スポンサーリンク

インテリア

シャオミのデスクランプを置く

去年の11月ごろにロンドンで初めて Xiaomi (シャオミ)の正規ストアがオープンしました。

Westfield という僕がよく行くモール内にあるのですが、たまにシャオミのストアも覗いています。

スマホは iPhone8 を使っているので今のところ必要ないのですが、シャオミはスマート家電を販売していて、そのデザインが無印のようにシンプルでおしゃれなんですよね。

先日デスクライトの買い替えを検討していたところ、ちょうどシャオミで良い感じのデスクランプを見つけて買ってしまいました。

スポンサーリンク

ありそうでないシャオミの LED デスクランプ


開封の儀は飛ばして早速置いてみます。

あまり大きいと机がごちゃついて嫌なんですが、大きすぎず小さすぎず丁度良いサイズです。

ぱっと見はシンプルですが、よく見ると面白いデザインなんですよね。実は、このシャオミのデスクランプはグッドデザイン賞(2016年)と iF ゴールドアワード(2017年)を受賞しているんです。

シャオミのスマート家電は白色が多くこのデスクランプも白色なんですが、配線部分には赤色が使われています。

このデスクライトはこんな感じで折りたためます。

これだけ見たら照明器具には見えませんね。とてもユニークです。

ボタンは一つだけ

ボタンは一つだけ。

ポチッと押すと、電源のオンオフを切り替えられます。

このまま普通に回せば、明るさを調整できます。さらに、押し込みながら回すと照明の色を変えられます。

調色機能付き

白っぽく青みがかった昼光色から・・・

オレンジっぽい温かみのある電球色に変更できます。

ボタン一つで簡単に調整できるのが良いですね!

専用アプリで遠隔操作

Mi home という専用アプリを使えば、自宅内の wi-fi 経由で遠隔操作が可能です。

僕も試そうと思ってインストールをしたのですが、今の家の wi-fi ルータから物理的に離れすぎているのか、対応ヘルツの関係なのかうまく接続できせんでした。

スマホアプリの操作で明るさや色調調整、タイマーによる電源のオンオフが可能なのですが、まあデスクランプなのでそのままスイッチを押した方が早いので、特に使わなくても良いかなと思ってきます。

日本でも使いたいけど

このシャオミのデスクランプは機能的にもデザイン的にも気に入っています。

ただ問題が 1 つあって、僕が購入したものはヨーロッパ仕様なので 220v-240v なんですよね。日本で正常に使用できるのは 100v の家電です。

パソコンやスマホと同じ 100v-240v かなと思い、確かめずに買ってしまいました。日本でも使いたいのですが、うまく作動するかは不明です。

こういう変圧器があれば、普通に使えるとは思うのですが、日本でわざわざ変圧器を使うのはちょっと面倒に感じます。

調べたところ、アジアや米国向けに作られたデスクランプもあるみたいなので、日本で使うなら確認した方が良さそうです。

ちなみにロンドンで購入したら 34.99 ポンド(5200 円程度)でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。名古屋・京都・東京を転々とし、現在はイギリスに拠点を移しブロガー兼フリーランス翻訳者として試行錯誤する毎日を送っている。ロンドンから生の音楽シーンやカルチャーを届ける他、一生モノのプロダクトを紹介。趣味はマジックとけん玉。

スポンサーリンク



-インテリア
-