スポンサーリンク

生活日用品

Hender Schemeの「key bundle」をレビュー。2か月使用してのエイジング具合も紹介。

これまで、手持ちの鍵は自宅の鍵のだったので、特にキーケースの類は使用していなかったのですが、最近自転車を購入したこともあり、キーケースを使用し始めました。

今回購入したのが日本のレザーブランド、Hender Schemeの「key bundle」。

スポンサーリンク

Hender Schemeの「key bundle」を購入

購入のポイントは、機能的且つコンパクトで、お尻のポケットに入れてもストレスがないこと。エンダースキーマの直営店「スキマ」で購入しました。

洗練されたデザイン

表面

エンダースキーマの特徴の一つは、ブランドとして提唱している「身なりにおいてジェンダーを介することなく、人間の経験や環境によって構造化されたジェンダースキーマを超越する概念」に基づいた、美しいデザイン。

僕はエンダースキーマのロゴにとても美しさを感じています。また金具は当然、鍵を取り付ける部分としての役割ですが、デザイン的にも秀逸。

背面

スナップボタンで留める仕様となっており、コンパクトにポケットに収まります。

鍵の取り付け方


このキーバンドルは、両サイドの金具を回転させて取り外し、そこに鍵を取り付けることができます。

鍵の取り付け方については、以下の動画を参考にしてください。

2か月使用したエイジング具合は?

購入2か月後

キーバンドルを購入して、2か月が経過しました。自宅と自転車の鍵を収納していて、毎日お尻のポケットに入れて使用しています。特にメンテナンスはしていない状態で、このようなエイジング具合となっています。

表面に小さな傷が増え、ナチュラルレザーの色が少しずつ濃くなってきており、非常に良い雰囲気が出てきました。金具周辺が黒ずみ始め、これも良い味かなと思っています。

革も柔らかくなり、手に持った時の馴染み具合が「自分のものになったな」という感じがして、気分が上がります。

今後も長く愛用していきたいと思います。

オンラインショップはこちら

[エンダースキーマ] bellows wallet
[エンダースキーマ] key shackle

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
ぽてと
1990年生まれ。兵庫県在住の会社員。無理しない範囲で、質の高いプロダクトを収集している。趣味はジャグリングとストリートダンス動画鑑賞。

スポンサーリンク



-生活日用品