スポンサーリンク

カルチャー

【ジャグリング】Kumafilmsの回転系パフォーマンスのまとめ【パフォーマンス】

2017/09/02

こんにちは。いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
cul-into.comのぽてとです。

以前から当ブログでも取り上げているKumafilmsの動画作品から、
マニアックな回転系(物を回転させる/自分が回転する)パフォーマンスをまとめてみました。

その①   Dish Bowl Spinning Boss!


dish bowlとありますが、タライのように見えます笑
卓越したdish bowlのコントロールに加え、軟体パフォーマンスの要素もありますね。
曲はこちら Stupead - Get It

その② This Girl Has Crazy Talented Feet!


手と足であらゆるものを回します。個人的には2:20からの
傘を3/4回転させる技が衝撃的。あとは欠かせないのがこの美脚でしょうね。
美脚込みで完成されている感じがします。
曲はこちら Attom - Her

 

その③ This Human Hamster Wheel is One Crazy Ride! - German Wheel


今度は人間が回ります。これはシンプルに楽しそう。
アトラクションとしてやってみたいですね。
ただかなりの体力と度胸が必要になってくると思います。
橋みたいなところでやっていますが、想像するだけで怖い。
曲はこちら jackLNDN - Aerterna

 

その④ The REAL Lord of the Ring - Mesmerizing Street Performer! Taiwan


うえの動画の輪っかが1本になったバージョンですね。
優雅なのが特徴ですかね。高いバランス感覚が要求されそうです。
2:40くらいでやっている頭で支える技がシュールで良いですね。
曲はこちら Pistol Shrimp - Heart (RoboCLIP Remix)

 

その⑤ The Companion Cube - A Man and His Cube is a Beautiful Thing


四角い骨組みのようなものをまわします。高速回転が格好良くて魅了
されます。片手で扱えているのでそれほど重くはないと思いますが、
金属っぽいこんなに大きな物体が自由自在に動いていると、不思議な感じがします。
独特の浮遊感が良いですね。
曲はこちら Imagined Herbal Flows - Departure

 

その⑥ Epic Pen Spinning Dog! Such Awesome, Much Wow!!!


おなじみのペン回しを犬との二人羽織でやるというコミカルな動画です。
犬が可愛い^^
曲はこちら Simpli - You Would Have Loved This

 

よくよく考えると、物を回す、あるいは自分が回るということは、パフォーマンスにおいては
欠かせない動きなんですよね。ジャグリングしかり、ダンスしかり。回転には人をひきつける
何かがあるのかもと思います。

最後に、改めてkumafilmsは、チョイスしているパフォーマーの技術の高さ、選曲センス、
そしてなんといっても動画のテクニック、すべての要素がすばらしいと感じました。
これからも注目していきたいと思います。

スポンサーリンク







-カルチャー
-,