スポンサーリンク

Product

Soilのバスマットを他社の安価なバスマットと比較。そのクオリティはいかに?

こんにちは。
Culintoのぽてとです。

僕はSoilのバスマットを愛用しています。最近はホームセンターなどで他社の安価な珪藻土バスマットが売られていることが多いですが、その質がどの程度なのかということがとても気になっていました。

そこで実家にあった比較的安価な他社製珪藻土バスマットと、Soil BATH MAT lightを比較してみようと思います。

スポンサーリンク

Soil BATH MAT lightとは


左官の技術を用いて作られた、保湿性と吸水性に優れた珪藻土バスマットのパイオニアとして今ではすっかり有名なSoilですが、従来の厚さ2.5cmのマットを0.95cmと薄くし、軽量化をはかったのが「BATH MAT light」です。

安価な他社製品と比較

今回は下記のような対象と比較を行います。

 購入先  価格  使用期間
安価な製品 ホームセンター  2980円  2ヶ月ほど
 Soil BATH MAT light  ネット通販  8100円  1ヶ月ほど

吸水力の比較


画像左上がSoil BATH MAT lightで、右下が安価な製品です。最初水を落とした段階では、少し水が多かったこともありSoilの方の吸収が遅いように見えますが、ひとたび吸水が始まると、Soilの方はあっという間に吸い取ってしまいます。安価な製品も十分吸水しているとは思いますが、やはりSoilと比較すると吸水スピードに差があるように感じます。安価な製品の方が少し長く使用しているという点を考慮しても、ある程度の差はあるのではないでしょうか。

肌触りの比較

Soilは表面が非常に滑らかです。足の裏に触れた感じが上質で、きめ細やかな踏み心地です。一方安価な製品の方は、Soilと比較するとややザラザラしているように感じます。Soilの裏面と安価版の表面が似たような感触だと思います。

デザインの比較


やはりデザインに関しても、細かく見るとSoilの丁寧な作りが感じられます。角の丸みや高級感のある色みもそうですが、何よりSoilのロゴが彫ってあることでスタイリッシュなデザインとなっています。ただ、ロゴの有無以外は大きな差はないと思います。どこまでこだわるかによって、デザインの評価は変わってくるでしょう。

まとめ

Soil BATH MAT lightとホームセンターで買った安価な珪藻土マットでは、吸水力、肌触り、デザイン全てにおいてSoil BATH MAT lightの方が上回っています。しかし個人的には、思ったほど明らかな差はないと感じました。とはいえ僕は、Soilのスタイリッシュなブランドイメージ込みでBATH MAT lightを買って良かったと思っています。

せっかく買うならホンモノを手に入れたいですからね。肌触りやデザインを細かく見てみると、丁寧な仕事ぶりが伝わります。

スポンサーリンク



-Product