スポンサーリンク

Product

安くておしゃれなiPhoneケースをお探しの方へ。SOU・SOUのテキスタイルカバーをおすすめします。

こんにちは。
Culintoのぽてとです。

京都のテキスタイルブランドSOU・SOU。最近では様々な企業とのコラボもあり、知っている方が多いのではないでしょうか。

先日京都を訪れた際に、ふらりとSOU・SOUの店舗に立ち寄りました。ちょうどiPhoneケースを探していたこともあり、可愛らしいiPhoneケースが目にとまりました。

そうして手に入れたiPhoneケース。数日使用してみて、ぜひおすすめしたいアイテムでしたのでシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

SOU・SOUとは

SOU・SOU lecoq sportif Summer collection 2018
今夏イチオシのチャリンコ・アイテム
日本の四季や風情をポップに表現したテキスタイルデザインを製作する京都のブランド。
『新しい日本文化の創造』をコンセプトに、伝統的な素材や技法を積極的に用いながらも、現代のライフスタイルに寄り添うものづくりを展開。地下足袋や和服、和菓子や家具など、多岐にわたるアイテムを製作・販売。また、様々な分野の企業とのコラボレーションによって、日本のテキスタイルデザインの可能性を広げている。
SOU・SOUについて

僕にとっても、京都に住んでいた学生時代から馴染みのあるブランドで、個人的には地下足袋と和のテイストを感じさせるポップなデザインのイメージを持っています。

僕は今回のスマホケース以外にも、ソックスや今治タオルとコラボしたバスタオル、ユニクロとコラボしたステテコを持っています。

僕がSOU・SOUのテキスタイルカバーをおすすめする理由


スマホのケースを選ぶときに注目するのは、主にデザイン、耐衝撃性、価格、重さといったポイントではないでしょうか。

デザインについては、おしゃれなデザイン、あるいはスマホ本体のデザインを損なわないデザイン、手帳またはシェル型の好みもあると思います。対衝撃性という点では、シリコンやシェル型で強度を高めたもの、あるいは手帳型であれば液晶面も保護することができます。

そのような選択肢がある中で、僕が重視したのは、デザイン価格です。

ポップで「らしさ」のあるデザイン


ポップな中に和のテイストを感じる、SOU・SOU「らしさ」とも言える独特のデザインが目にとまります。

iPhoneX用、6/6s/7/8用、6Plus/6sPlus/7Plus/8Plus用の3パターンが用意してあり、共通のデザインもあれば、そうでないものもあります。個人的には、なんとなく6Plus/6sPlus/7Plus/8Plus用のケースにおしゃれなデザインが多いような気がしています。

今回僕が購入したデザイン以外では、水音(みなおと)というカバーが気になっていました。残念ながら僕のiPhoneのサイズには対応していないので、今回は購入しませんでした。

リーズナブルな価格


SOU・SOUのテキスタイルカバーは、これだけのデザイン性が高いにも関わらず、価格が安いということが驚きです。通常、これほどデザインされたスマホケースであれば、感覚的に3000円か、それ以上してもおかしくないような気がします。


2000円と少々でこんなプロダクトを手に入れられるのは、お買い得としか言いようがありません。猫もおすすめと言わんばかりに微笑んでいます。

今回僕はiPhone2台分のカバーを購入する必要があり、4000円で2つ手に入れることができたのはありがたかったです。

保護はほどほど、その分軽い

シンプルなシェルタイプのカバーであり、保護に関してはあまり期待できません。そのぶん質量は軽いので元々軽いiPhoneに装着すると重さはほとんど気になりませんでした。僕はデザインと価格を重視しているので、十分満足しています。

まとめ

今はスマホの普及に伴い、スマホケースの種類も異常に増えていますよね。それらの中で自分にぴったりのケースを見つけるのはなかなか難しいと思います。

SOU・SOUのテキスタイルカバーは単にポップで可愛いだけでなく、どこか「粋」を感じさせるデザインであるところが、他のiPhoneケースとは一線を画しています。またそうしたデザインが気兼ねない価格で購入できるのです。それが僕がSOU・SOUのテキスタイルカバーをおすすめするポイントです。

スポンサーリンク



-Product