 Do It - Tuxedo、Go So Far - NORIKIYO、Stand For The Light - 宮田悟志、いかれたBABY (CUT CREATOR$ REMIX) - underslowjams
6(三) 松田宣 ギンギラギンにさりげなく - 近藤真彦、白日 - King Gnu、P.A.R.T.Y〜ユニバースフェスティバル - DA PUMP、バケバケNight - DA PUMP、Ultra Soul - B'z、パプリカ - 米津玄師
7(遊) 今宮 北風と太陽 - E-girls、笑顔のグラデーション - chay、EG-ENERGY - E-girls
8(捕) 甲斐 あなたに贈る歌 - ぱんちゆたか、ありがとうの輪 - 絢香、常超 - 山猿、無口な明日をきらわないで - 山猿、ひとりぼっちの夜に - 山猿、君の太陽 - 山猿、熱くなれ - 大黒摩季
9(二) 牧原 愛のために ~for love, for a child~ - EXILE
先発 東浜 ホワイトビーチ - HY

参考:福岡ソフトバンクホークスHP:球場使用曲一覧(2020/6/19時点)

ホークスの登場曲は、ひとりひとりの選曲数が多いので、ファンにとっては少しイメージが定着しづらいかもしれません。ただJPOPが多く全体的に統一感はある気がします。

昨年は3位以内には入らず、今年も昨年と大きく印象は変わらないものの、今年は3位にしました。

その理由は長谷川選手の選曲「Do It」。ファンキーでダンサブルなこの曲が球場に流れると、選手本人も観客もテンションが上がること間違いなしですよね。

また、東浜選手がHYの楽曲を選択しているというのも、故郷の風を感じさせて好印象です。

 

以降は順位横並び。紹介のみしたいと思います。

4位以降は3球団横並びです。今回上位にはしませんでしたが、どの球団もカラーが出ていて面白い。紹介のみさせていただきます。

北海道日本ハムファイターズ

打順(守備) 選手 登場曲
1(中) 西川 Uproar (featuring Swizz Beatz) - リル・ウェイン
2(右) 大田 You Give Love a Bad Name - BONJOVI、It's My Life - BONJOVI
3(指) 近藤​ Boys Meet U - SHINee
4(一) 中田 MY BROTHER - ビーグルクルー、PERFECT HUMAN - RADIO FISH
5(左) FLY OUT ‐ 兄弟本色 G.U.T.S
6(遊) 渡邉 pride - GReeeeN
7(二) 石井 ビリーヴァー - イマジン・ドラゴンズ
8(三) 野村佑
9(捕) 宇佐見 DAYS - FLOW
先発 有原 がんばれよ - TEE

参考:北海道日本ハムファイターズHP:選手登場曲(2019/9/27時点)

ファイターズは、球団サイトの選手登場曲ページの更新日が2019年9月でした。現時点では昨年とあまり変更がなく、もしかするとこれから更新されるのかもしれません。

昨年同様、王選手の登場曲「FLY OUT」は気になりますね。台湾の5人組ヒップホップユニット 兄弟本色 G.U.T.Sの楽曲、YoutubeではMVが7000万回以上再生されている人気曲です。

昨年は2位だったのですが、登場曲が好みだった2019開幕バッテリーの上沢-鶴岡コンビがスタメンではなかったので、この順位となりました。

 

オリックス・バファローズ

打順(守備) 選手 登場曲
1(一) T-岡田 HandClap - Fitz and The Tantrums 、カーニバル(チャンス時) - ケツメイシ
2(指) ロドリゲス BENDICIONES - Bad Bunny
3(左) 吉田 何かひとつ ( Producer's Acoustic Version)- 若旦那(奇数打席)、Levels - Avicii (偶数打席)、Macho Man(チャンス時) - The Village People
4(右) ジョーンズ Welcome to Jamrock - Damian "Jr. Gong" Marley、Ymca - The Village People (チャンス時)
5(三) 中川 Make It Right (feat. Lauv) - BTS (奇数打席)、One Light - MY FIRST STORY(偶数打席)、IDOL - BTS (チャンス時)
6(二) 大城 俺たちのニライカナイ - 長渕 剛
7(捕) 若月 僕のこと - Mrs. GREEN APPLE、パラダイス銀河(チャンス)- 光GENJI
8(遊) 安達 子供たちの未来へ - ケツメイシ、CLAP ADACHI!!(チャンス時) - オリジナル
9(中) 後藤 Rise (feat. Jack & Jack) - Jonas Blue
先発 山岡 虹- AAA

参考:オリックス・バファローズHP:選手登場曲(2020/6/27時点)

バファローズの登場曲は、特にパンチのある選曲はないので上位にはしませんでしたが、ジョーンズ選手が日本人にもなじみのあるYMCAを選曲しているのが印象的です。

また、今シーズンはT-岡田選手が1番打者を打つことが多くなると思うので、試合開始早々に「HandClap」が流れるのは熱いですね。

東北楽天ゴールデンイーグルス

打順(守備) 選手 登場曲
1(遊) 茂木 希望の唄 - ウルトラタワー
2(三) 鈴木 告白 - FUNKY MONKEY BABYS
3(指) ブラッシュ Dexta daps - No Underwear、Drug lawd - Masicka
4(二) 浅村 交差点 (feat. Express) - Banty Foot
5(左) 島内 青空の下、キミのとなり - 嵐
6(右) ロメロ Woah - Lil Baby
7(一) 銀次 蘇生 - Mr.Children、Shake! Shake! Shake! - ナオト・インティライミ(第3打席)
8(捕) 太田 Dear Diary - 安室奈美恵
9(中) 辰巳 BACK TO BACK - Da-iCE
先発 則本 Out Of Orbit ~Triple ZERO~ - T.M.Revolution

参考:東北楽天ゴールデンイーグルスHP:選手登場曲(2020/6/19時点)

イーグルスは昨年とは結構変わっている印象で、外国人選手以外はJPOPが中心です。爽やかな曲が多く非常に好印象ではあるのですが、少し意外性には欠けるかなといった感じです。

 

 

2019年の選手登場曲はこちら。

【プロ野球】選手登場曲がセンスあふれるチームを独断と偏見でランキングしてみた~パリーグ編~

プロ野球カラー名鑑2020 【ポケット版/文庫サイズ】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.

スポンサーリンク



-音楽