スポンサーリンク

カルチャー

【音楽】チャンス再来!世界最大の音楽フェス『グラストンベリー 2017』チケット再販売の日程が確定!!

こんにちは。
Cul-into.comのmagiyamaです。

みなさん、グラストンベリー・フェスティバル(Glastonbury Festival)って知っていますか?
有名なので洋楽好きやロック好きだと「当たり前だよ」と言う人もいるかもしれません。


グラストンベリー・フェスティバルとは世界最大規模の音楽フェスのひとつです。

また、最速でチケットが完売になることでも有名です。
ちなみに今年2017年開催予定のチケットは、135,000枚全てがたったの50分で完売してしまったそうです。

2017年の開催期間は6月21日(水)〜6月25日(日)

今年のヘッドライナーはRadiohead、Foo Fighters、Ed sheeranが務めます。

C8Jah4RUIAAHedS
きっと購入できなかった人やチャンスを逃してしまった人などいるかもしれません。
そんな方に朗報なのが、チケット再販売(リセール)です!

これだけの数のチケットです。
例年、チケットが完売した後、どうしてもキャンセル分が発生してしまうようです。

グラストンベリーにはそのようなチケット運営側は再販売する仕組みがあります。
一般チケットは前年の10月頃に販売されますが、再販売はその年の4月頃に行われます。

そして昨日4月10日(月)、ついにグラストンベリー2017のチケット再販売日確定の発表がありました!

公式サイトによると日程は以下の通りです。*イギリス時間です

【チケット再販売日】
コーチ(長距離バス) 付きチケット:
4月20日(火)18:00〜

一般チケット:
4月23日(金)9:00〜

価格はチケット代£238(約32600円)+予約手数料£5(約700円)です。

この機会に挑戦してみてはどうでしょうか?
グラストンベリーに参加した後、イギリス観光・・・いつか僕もトライしたい夢のひとつです。

ちなみに英紙『ガーディアン』の記事によると、2018年のグラストンベリーは開催しない可能性が高いようです。
さらに2019年には開催地であるワーシー・ファームから移転する計画もあり、開催は未定です。

しかも、主催者マイケル・イービス曰く、移転後に『グラストンベリー・フェスティバル』という名称が『ザ・バラエティ・バザー』に変わる可能性(!?)も示唆しています。そうなると、オリジナルである『グラストンベリー・フェスティバル』は実質2017年が最後になるかもしれません。

Glastonbury festival will move home in 2019 – as The Variety Bazaar
Festival founder Michael Eavis reveals future event will shift ‘halfway to the Midlands’ and go by different name before returning to normality in 2020

そう考えると、ますます今年の参加には価値があるように思えてきました。
このような面から今年の競争率は高いかもしれませんね。

いこうかな・・・悩みます。

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。愛知県出身。会社員ブロガー。興味の幅を広げすぎてしまったことをきっかけに、多様なカルチャーやプロダクトを紹介するブログ『Culinto』を立ち上げる。

スポンサーリンク



-カルチャー
-