スポンサーリンク

ガジェット

AirPodsのレビュー!毎日使って分かったこと

2018/11/13

こんにちは。
Culintoのmagiyamaです。

昨年末に買ったAirPodsですが、ベストバイ1位に選んでおきながら購入後のレビューをしていませんでした。
購入して2ヶ月間、使わない日がないと言えるほど愛用しています。

毎日のように使っているとAirPodsの魅力がどんどん分かってきましたので、この機会にレビューを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

まずはAirpodsの開封の義

こちらが今回購入したAirpodsです。ずっしりとした重みがあり、プレゼントを開けるようなワクワクした気持ちにさせてくれます。

中を開けると、丸みを帯びた専用ケースが現れます。小さくてコロンとした可愛らしいデザインです。

蓋を開けると両耳のイヤホンがぴったりと収まっています。この蓋はマグネットになっているので、片手で蓋を開けたり閉じたりできます。閉じる瞬間は蓋がピタッとケース本体にくっつきます。

AirPodsは充電が必要です。iPhoneと同じLightningコネクタなので、充電ケーブルを複数持つ必要はありません。

ケースに入れるとイヤホンが充電される

イヤホン本体もマグネットでピタッと収まっているようです。おかげで蓋を開けたまま逆さまにしても落ちることはありません。ケースがあるとコンパクトに持ち運べて良いです。コードが絡むことがありませんし、カバンやポケットに入れててもかさばることはありません。

まず軽さに驚く

手に取った時、あまりの軽さに驚きました。もう少しずっしり中に詰まっていて重みがあるかと思いましたが、重みを一切感じさせないほど軽いです。確かにあまりにも重いとその重さでイヤホンが落ちてしまう可能性もあるので、このくらい軽いと耳から落ちにくいのかもしれません。

クールなデザイン

シンプルな無駄を省いたアップルらしいデザインで、アップルの付属イヤホン『Earpods』からコードをそのまま取り除いて先端だけ残した感じです。このAirpodsは発表当初、多くの人から「耳からうどん」と批判され、賛否両論でした。

最初は違和感かもしれませんが、よく見たら近未来的なデザインでかっこよくないですか?

Airpodsの機能、ここがお気に入り

Airpodsでここがいいなぁと感じるポイントをご紹介します。

本体をトントンと叩くだけのシンプル操作

操作リモコンがないように見えて、実は本体に搭載されています。機能の呼び出しはいたってシンプル。ただ本体をトントンと叩くだけです。

色々と設定できるのですが、僕は右耳に『音楽の再生/停止』、左耳に『曲送り』を設定しています。不便にならない範囲で無駄を削ぎ落とした機能とシンプルな操作性がグッド。

家事をしながら使える

外出時の利用だけでなく、家の中での利用もなかなか便利です。逆に家だからこそ便利な機能があります。

それがSiriの呼び出し機能。

外だと「Siri、天気予報を教えて」と話しかけるのはちょっと恥ずかしいですよね(海外の人たちは普通に外で使っているイメージですが)。家の中だと特に人の目を気にすることもないですし、Airpodsからの起動が便利です。

Airpodsの初期設定では既に使える状態になっています。Airpods本体をトントンとするだけですぐにSiriが立ち上がりますので、「天気を教えて」とか「〇〇の曲かけて」「この曲なに?」などと話しかけます。

朝忙しいときに予め耳につけておいて、身支度しながらSiriを使って情報収集する使い方は結構便利。最低限、Tシャツを着るときだけ注意すれば、身支度中に引っかかって落ちることはありません。準備ができれば、そのまま外出できます。

料理中も便利ですが、手が汚れているときはトントンとする動作ができないので微妙。

ケースから取り出してすぐに使える

一度ペアリングしてしまえば、次回以降スマホ側の操作は不要です。

Bluetooth機能だけオンにしておけば、ケースから取り出して耳につけるだけで「ウォン」という起動音がしてすぐに使用可能な状態になります。

これ、忙しい朝だとこれが結構便利なんですよね。

マスクが引っかからない

僕は季節の移り変わりによく風邪を引きます。引かないにしても、マスクで風邪予防はしたいですね。

そんなマスク着用時ってコード付きイヤホンだと不便なんです。何が不便かというと、イヤホンもしくはマスクを外すときに、どちらが外側なのか分からない時

すぐにイヤホンを外したいときにマスクの耳掛けが邪魔したり、マスクを外そうと思ったらイヤホンのコードが邪魔したり、これが結構面倒臭いんです。しかも、満員電車だとコードが誰かのカバンに引っかかることもあって不便というか危ないです。あと上着を脱ぐ時とか。

一方、完全独立型のイヤホンならそういった心配もありません。ストレスフリーで気持ち良く使っています。

まとめ

最後に今回のポイントをまとめるとこんなところ。

  • 意外とデザインが悪くない。むしろ近代的でクール
  • 軽くて落ちにくい。ケースもあってコンパクト。
  • 家事や身支度しながら使える。Siri機能が便利。
  • シンプルな操作性。取り出してすぐ使える。
  • マスクしながらストレスフリーに使える。

AirPodsはApple純正というところに互換性の信頼があります。

どうやら他メーカーのものだと音質が良いけれど、音の遅延があったり、不具合が出たりすることが多いそう。コスパや安定性を考え、音質に特別こだわらなければ(別に悪い訳でもない)、AirPodsはベストな選択肢なのかなと思います。

余談ですが、最近は毎日AirPodsを使っているので、1年前に買ったBoseのノイキャンヘッドフォンQC35がだんだんと出番がなくなってきてしまいました。旅行や帰省には便利なんですけどね。何せ持ち運びが不便なところがネック。

購入経緯はこちら

Airpodsは高いけど、衝動買いしてしまった話

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。名古屋・京都・東京を転々とし、現在はイギリスに拠点を移しブロガー兼フリーランス翻訳者として試行錯誤する毎日を送っている。ロンドンから生の音楽シーンやカルチャーを届ける他、一生モノのプロダクトを紹介。趣味はマジックとけん玉。

スポンサーリンク



-ガジェット