スポンサーリンク

プロダクト

Gloverall製ダッフルコートのトグルを交換して「一点モノ」に

こんにちは。
Culinto のmagiyamaです。

先日の記事でGloverall(グローバーオール)のダッフルコートを紹介しました。

ユーズドで購入したせいか何度か着用したら、トグルの麻紐が切れてしまいました。トグルを修理したかったけど、交換用トグルを日本で購入すると高いため、個人輸入。到着後、近所のリペア業者にダッフルコートの修理をお願いしたところまでが前回の記事の内容です。

そして、ついにリペア完了後のダッフルコートが戻ってきました。本当は1週間くらいで戻ってきたのですが、紹介がズルズルと遅くなってしまいました。今紹介記事を書かなければ、完全に機会を逃して来シーズンの紹介になってしまうと思い、大急ぎで記事を書きました。

スポンサーリンク

おかえり。帰ってきたGloverall

白っぽいツヤなしトグルになりました!前回は黄色っぽいトグルだったので雰囲気が若干変わりますね。個人的にはとても気に入っています。

ちなみに交換前はこちら

トグル交換前

そして交換後はこちら。

トグル交換後

思った以上にリペアのクオリティが高くて驚きです。普段から裾直しや帽子の修理をお願いしたこともある信頼できる業者ですが、さすが職人の技だなと改めて実感。下手に自分で直すより、専門業者に任せた方が間違いないです。

お値段はトグルひとつにつき、1000円。つまり、合計4,000円です。相場がわからなかったので3店舗くらい修理業者をハシゴして比較しましたが、だいたい3000円〜4000円でした。これを高いか安いか感じるのは人それぞれかと思いますが、僕としては個人輸入までして最後に失敗したくなかったので、確実性を優先すると決して高い費用ではないかなと思いました。

トグルが切れて一時は落ち込んでいたのですが、新しく生まれ変わった姿を見てさらに愛着が湧いてきます。もともとユーズドで、しかもトグルをさらに交換したので、まさに「一点モノ」。愛着が湧かないわけがないです。

スナップ写真をいくつか

早速、生まれ変わったGloverallを着用して撮影したいと思います。

これぞ、大人のダッフルコートです。ボトムはA.P.Cの生デニム、革靴はオールブラックのマーチン。やっぱりトグルは全留めが雰囲気出てかっこいいと思います。全留めするとコートに包まれる安心感も味わえます。

白トグルに変えたことで、Monty 585の雰囲気に近くなりました。

お次は・・・

定番BradyのSTOURというバッグを合わせてみました。英国好きにはたまらないバッグです。ネイビーのダッフルコートとの相性は完璧です。是非バッグの中にカメラでも入れて散歩したいですね。Gloverallのダッフルコートがあれば、寒い日もへっちゃら。

まとめ

今回、トグルを交換して正解でした!この自分だけの「一点モノ」を末長く愛用していきたいです。

本体自体は耐久性のあるウールなので、何年後かに修理が必要になってくるのは「麻紐」だと思います。僕の理想としては、麻紐が切れたら交換用を購入して、修理しながら長く使っていくことですね。現代社会は消費のサイクルが激しすぎて、なかなかひとつのモノを修理しながら長く使う人は少ないかと思います。

「修理代払うなら、新しいのを買ってしまった方を良い」という場合が多いんじゃないですか?特に家電製品はこういったケースが多いですよね。僕自身もそうすることが多いです。

だからこそ、この時代に貴重な「普遍的に使えるモノ」を見つけることができたのなら、それは何かの縁だと思い、大切に長く愛用していきたいものです。

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。愛知県出身。会社員ブロガー。興味の幅を広げすぎてしまったことをきっかけに、多様なカルチャーやプロダクトを紹介するブログ『Culinto』を立ち上げる。

スポンサーリンク



-プロダクト
-,