スポンサーリンク

プロダクト

『CHILL OUT』クリエティブ活動をサポートするリラクゼーションドリンク

本日、紹介するのは『CHILLL OUT』というドリンク。

結構前から気になっていたのですが、皆さん知っていますか?

エナジードリンクではなく『リラクゼーションドリンク』というらしいです。見つけたら飲んでみようと思っていたのですが、なかなか試せないでいました。しかし、最近ふらっと入った成城石井でこのCHILLOUTを発見。

せっかく見つけので、この機会にCHILL OUTを試してみることにしました。

スポンサーリンク

CHILL OUTの気になったポイント

巷ではレッドブルやモンスターエナジーを代表するエナジードリンクが数多く出回っています。僕自身も学生時代のテスト前の徹夜だったり、なんだかいまいちシャキッと仕事に力が入らない日だったり、そんな時にエナジードリンク、通称「魔剤」の力を借りることで乗り越えてきた経験があります。

一方、このCHILL OUTはそんな類いのエナジードリンクとはどうやら異なるようです。

エナジードリンクの場合は、カフェインを多く含み、覚醒状態にさせることで「パフォーマンス」を向上させるという目的があります。それに対して、 CHILL OUTはリラックス状態を作り出すことで「クリエイティヴィティ」をサポートするリラクゼーションドリンクだそうです。

©︎butfirstchillout.com

 

ここで気になるのが「なぜCHILL OUTを飲むとリラックス状態になるのか」ですよね。

なぜリラゼーション効果があるのか?

調べて見ると、リラクゼーション効果を高めてくれる成分として、GABAテアニンが含まれているようです。

GABAは野菜や果物に多く含まれるアミノ酸の一種。このアミノ酸は、興奮を鎮めたり、リラックスさせる効果があります。気持ちを落ち着かせる「抗ストレス作用」があるそうです。GABAはストレスを感じると体内で使用されるため、ストレス社会の現代では常に不足がちだとか。CHILLOUTには、そんなGABAが42mg含まれています

確かにコンビニに行くと、GABA入りのチョコレートを見かけたことがあります。そのチョコレートもストレス軽減を売り文句にしていました。このGABAがリラックスに大きな役割があるようですね!

そしてテアニンもGABAと同様、ストレス緩和やリラックス作用があるようです。テアニンはお茶に含まれる旨味成分とのこと。

またCHILLOUTはカフェインは含まず、人工甘味料や着色料が使用されていません。健康志向で、エナジードリンクとは対極ですね。

実際にCHILL OUTを飲んでみる

こちらが購入したてホヤホヤの『CHILL OUT』。見た感じ、エナジードリンクから湧き出るギラギラ感はなく、落ち着いたデザインです。

「BUT FIRST CHILl OUT.」というメッセージが小さく書かれています。直訳すれば、「とりあえず落ち着こう」といったニュアンスですね。クリエイティブ活動の前に、「まずはこのチルアウトを飲もう」という二重の意味も含まれているのかもしれませんね。

色はこんな感じ

これぞ、ビタミンの色ですね!一般のエナジードリンクと同じ黄色ですが、若干それよりも薄めかなと印象。

味は・・・

味を表現するのはなかなか難しいのですが、原材料の通りキウイフルーツやライムのような味で、爽やかな酸味があります。他のエナジードリンクと違うのは、ペパーミントの香りだと思います。

僕はペパーミントティーを一時期水筒で持ち歩いていたほど好きですが、意外とペパーミントの香りが強く出ている気がしますので、もしかしたら苦手な人もいるかもなという印象です。しかし、このペパーミントによってリラックス効果がより高まるのは間違いないでしょう。外回りで疲れてクタクタになったときに、CHILL OUTを飲んだら最高ですね。一息ついてその後の仕事も捗りそうです。

原材料にヘンプシードエキスという、いわゆる『麻の実』が入っているのも、珍しくて特徴的ですね。このエキスが含まれるからといって味に大きな影響はなさそうですが。僕はヘンプシードの味を知らないので(味がするのかも不明)識別はできませんが、変わった味はしませんでした。

リラックス効果は・・・

感覚的な問題なので、身体で実感できるほどのリラックス効果があったかと言われると正直微妙なところです。しかし、少なくともペッパーミントと柑橘系の爽やかな風味によって気分転換はできた気がします。

しかも、一般のエナジードリンクと違ってノンカフェインなところが地味に嬉しいポイントです。仕事から帰宅してから寝るまでに飲んでも「カフェインで眠れない」といったこともないので安心です。趣味や副業があり、家に帰ってから「疲れて何もしたくないな」という時にこれがあれば、リラックスした状態で活動に取り組めます。カフェイン入りのエナジードリンクで体に鞭を打って次の日の仕事に支障をきたしていたら元も子もないですからね。

今回帰宅後の自宅で飲んでみただけですが、どんなタイミングで一番効果があるのか気になります。一度ストレスフルな仕事場でCHILLOUTを試したいなと考えています!

実はCHILLOUT、手に入る場所は限られています。公式ホームページによると、取り扱いストアは以下の通りです。

  • ナチュラルローソン
  • ファミマ!!
  • NewDays
  • ヴィレッジヴァンガード
  • タワーレコード
  • 成城石井
  • asnas

今回僕は成城石井で手に入れました。気になる方は近くの取り扱い店舗を通った際には是非お試しを・・・
ノンカフェインのコーラ味も気になります。

The following two tabs change content below.
magiyama

magiyama

1992年生まれ。愛知県出身。会社員ブロガー。興味の幅を広げすぎてしまったことをきっかけに、多様なカルチャーやプロダクトを紹介するブログ『Culinto』を立ち上げる。

スポンサーリンク



-プロダクト
-