スポンサーリンク

旅行

ロンドンの老舗本屋『DAUNT BOOKS』に行ったら「トートバッグ」を買おう

2018/12/10

前回の記事でロンドンの老舗本屋『DAUNT BOOKS(ドーント・ブックス)』の伝統を感じる内装を紹介しました。

ロンドンの世界で最も美しい本屋『DAUNT BOOKS』に入り浸りたい

今回の記事では DAUNT BOOKS で購入できる人気のトートバッグ(エコバッグ)をご紹介したいと思います。

ロンドンの本屋さんの多くは、それぞれの本屋オリジナルデザインのトートバッグを販売しています。本以外にも、こういったノベルティがあるのはお土産にもなって良いですよね。

もちろん、こちらの DAUNT BOOKS でも取り扱いがあります。それが意外とリーズナブルかつ丈夫で、お洒落なトートバッグだったので是非紹介したいと思います。

スポンサーリンク

DAUNT BOOKS の緑トートバッグをゲット

トートバッグは、レジの後ろにディスプレイされていますので、店員さんに好きな色を伝えて購入します。僕が購入したときの店員さんは、口髭を生やし、いかにも知的な風貌なジェントルマンでした。ロンドンの本屋で働く書店員さんは、みんな物静かで知的な雰囲気を醸し出しています。

僕が購入したのは、DAUNT BOOKS のブランドカラーであろう緑色のトートバッグです。外観の色と同じなんです。おそらく一番人気のカラーだと思います。

色の種類は豊富で、全6色あります。ネイビーも良い色合いだったので最後まで迷いました・・・

©︎DAUNT BOOKS

結局「せっかくならブランドカラーだな」と思って無難にグリーンを選びましたが、落ち着いた色なので服に合わせやすく、グリーンで良かったかなと思っています。

リーズナブルで丈夫!

店名がプリントされています

このトートバッグが凄いのは、まずその値段。たったの10ポンドです。

ロンドンは他の都市に比べて物価が高く、何でも高いので、この良心的な値段は非常にありがたいです。日本円にすると、約1500円です。

持ち手も丈夫

しかも、よくあるペラペラのトートバッグではなく、生地は厚めでしっかりとしています。ただ、底は補強されていないので、重たい荷物を入れると下にボコッと伸びる可能性があります。物をたくさん入れない方が良さそうです。

持ち手も丈夫な生地で作られていて安心感があります。白い持ち手と緑の本体が良いコントラストを出していてお洒落です。DAUNT BOOKS の外観も綺麗にプリントされています。

トートバッグを持ってロンドンの街を散歩

トートバッグなら急いでいるときでも、適当に荷物を放り込んで使えるので、とても重宝しています。使いやすいので、最近はほぼこのバッグでロンドンを歩いています。

街を歩いていると、このカバンを持っている人に遭遇することがあります。リージェンツパークという大きな公園があるのですが、全く同じ色のトートバッグを持ったおばあちゃんとすれ違って、ほっこりした気分になりました。

お年寄りから若い人まで、年齢問わずロンドナーに愛されている本屋なんだなと感じました。

店の前で。同じ緑色!

ちなみに公式サイトでも、バッグの写真を確認することができます。

Bags

このタイプ以外にも、5ポンドのトートバッグがあります。そちらは少し薄めの生地ですが、内装がプリントされていてお洒落です。このトートバッグを持っている若いをもロンドンで見かけたことがあります。

トートバッグなら軽くてかさばらず、またカラーバリエーションがあるので、旅の思い出にもお土産にも最適です。DAUNT BOOKS を訪れた際にはぜひチェックしてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。名古屋・京都・東京を転々とし、現在はイギリスに拠点を移しブロガー兼フリーランス翻訳者として試行錯誤する毎日を送っている。ロンドンから生の音楽シーンやカルチャーを届ける他、一生モノのプロダクトを紹介。趣味はマジックとけん玉。

スポンサーリンク



-旅行
-