スポンサーリンク

音楽

コロンビアの名機「GP-03」でレコードに癒される

YouTube で素敵なレコードプレーヤーを見つけました。

『在宅している』さんのルームツアー動画なのですが、4:49あたりに登場するレコードがとてもおしゃれなんですよね。

赤と白の配色がまるでファミコンみたいな小さなレコードプレーヤーです。

気になって調べたところ、「GP-03」という昔コロンビアが 80 年代に発売していたポータブルレコードプレーヤーがあるのですが、こちらはその復刻版として昨年 12 月に発売された ANABAS の「GP-N3R」のようです。

個人的にオリジナルの「GP-03」が気になりメルカリで探したところ、中古で 1 万円以下だったので買ってしまいました!

スポンサーリンク

赤と白の小さいレトロなプレーヤー

はい、こちらが GP-03 です!

見るからにレトロ感満載でたまりませんね。

赤い蓋はパカっと外せます。

まずは、ここで速度を 33 または 45 に切り替えられます。

スピード調整も可能

あとは、音量のつまみを適度に回して針を落とすだけ。モノラルスピーカーが内蔵されているのでアンプは必要ありません。

The XX「On Hold」7インチ

レコード独特のプツプツっという音とともに曲が流れます。

実際に聞いてみると、想像以上に良い音でした!

チープさが逆に良い味を出していて、温かみのある音に癒されます。もはやセラピー。

今手元にあるレコードだと特に Men I Trust、Clairo、DYGL、松下誠が最高に合う。

上の写真は Men I Trust の 12 インチです。本体が小さいのでレコードが大きく見えますが、問題なく再生できます。

鼈甲色のレコードが渋いですね〜。見ているだけでも惚れ惚れする。

イヤホン端子を使うと外部スピーカーに出力できますが、シンプルにこのままでも全然良いと思います。

あと一応、壁に立てかけてレコードを再生できるそうです。

レコードを止めるストッパーが紛失しているので試せませんが、インテリアとしても映えますね。レコードの交換が少しめんどくさそうですが(笑)

まとめ

古いのでいつ壊れるか分かりませんが、それでも買ってよかったと思えるレコードプレーヤーです。

もし壊れても修理して使い続けたいほど。

シンプルで使いやすいので、レコード初心者にもオススメです。レコードが初めての人は、きっと感動すること間違いなし。

僕もこの GP-03 が二台目ですが、初めてレコードで聞いたときは「おお、音出た!!」とそれだけで感動したのを覚えています。くるくる回るのを見てるだけでも新鮮で楽しいです。

中古品が心配な方は、復刻版の「GP-N3R」をお勧めします。新品ですし、保証もあると思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。名古屋・京都・東京を転々とし、現在はイギリスに拠点を移しブロガー兼フリーランス翻訳者として試行錯誤する毎日を送っている。ロンドンから生の音楽シーンやカルチャーを届ける他、一生モノのプロダクトを紹介。趣味はマジックとけん玉。

スポンサーリンク



-音楽
-