スポンサーリンク

ファッション Product

ボーナスで通勤カバンの買い換えを検討中です・・・候補4つのカバンを紹介!

こんにちは。
Cul-into.comのmagiyamaです。

もうすぐボーナスですね。
僕はボーナスをもらったら、まずしたいことがあります。

それは、「仕事用カバンの買い替え」です。[no_toc]
今まで通勤で使っているメインのカバンはJack Spadeの「waxwear」で、出張や荷物が多いときは大容量の3way「beruf transform pack」です。

https://cul-into.com/2016/05/21/【ファッション】jack-spadeのwaxwearのカバンを手入れしてみ/
https://cul-into.com/2016/10/08/【プロダクト】3wayバッグ『beruf-transform-pack』を購入したので/

Jack Spadeのwaxwearは10年くらい使えるかなと思ったのですが、経年変化が早くてそれは難しそうです。営業用のカバンでもありますので、酷使しすぎて段々と味かボロボロなのか分からなくなってしまいました。営業職は第一印象印象が大事なので、仕事で使うのは控え、普段使いにシフトさせようと思います。

味かもしれないけど、ビジネスでは厳しい

そこでカバンの買い替えを検討しています。まだ決定していませんが、現在の候補を紹介します。同じようにカバンを探している方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

仕事用カバンの候補を紹介

①万双『双鞣和地 天ファスナー』

©mansaw.net

©mansaw.net

万双 | 最高品質の革鞄 ダレスバッグ等の販売
常に「世界最高峰の品質」でありながら「常識的な価格」で革製品をご提供すること。私たちは、日本のモノ作りの精神と技術の上澄みを結晶化した、独創的でありながら普遍的な

コスパ最強の革カバン。ブランドよりも品質を前面に押し出したカバンです。国内に実店舗が上野と神戸しかありません。あとはオンラインショップだけですが、現在売り切れのようです。購入するとなると、実店舗に直接行った方が良さそうですね。

丈夫で職人によって丁寧に作られているらしく、評判は良いです。本革なので仕方ありませんが、個人的なネックは重さです。1.5kgあるので、長時間持っていると重たく感じてしまうと思います。僕の場合、PCも持ち歩きたいと考えていますので…

経年変化を楽しみながら長年使え、デザインも渋くてカッコいいので、購入検討したいカバンのひとつです。

②Glenroyal 『ライトウェイトブリーフ』

©british-made.jp

©british-made.jp

Glenroyalはスコットランドの老舗革メーカー。ブライドルレザーが有名で、僕もGlenroyalの財布を持っています。

https://cul-into.com/2016/02/17/glenroyal-review/

このブリーフケースもブライドルレザーで作られています。革製品ですが、なんといってもその魅力は軽いことです。たったの700gらしいです。なかなか革カバンでこの軽さは珍しいです。

革を薄くすることで、軽量化を行なっているようですので、気になるのは耐久性ですね。荷物を詰め込みすぎてしまうと、型くずれの原因になりそうです。雨用のカバーも販売されている点は嬉しいですね。

ただ、ブライドルレザーは傷がつきやすく、雨に濡れてはダメなので注意が必要です。営業用にガンガン使う用途ではすぐ駄目になってしまう可能性も考えられます。

③バーニーズニューヨーク『ブリーフケース』

©onlinestore.barneys.co.jp

©onlinestore.barneys.co.jp

アメリカの高級百貨店によるブリーフケース。
丸っこいデザインで、エレガントです。

バーニーズニューヨーク公式 HP

カバンは合皮のようですが、その分耐久性があり、傷がつきにくい素材が使用されているようです。雨で濡れたとしても、ちゃんと拭く手間を惜しまなければ劣化もそんなにしないと店員さんも言っていました。丈夫であることは、営業カバンとしても大切なので、自分の中ではこのカバンは上位候補です。経年変化は楽しめませんが、本当にほしい革カバンが見つかるまではこのカバンでも良いかなとも思います。

似たデザインに『ガレリアント』というブランドのカバンがあります。

多少高くなりますが、機能的で評判も良くこちらもいいなと思っていました。しかし、ネックは肩掛けストラップがないことです。営業活動中、立ち話の間にパンフレットを渡す時などカバンを床に置くようなことはしません。また、トイレに行く時も不便に感じてしまいます。仕事用カバンとして検討するなら、やはり肩掛けストラップは僕にとってはマストな条件です。このデザインで肩掛けできたら、おそらく買っていました。

④PELLE MORBIDA(ペッレモルビダ)

「優雅な船旅に持っていきたくなる上品で良質なバッグ」をコンセプトに作られた日本ブランド。

重さは920gで軽く、傷がつきにくい素材のカバンです。牛革とナイロンを組み合わせた素材のようです。カバンの内側にはクッション付き収納があり、PCも入れられるので営業用のカバンとしては申し分ありません。デザイン面は少し派手な感じがしますが、高級感があってお洒落です。カバンの底には金具がありますので、床に置いた際のダメージは軽減されます。

少し値段が張りますが、耐久性を考えると候補に入れても良さそうなカバンです。

まとめ

梅雨の季節なので、今の時期にカバンを買い換えるべきかという問題もありますが、やはり毎日使うものなので早く購入したい気持ちがあります。日々の仕事用に耐えられる耐久性を重視すべきか、多少高くても長年の経年変化を楽しめる本革をせっかくなら購入するのか、悩みどころではあります。もう少し、手にとって比較検討したいと思います。長く使えてモチベーションが上がるカバンを手に入れたいと思います。

購入の結果はまた報告します。ボーナスが待ち遠しい!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。名古屋・京都・東京を転々とし、現在はイギリスに拠点を移しブロガー兼フリーランス翻訳者として試行錯誤する毎日を送っている。ロンドンから生の音楽シーンやカルチャーを届ける他、一生モノのプロダクトを紹介。趣味はマジックとけん玉。

スポンサーリンク



-ファッション, Product
-