スポンサーリンク

生活日用品

BODUM(ボダム)の「ダブルウォールグラス」で上質なティータイムを。

BODUM(ボダム)の「ダブルウォールグラス」は、2018年ベストバイのひとつ。

このグラスがあると、毎日のティータイムやお酒の時間が楽しくなります。

北欧デザインの美しいグラスを探している方にオススメです。

スポンサーリンク

BODUMとは?

BODUMとは、デンマーク・コペンハーゲン発のブランド。「ダブルウォールグラス」と呼ばれる二重構造のグラスが有名です。おしゃれなレストランやカフェで使われているので、見かけたことがある人もいるかもしれません。

BODUMの歴史は長く、なんと今から70年以上前にピーター・ボダムによって設立。使いやすさと美しさを追求する姿勢がBODUMのプロダクトデザインに反映されています。

美しいダブルウォールグラス

BODUMのダブルウォールグラス

今回僕が購入したのは、35リットルと0.08リットルのダブルウォールグラス。美しい・・・

ダブルウォールグラスは名前のとおり、まるで内側にもうひとつグラスがあるかのようなデザインになっています。

「熱いものを入れても、表面が熱くならないようにするため」

これが二層構造のグラスが考案された理由です。

一見すると奇抜なデザインですが、実は機能性を最優先しているという、なんとも魅力的なプロダクト。

グラスの底にシリコンシールを発見

ダブルウォールグラスのシリコンシール

グラス底のシリコンシール

このシリコンシールがこのデザインを実現させている鍵。このシリコン素材によって、グラスが膨張して割れたり、表面が結露したりすることを防いでいます。間違えて剥がさないように!

BODUMはこの技術の特許を取得しているので、他社が真似することはできません。

これぞ、飲み物の空中浮遊

BODUMのダブルウォールグラス

BODUM × ミルクティー

実際にミルクティーを注いでみました。まるで飲み物が空中に浮いているかのようなデザイン。美しいです。

熱い飲み物を注いでも、表面の温度は驚くほど変わらず。

またグラスが2層になっているため、外気による影響を受けません。以前、レストランでチャイラテを頼んだときに2層グラスが出てきたことがあります。そのとき冬のテラス席にもかかわらず、数十分後も温かいままで驚きました。

結露なし。コースター不要

アマレットジンジャー。お好きなお酒をどうぞ。

冷たい飲み物を入れても結露が発生しません。氷を入れても表面に水滴ひとつなし。

通常のグラスだと結露でびしょびしょになるので、珪藻土のコースターを使っていました。BODUMのダブルウォールグラスなら、コースターをわざわざ使う必要はありません。

来客があったときに、ちょっと自慢したくなるグラスです。

まとめ

美しいデザインだけでなく、機能的なBODUMのダブルウォールグラス。

2018年のベストバイにふさわしいプロダクトでした。

このダブルウォールグラス、ちょっと注意すべき点がひとつ。amazonのレビューを見ると、内部のグラス表面が表示に薄く割れやすくなっているそうです。特に洗うときや氷を入れるときは丁寧に扱いましょう。

大切に長く愛用していきたいと思います!

2018年のベストバイはこちら

BODUMのダブルウォールグラス以外のベストバイはこちら▽

ベストバイ2018!買ってよかったもの6選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。名古屋・京都・東京を転々とし、現在はイギリスに拠点を移しブロガー兼フリーランス翻訳者として試行錯誤する毎日を送っている。ロンドンから生の音楽シーンやカルチャーを届ける他、一生モノのプロダクトを紹介。趣味はマジックとけん玉。

スポンサーリンク



-生活日用品
-